世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

楽譜解読し、リストのオペラ180年ぶりに復元。

2017-03-08 11:55:44 | 音楽
AFPは2017年03月07日に、19世紀ハンガリーの作曲家フランツ・リスト(Franz Liszt)が制作した幻のオペラがよみがえると報告した。

http://time-az.com/main/detail/58956

自筆譜を発見したイギリスの大学の研究者が2年を費やして解読に成功した。

「音楽史の中でも比類のない作品」だといい、制作開始から180年近くを経て2017年06月にイギリスのウェールズ(Wales)で上演することが予定されている。

多くの作品を生みだし熱狂的なファンを獲得したリストは。主にピアノ曲で知られ、オペラはわずか1作品しか発表していない。それも13歳の時に書き上げた一幕ものだった。

しかし、2年前にイギリスのケンブリッジ大学(Cambridge University)のデービッド・トリペット(David Trippett)上級講師は、リストが長年過ごしたドイツのワイマール(Weimar)のアーカイブから別のオペラ作品の楽譜を発見した。

リストが1849年に取りかかったこの作品は長い間、未完のまま破棄されたと考えられていた。

このオペラは、平和を愛する一方で快楽主義だったアッシリア王の滅亡を描いたイギリスの詩人ジョージ・ゴードン・バイロン(George Gordon Byron)の戯曲「サルダナパラス(Sardanapalus)」を基にした作品で、イタリア語で書かれている。

デービッド・トリペットは2017年06月に、ウェールズで毎年開催されているオペラ歌手のコンクール「BBCカーディフ・シンガー・オブ・ザ・ワールド(BBC Cardiff Singer of the World)」でこのオペラを上演することを計画していると伝えている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮のミサイル発射は「在... | トップ | イラク治安部隊が、ISが破壊... »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事