世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ついに筑波の四六のガマ時代到来!

2017-04-19 23:54:13 | 健康
AFPは2017年04月19日に、インド南部に生息するカエルの皮膚から分泌される粘液が、人間が特定の種類のインフルエンザウイルスと闘う助けになる可能性があるとの研究論文が2017年04月18日に発表されたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/59480

米国の医学誌イミュニティー(Immunity)に掲載された論文によると、このカエルはアカガエル科の「Hydrophylax bahuvistara」で、色鮮やかな体色で、大きさはテニスボールほどである。

論文の共同執筆者で、米国のエモリー大学(Emory University)のインフルエンザ専門家のジョシー・ジェイコブ(Joshy Jacob)は「カエルは生息地によって異なるアミノ酸化合物(ペプチド)を生成する。人間も自身で宿主防御ペプチドを生成する」と説明する。

「これは、あらゆる生命体が保持している生得的な免疫伝達物質で、このカエルが生成するペプチドがH1型インフルエンザウイルスに効果があることを、われわれは偶然発見した。」

研究チームはカエルに弱い電気ショックを与えてH1型インフルエンザウイルスを撃退するとみられるペプチドを含む分泌物を採取した。この抗ウイルス性ペプチドを「ウルミン(urumin)」と命名した。

ここのところ、カエルの話題が異常に多い!

2017-03-16---アルゼンチンで、世界初、蛍光を発するカエルを発見。
2017-02-21---新しいブームの兆し!ミニチュア新種カエル7種、インドで発見!
2015-09-07---郊外住宅地のカエルは、雌が圧倒的に多い。
2015-06-06---バスで、ネズミ、蛇、ヒキガエル350kgが見つかり乗客はパニック!
2015-04-22---ナイジェリアのカエル燻煙料理。
2015-03-10---ジュネーブ大学で、カメレオン色変化の仕組みを解明。
2014-12-31---新発見の牙カエルは、卵ではなく、生きているオタマジャクシを生む。
2014-10-26---オーストラリアの大自然の秘密は、姿を現した。
2014-08-01---なぜ巨大なヒキガエルは中国の検閲官を引き立たせたか!
2014-07-23---中国は、江沢民ヒキガエルの嘲笑恐れの中で、禁止した。
2014-05-08---インドの生物学者は、ダンスをするカエルの新種を発見。
2014-01-27---非常に珍しいカエルを保存するために、光らせる。
2014-01-23---カエルの求愛歌は、メスだけではなく、ライバルや天敵も呼ぶ。
2013-10-21---死んでいる蛙のデジタル腐敗を目の前で見る。
2013-01-15---ヒト成長ホルモンの乱用取り締まりで、稼いだ最も大きな製薬会社。
2012-11-01---猫目カエル!
2012-03-20---新種発見は、US$1がUS$200に化ける!恐ろしいビジネス。
2011-12-01---NASAと動物学者が挑戦!動物はどのように地震を予知するか!?
2011-07-14---絶滅したと言われた虹のカエルを再発見!
2011-06-27---ニューギニア島で、新種1,060種を発見!
2010-10-26---南米アマゾンは新種生物の宝庫。
2010-10-06---パプアニューギニアで、新種200種以上を発見!
2010-09-22---絶滅したと言われていた幻の両生類3種の生息を発見。
2010-03-28---オーストラリア、猛毒ガエル数万匹を捕獲し、駆除!
2009-04-16---カエルを助けて、解雇になったバス・ドライバー
2007-08-15---カエルに、簡単にだまされたFacebookユーザー。
2005-09-30---カエルの皮膚から分泌される合成物はHIV感染症の有力なブロッカーになる。
2005-04-28---カエルの十字軍ペルーに出現。
2005-04-25---ハンブルグの破裂したヒキガエルの神秘。
1979-12-14---3本の「角」を持つカエル「角怪」が初めて捕獲された。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オランダ人の男。裸の少年の... | トップ | 証券決済革命。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む