世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ロシアや中国抜きのG7が十分に生産的かを検討する可能性がある。

2017-05-18 21:34:04 | 調査
毎日新聞は2017年05月18日に、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米国大統領が初めて出席する今月下旬の主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)を巡り、米国の、ホワイトハウス(White House)高官は2017年05月17日に、「ロシアや中国抜きのG7が十分に生産的かを検討する可能性がある。」と述べた。

http://time-az.com/main/detail/59838

サミットの内容次第ではトランプ大統領が枠組みの変更を求める可能性を明らかにした。歴代政権はまずG7で結束を固め、ロシアや中国に対抗してきたが、立場の違いが鮮明になった。

サミットは2017年05月26日からイタリア・シチリア島で開かれる。高官は記者団に対し「トランプはサミットに出席し、そこで価値あるものかどうか考えることになる。」と述べた。サミットは各首脳との率直な意見交換の場になるとしたうえで、「世界がこれまでにどう変わり、今後どう変わっていくか」が議論されるとの見通しを示した。

サミットは1975年に日本や米国、フランス、英国、西ドイツの5カ国で発足し、同年イタリアを加え第1回を開催した。その後カナダが加わりG7となった。冷戦終結後にロシアも参加しG8になったが、2014年以降はウクライナ情勢を巡りロシアの参加を停止し、再びG7となった。

G7の途中で、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)に帰国を要請することになるのだろうか!?

あなたは、この国際会議に不要と言われた時の習近平の表情は見てみたい。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本は地震予知できぬと認... | トップ | WannaCryと「ぴあ」情報流出... »
最近の画像もっと見る

調査」カテゴリの最新記事