世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

江戸時代の当時の日記分析し、史上最大の磁気嵐と報告!

2017-09-21 09:58:50 | 宇宙
毎日新聞と朝日新聞デジタルは2017年09月20日に、江戸時代に日本各地で見られた巨大なオーロラは史上最大の磁気嵐が原因だったと、国立極地研究所宇宙空間物理学の片岡龍峰(Ryuho Kataoka)准教授らの研究グループが米国学術誌「Space Weather」に発表したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61475

オーロラを詳しく記した日記が新たに京都で見つかり、当時のオーロラの規模が正確に分かったため、分析できたという。

1770年09月17日〜18日(明和7年7月28日〜29日)に日本でオーロラが観測されたことが各地の記録に残っている。
京都で書かれた古書「星解(せいかい)」には、放射状の白い筋が入った扇形の赤いオーロラが描かれているが、詳しい規模は分かっていなかった。

グループは、京都市伏見区の東丸(あずままろ)神社が所蔵する東羽倉(ひがしはくら)家の日記にオーロラの記述を発見した。「紅色の雲が北側の空の半分を覆い銀河(天の川)にせまった」「空の半分が赤気(せっき)に包まれた。白気が一筋銀河を貫いた」(いずれも現代語訳)などとオーロラの方角や規模を詳細に記していた。

この資料や当時の地球の地磁気などを基に、京都でのオーロラの見え方をコンピューターで計算したところ、記述通りのオーロラの形がよく再現できた。

国立大学法人総合研究大学院大学では2017年09月20日に、「【プレスリリース】江戸時代のオーロラ絵図と日記から明らかになった史上最大の磁気嵐」と、米国学術誌「Space Weather」で発表した全文をPDFで公開している。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メキシコ地震の死者数が、ど... | トップ | NHKのネット受信料先送り、テ... »
最近の画像もっと見る

宇宙」カテゴリの最新記事