世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

インド企業、純利益1割増!Asia300企業の中で伸び率が最高。

2017-06-18 16:32:46 | 経済
日本経済新聞 電子版は2017年06月17日に、インド企業の収益が回復している。主要上場企業「Asia300」のうち、インド40社の2016年度の純利益の合計は前年度比1割増え、3年ぶりに増益になったと報告した。

実力企業ランキング上位のIT(情報技術)サービス大手が堅調だったほか、自動車や消費財、娯楽など内需関連の増益幅が大きかった。

http://time-az.com/main/detail/60245

旺盛な消費が昨秋の高額2紙幣廃止の影響を吸収した。今後の税制改革が一段と内需拡大を後押しする可能性がある。

Asia300企業のなかで06年度から連続して比較可能な262社を対象に2017年06月08日時点で集計した。US$ベースで他地域と比較すると、インドは10%増で伸び率が最高。Asia300全体が6%減と2年連続減少となるなかで堅調さが際だった。対照的に中国・香港は10%減だった。

経済は、中国から、インドに移った?

「2紙幣の廃止があったにもかかわらず、1〜3月の国内広告収入は8.1%増えた。」

市場予想ではインド企業は17年度も23%増と2ケタ増が続く。7月にも州ごとに異なる間接税が統一される予定で、一段と内需拡大を後押しする可能性がある。

もっとも、インド企業全体が好調なわけではない。通信各社の業績は競争激化で悪化した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本郵政の成長戦略、不発! | トップ | 統一規格のDVDが完成。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む