世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ヨーロッパの最高裁判所は、通勤時間を労働時間として認めた!

2016-10-16 19:03:46 | 犯罪と裁判
indy100.comは2016年10月16日に、ヨーロッパの最高裁判所は、仕事のための旅行時間が、仕事としてカウントするべきであると判決したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/57285

これは、通勤時間に限らないようである。例えば出張も移動中を仕事として認めている。

これは、post-Brexitで出発した有権者が保持したい唯一のEU法律であるかもしれない。

たぶんほとんどの人々が知らないケースにおいて、ヨーロッパの最高裁判所ECJ(the European Court of Justice/欧州司法裁判所)の法律上、支配されるそれらの雇用者から休日で去って、病気に陥る労働者は年間返還要求できる。

労働によりpost-Brexitの計画について、この問題は170の問題のリストで今週、イギリスにおいてテレサ・メイ(Theresa May)に提出された。

しかし、もし通勤時間を労働と認めると、通勤中の痴漢被害は、企業の責任も考慮されるかもしれない。

これは、ヨーロッパにいると当然かもしれないが、アメリカや日本では、受け入れられるのだろうか?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランダムハウスはコリン・パ... | トップ | アメリカ海兵隊は、日本が占... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む