世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ランサムウエア拡散阻止の「英雄」、今度は不正送金ウイルス作成で逮捕!

2017-08-05 15:15:37 | 犯罪と裁判
AFPは2017年08月04日に、世界各地のコンピューターネットワークに被害を与えたランサムウエア(Ransomware/身代金要求型ウイルス)「WannaCry(ワナクライ)」の拡散を食い止める方法を2017年05月に発見し、英雄と称賛されていたイギリス人のサイバーセキュリティー専門家が、銀行システムを狙った不正送金ウイルスを作成したとして訴追され、米国で逮捕されたことが2017年08月03日分かったと報告した。

まさに、両刃の刃!

http://time-az.com/main/detail/60868

米国司法省の発表によると、マーカス・ハッチンス(Marcus Hutchins)容疑者は2017年07月12日付けの訴状に基づき、ハッカーの国際イベント「デフコン(Def Con)」が先週末から開催されたラスベガス(Las Vegas)で2017年08月02日に身柄を拘束された。

ハッチンス容疑者には、2014年07月〜2015年07月にコンピューター不正行為を共謀した疑いなどがかけられている。訴状によると、ハッチンス容疑者はもう一人の人物と共に「Kronos(クロノス)」と呼ばれる不正送金ウイルスを作成・拡散させたとされる。

「Kronos」はネットバンキングのユーザー名とパスワードを盗むマルウエア(悪意のあるソフトウエア)で、イギリスやカナダ、ドイツ、ポーランド、フランスなどの銀行システムを攻撃できるよう作られていたという。

「WannaCry」は、「Bitcoin」にまで影響が出て、値下がりした。

2017-06-29---カブドットコム証券が襲われ、一時全面不通!
2017-06-28---サイバー攻撃で、フェデックスも被害。発送に遅れ!
2017-06-27---ヨーロッパで、ウクライナを中心とした大規模サイバー攻撃発生!
2017-06-27---新しい攻撃は、チェルノブイリ原発まで影響、凄まじかった。
2017-05-17---ベトナムで、「WannaCry」に1900台感染。
2017-05-15---サイバー攻撃で、日立でシステム障害。
2017-05-14---「ランサムウエア」国内感染2件!?
2017-05-13---サイバー攻撃の「ランサムウエア」は、NSAのソフト技術利用!?
2017-05-12---病院や大手企業など、世界各国で大規模サイバー攻撃被害!日本でも確認!
2017-05-11---違法、サイバー攻撃最前線からのレッスン。
2017-05-03---「Bitcoin」が最高値を更新。US$1400台に!
2017-01-24---アパホテルに、中国政府までが圧力関与!
2016-11-08---ロシアの大手銀5行に大規模サイバー攻撃!
2016-10-21---米国の大手サイトに、大規模サイバー攻撃!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Bitcoin Chashは落ち続け、Bi... | トップ | 大型よろい恐竜は、大きな困... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む