世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

クフ王ピラミッドの空間発見は、「ミュー粒子」を利用。

2016-10-18 09:56:08 | 超過去
これまで、エジプトの調査で、早稲田大学の吉村作治教授のチームが知られていたが、今回のクフ王ピラミッドの空間発見は、名古屋大学のの素粒子物理学研究者らのほか、エジプトやフランスの専門家が参加していた。

http://time-az.com/main/detail/57303

また、その技術は、ピラミッドを破壊せずに内部の様子を探る試みで、宇宙線から生じ、厚さ数キロの岩盤を突き抜けるほど、物を通り抜けやすい性質を持つ「ミュー粒子」を利用した。

毎日新聞は2016年10月17日に、エジプトで日本の最新デジタル技術を活用しピラミッドの内部構造を調べている研究チームは2016年10月15日に、首都カイロ近郊ギザにあるクフ王のピラミッドに、隠れた空間が存在することを確認したと発表した。未解明な部分の多いピラミッドの構造解明に向け期待が高まっていると報告している。

名古屋大学の研究者らのチームは、粒子が飛んできた方向や数を測定し、密度などを調査。
空間がない場合よりも多くの「ミュー粒子」を観測したことから、チームは空間の存在と結論づけた。

同一方向により多くの粒子を確認しており「少なくとも一つの通路が中心に向かって作られている可能性がある。」としている。

「ミュー粒子」を利用して内部構造を調べる技術は、東京電力福島第1原発事故で溶けた核燃料を調べる際にも使われた。

考古学の研究が、大きく変化した。

2016-10-15---調査チーム、ギザの大ピラミッドで新たに2つの「空洞」発見。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欧州探査計画の着陸機「エク... | トップ | 町おこしの大麻栽培会社代表... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む