世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

オーストラリアのジャーナリストは、首に銃弾を受けたが生き残った。

2017-06-16 09:24:17 | 宗教
AFPは2017年06月15日に、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」とフィリピン国軍の間で激しい戦闘を繰り広げているフィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)で取材中のオーストラリア人ジャーナリストが2017年06月15日に、首に銃弾を受けたが、幸い大事には至らなかった。

http://time-az.com/main/detail/60214

オーストラリアのABCのリポーターであるアダム・ハーベイ(Adam Harvey)は、首の頸椎(けいつい)付近にとどまった銃弾が写ったレントゲン写真とともに「ラッキー」とTwitterに投稿した。

またアダム・ハーベイは別の投稿で、「ありがとうみんな、私は大丈夫だ。銃弾は首に残ったままだが、重要な部分はすべて外れた」と書き込んだ。

通常なら、即死である。

フィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の緯度、経度
8°00'00.0"N 124°18'00.0"E
または、
8, 124.3

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユニセフ報告書、先進国の子... | トップ | アマゾンのダム新設で「大規... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む