世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

台湾繊維大手大魯閣、ショッピングセンターの株式、新光三越に譲渡。

2017-07-12 15:11:11 | 経済
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月11日に、台湾繊維大手で、大魯閣繊維から改名した大魯閣実業(タロコ)は2017年07月10日に、傘下でショッピングセンター(SC)の開発や運営を手掛ける大魯閣開発が運営する高雄市前鎮区の郊外型大規模SC「大魯閣草衙道購物中心(タロコパーク)」の株式60%を、百貨店最大手の新光三越百貨に譲渡すると発表した。

http://time-az.com/main/detail/60554

譲渡額は約11億7,000万台湾元(約43億7,000万円)。
大魯閣実業は新光三越の資源を引き入れることで、運営コストの低減を図ることを目的にしている。

2017年07月10日付自由時報によると、新光三越はタロコパークを共同運営することで、アミューズメント市場を開拓する狙いがある。

新光三越百貨の呉昕陽執行副総経理は、「タロコパークの運営は同社が目指すエクスペリエンス・エコノミー(体験経済)の考えに一致するもの」と説明し、アミューズメント市場で得た経験を消費者にも還元していく考えを示した。

台湾の子会社「新光三越」の副会長であった赤松元取締役が、石塚邦雄会長の後任として就任する。

なんで、台湾の子会社「新光三越」の副会長であった赤松元取締役?と思っていたが、台湾で百貨店最大手にのし上げていた。
こんなところにまで、三越伊勢丹騒動が、波及していた。

2017-04-24---三越伊勢丹ホールディングス会長に赤松憲。
2017-04-21---宅配便大改革!
2017-03-13---三越伊勢丹HDの杉江次期社長、新たな経営体制に関する記者会見を開いた。
2017-03-07---三越伊勢丹HD、正式に大西社長が退任を発表。
2017-01-27---三越伊勢丹、2016年04〜12月期の営業益36%減。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MTGOX社長効果か?再度大暴落! | トップ | インドネシアで、高速道料金... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む