世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

イギリスでグレゴリオ暦の使用を開始した。

2017-05-20 19:34:04 | 自然
イギリス帝国は、当時のすべての植民地を含め、1752年09月14日にグレゴリオ暦に変更した。その中には、当時、植民地であったアメリカ合衆国も含まれていた。

ただし、アラスカは1867年10月18日に、日付変更線がアラスカの東側から西側に移動されたため、金曜日が2回連続して繰り返された。

http://time-az.com/main/detail/59864

グレゴリオ暦(Calendarium Gregorianum/Calendario gregoriano/Gregorian calendar)とは、1582年02月24日にローマ教皇グレゴリウス13世(Gregorius XIII/1502 - 1585)が、共和政ローマの最高神祇官・独裁官・執政官ガイウス・ユリウス・カエサル(Gaius Iulius Caesar/BC100 - BC44年)によりBC45年1月1日から実施された、1年を365.25日とする太陽暦のユリウス暦(Calendarium Iulianum/Calendario giuliano/Julian calendar)を改良して、1年の平均日数を365.2425日とする、グレゴリオ暦を制定した。

400年間に、97回の閏年を置いてその年を366日とする。
この平均日数365.2425日は、実際に観測で求められる平均太陽年(回帰年)の365.242 189 572日(2013年年央値)に比べて26.821秒だけ長い。

グレゴリオ暦を1582年10月15日に採用したのは イタリア、スペイン、ポルトガル、ポーランド・リトアニア共和国で、1582年12月20日にフランス王国、1583年11月11日にベルギー、オランダ。
カトリック諸都市は、1583年から1587年までに導入したが、プロテスタント諸都市は1700年03月01日 になって導入している。

日本では、明治5年12月2日(旧暦)の翌日を明治6年1月1日(新暦)(グレゴリオ暦の1873年1月1日)とした。

1582-02-24---グレゴリオ暦を制定した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総務庁統計局が、65歳以上の... | トップ | MTNはモバイル・マネー収益の... »
最近の画像もっと見る

自然」カテゴリの最新記事