世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

Amazon.comのベゾス、バフェットを抜き。世界富豪2位に!

2017-04-18 17:24:57 | 経済
日本経済新聞 電子版は2017年04月18日に、米国のAmazon.com(アマゾン・ドット・コム)の創業者兼最高経営責任者(CEO)であるジェフ・ベゾス(Jeffrey Preston Bezos/1964 - )が世界富豪ランキングで2位に浮上した。著名投資家のウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett/1930 - )を抜き、米国のマイクロソフト(Microsoft)の創業者のビル・ゲイツ(William Henry "Bill" Gates III、1955 - )から首位の座を奪い取る可能性も出てきた。EC(electronic commerce/電子商取引)による成長でAmazon.com株が1年前に比べて4割超上昇したことが寄与している。富豪としてのベゾスの台頭は世界の産業構造の変化を映し出していると分析している。

http://time-az.com/main/detail/59463

米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」の「Bloomberg Billionaires Index」によると、ベゾスの2017年04月17日時点の資産額はUS$777億(約8兆4700億円)で、2017年03月末にもバフェットを抜いて2位になったとみられる。バフェットは2016年末時点では2位だったが、足元の資産額はスペインの衣料品店「ZARA」創業者のアマンシオ・オルテガ(Amancio Ortega Gaona/1936 - )を下回っており、4位に順位を落としている。

2017年04月17日時点でトップのビル・ゲイツの資産額との差はUS$87億(約9500億円)に縮まっている。ベゾスは過去1年間で資産額をUS$124億増やしており、ビル・ゲイツのUS$40億を大きく上回る。Amazon.comの高成長が続き、両者の増加額が同じ基調で推移すると仮定すると、あと1年程度で順位が入れ替わる可能性も出てきた。

もう、ビル・ゲイツの時代ではないだろう。

ここで注意すべきは、マーク・ザッカーバーグ、ウォーレン・バフェットはあくまでもアクセス数や株式による虚構財産だが、Amazon.comのジェフ・ベゾスとアリババの馬雲、衣料品店「ZARA」のアマンシオ・オルテガは小売り実売で上げた実利で、揺れが少ない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無人レジ、2025年までに国内... | トップ | フランスの画家ギュスターヴ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む