世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

インドネシアのm-payサービスで、蟻金融とEmtekは、チームを組んだ。

2017-04-21 21:16:09 | モバイル・マネー
Mobile World Liveは2017年04月13日に、Alipay親会社蟻金融(Ant Financial)は、新しいモバイル支払いプラットフォームをインドネシアに乗り出させるためにメディア会社Emtek(ElangMahkotaTeknologi)とジョイント・ベンチャーに入るように設定した。

http://time-az.com/main/detail/59505

サービスは最初、BBM(BlackBerry Messenger/ブラックベリーメッセンジャー)appで動き、国の6300万人の毎月のアクティブなユーザーがいて、ライセンス協定の下で、Emtekの子会社により操作される。BBMのそのスタートの後に、モバイルの支払いサービスは、他の通信プラットフォームのeコマースサービス、および小売店に拡張される。

Emtekはインドネシアで最も大きいメディア会社のうちの1つであり、子会社は、全国の放送チャンネルとポピュラーなソーシャル・メディアプラットフォームのうちのいくつかを運営する。

Alipayには、オンライン・ビジネスがあり、日銭を稼いでいるので、投資に余裕がある。
Amazon.comもそうだが、最終的に小売り事業があることは、力強い。

小売り事業が手広いだけ、収入は判定する。

例えば、アップルやサムソンは、スマートフォンがこけると全体が揺らぐ。

2017-04-06---蟻金融は、MoneyGramの米国関与ための戦いをほめる。
2017-03-15---Alipayの親会社蟻金融、MoneyGramを求めて戦う。
2017-03-08---Relianceは、Paytmの親株をAlibabaに売却。
2017-03-07---Alipayは、ヨーロッパの受け入れ先が900%増大した。
2017-02-21---蟻金融は、US$2億の投資でKakao Payに拡張。
2017-02-20---蟻金融とAyala、Globeのフィンテック子会社の株式を取得。
2017-01-24---Alipay、訴えの後、パスワード・ループホールを閉じた。
2017-01-03---中国のAlipayは、韓国でのスタートのためにパートナーを設定。
2016-12-07---Alipayはヨーロッパでの存在をさらに強化。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡に続いて、今度は銀座5丁... | トップ | 福岡3.8億円強奪の現金は、金... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む