世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

スウェーデン議会がフランスの軍人ベルナドットをスウェーデン王に選出。

2016-11-02 18:04:56 | 人物
スウェーデン王家ベルナドッテ家の創始者で、フランス南部にあるポーという町で、1763年に生まれまたヨハン(Jean-Baptiste Jules Bernadotte/1763 - 1844)は1810年08月21日に、スウェーデン議会により、スウェーデン国王に選出された。

http://time-az.com/main/detail/57491

1818年05月11日にスウェーデン国王カール14世ヨハン(Karl XIV Johan)として、スウェーデン国王にストックホルム大聖堂で即位した。

ヨハンは、17歳のとき父親が亡くなったため、生計を立てるためにフランス軍に入隊した。そして、革命の中であちこちを転戦し、順調に昇進して、一時期はウィーン大使や陸軍大臣になった。

また、背が高くて、「美脚軍曹」と呼ばれていた。

ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte/1769 - 1821)とは反発したこともあったが、一度和解して彼の下で数々の戦争に従軍。結局、反りが合わないままだった。

当時、王位継承者がいなくなったスウェーデンが、ヨハンへ「スウェーデンの将来の王様になってくれないか」と言ってきた。

フランスでの居心地が悪くなっていたヨハンは、スウェーデン王家の申し出を快く受け、ナポレオンの許可を得てスウェーデン王家の一員になり、カトリックからプロテスタントに改宗し、名前もカール・ヨハン(Karl Johan)と改めた。
その後は王太子兼摂政として、老体のスウェーデン国王カール13世(Karl XIII)を支えた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一木清直大佐率いる日本軍が... | トップ | 会津地震が起こって、山崎湖... »
最近の画像もっと見る

人物」カテゴリの最新記事