世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

シンガポールの家電量販店、完全キャッシュレス化!

2017-11-14 21:57:14 | モバイル・マネー
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月10日に、シンガポール(Singapore)の家電量販店オーディオ・ハウス(Audio House)は2017年11月07日に、国内の業界内で初めて、完全キャッシュレス化を実現したと発表した。

http://time-az.com/main/detail/62150

中部ベンデミア・ロード(Bendemeer Road)の店舗は、商品を展示するだけのショールームとする。
顧客は店舗で商品を確認した後、オーディオ・ハウスのネット通販で購入や配送の手配を行う。

競合他社が実店舗、ネット通販で販売する価格の方が安い場合は、価格情報を撮影した画像をオーディオ・ハウスの店舗に持ち込むと、その価格から最大20%値引きする。

同様の試みはシンガポールの家電量販店で初という。このほか購入額S$100(約8,360円)ごとにS$20Sをキャッシュバックする制度もある。

2017年11月11〜20日にはキャンペーンとして、新規会員全員にS$100分の商品引換券を進呈する。

Audio Houseの緯度、経度
72 Bendemeer Rd, Singapore 339941
1°18'58.27"N,103°51'46.67"E


この記事をはてなブックマークに追加

イタリア、W杯、60年ぶりの予選敗退!

2017-11-14 20:01:42 | スポーツ
朝日新聞デジタルは2017年11月14日に、2018年06月に始まるサッカーW杯ロシア大会(2018 FIFA World Cup Russia)の欧州予選プレーオフ第2戦で、世界ランキング15のイタリア(Italy)対スウェーデン(Sweden)の試合が2017年11月13日にトルコの首都アンカラ(Ankara)で開催された。

http://time-az.com/main/detail/62149

後半戦、ロスタイムの「5分」が無駄に終わった。

大観衆の悲壮な応援を背に、絶え間ない波状攻撃を繰り出し続けたイタリアに非情の笛が鳴り響き、60年ぶりの予選敗退が決まった。

ほぼ自陣に閉じこもり、少しでも遠くにボールをクリアすると腹をくくったようなスウェーデンの戦術は娯楽性は度外視。

一方、8割近い球の支配率を誇ったイタリアも相手(4本)の7倍近い27本のシュートを放ちながら、枠をとらえたのは6本と精度に欠けた。


この記事をはてなブックマークに追加

フランスの画家クロード・モネが生まれた。

2017-11-14 19:17:14 | 人物
ArtDailyは2017年11月14日に、フランンスに印象派(Impressionism)を設立し、とくに外光の景色に適用されるように自然の前で、人の認知を表現することの動きの哲学で最も一貫し、多産な開業医であったクロード・モネ(Claude Monet/1840 - 1926)がパリのラファイエット通り(Rue Laffitte,Paris)で1840年11月14日に生まれた。

印象派(Impressionism)は、彼の作品「Impression, Sunrise(Impression, soleil levant)」に由来している。

http://time-az.com/main/detail/62148

今回公開された写真は、2011年01月19日にクリーブランド美術館の絵画キュレーターであるディーン・ヨダー( Dean Yoder, conservator of paintings for the Cleveland Museum of Art)が、クリーブランドの美術館で、クロード・モネの絵画スイレン(water lilies)から穏やかに塵を払っている時に撮影された。


この記事をはてなブックマークに追加

デリー空港発の航空運賃が高騰!

2017-11-14 18:06:25 | 観光
インドでは、とんでも無いことが起こり始めた!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月10日に、インドでインディラ・ガンディー国際空港(इंदिरा गांधी अंतरराष्ट्रीय हवाई अड्डा/Indira Gandhi International Airport)を代表とする首都で、特別地域であるデリー(Delhi)の空港で大気汚染の急激な悪化でキャンセル便が相次いでおり、搭乗便の変更を余儀なくされた乗客で需要過多となって、インドでデリー空港発の航空運賃が高騰していると報告した。

http://time-az.com/main/detail/62147

予定通りに目的地につくためには、高いチケットが強要される。

地場航空会社大手ジェット・エアウェイズ(Jet Airways)のデリー発西部マハラシュトラ州(Maharashtra/महाराष्ट्र)ムンバイ(Mumbai/मुम्बई)行きは2017年11月09日の便が6万502ルピー(約10万5,800円)、2017年11月10日の便が4万5,039ルピーと通常の10倍以上に跳ね上がった。ファイナンシャル・エクスプレス(Fainancial Express/電子版)が2017年11月09日伝えた。

地場旅行予約サイト、クリアトリップ(Cleartrip)の航空券部門バル・チャンドラン(Ball Chandra)は、「滑走路の閉鎖によって運航本数に制限がある中、濃霧による欠航がさらに供給を圧迫した。
2017年11月07〜10日のデリー発の便は様子見もあり、予約が通常に比べ4.9%減少した.」と語った。

IGI Airport, Delhi Air Pollution: Real-time Air Quality Index (AQI)という専用情報ページまである。


この記事をはてなブックマークに追加

サウジの汚職捜査、拘束200人超え!!違法流用11兆円。

2017-11-14 16:28:08 | 犯罪と裁判
毎日新聞は2017年11月10日に、サウジアラビア(المملكة العربية السعودية/Kingdom of Saudi Arabia)で有力王族や現職閣僚らが汚職容疑で大量に拘束された事件で、サウジ司法当局は2017年11月09日に、国営サウジ通信を通じ、拘束者が200人を超えたことを明らかにした。

http://time-az.com/main/detail/62146

財界やメディア関係者らも含まれており、数十年にわたる収賄や横領などの違法行為によりUS$1000億(約11兆3400億円)が流用されたとしている。

サウジアラビアにとって、US$1000億(約11兆3400億円)は小さな金である。

米国の新聞WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)は、サウジ政府が一連の摘発で計US$8000億(約90兆7000億円)の資産没収を狙っているとの見方を示し、原油価格低迷で財政状況が苦しい産油国のサウジにとって「没収資産の一部でも助けになる」と伝えた。

一斉拘束は2017年11月04日に始まり、サルマン国王(King Salman/سلمان بن عبد العزیز آل سعود)の息子で、世界で今、もっとも危険な男と言われる31歳のムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman/محمد بن سلمان بن عبد العزيز آل سعود)が率いる「汚職対策委員会」が捜査している。
これまでに208人を事情聴取し、このうち7人は「証拠不十分」で釈放したが、残る201人の拘束を続けている。関係する約1700の銀行口座も凍結したという。

サウジ政府は「拘束者の法的権利を守るため」として、氏名や容疑の詳細を明らかにしていない。

また、2017年11月06日に、サウジアラビアのマンスール・ビン・ムクリン王子(Prince Mansour bin Muqrin)と当局者数人を乗せたヘリコプターがイエメン国境付近で墜落し、王子が死亡した。墜落の原因は明らかにされていない。

こんな恐ろしい世界に、ソフトバンクの孫正義は入り込んでいる。

2017-11-05---サウジアラビアがきな臭くなて来た。
2017-10-05---サウジアラビアは、大量の米国製とロシア製の兵器を持っている。
2017-09-26---サウジアラビア、女性の運転容認!
2017-06-21---サウジ国王、世界で今、もっとも危険な男と言われる息子を新皇太子に指名。
2017-05-02---「脱石油」新産業を模索するサウジアラビアで、映画館解禁で議論。
2017-03-14---孫正義、サウジ国王と会談。
2017-03-09---サウジと組む孫社長「10兆円の財布」に穴。
2016-10-19---サウジアラビア政府は、海外初の国債1兆〜1.5兆円規模を発行。
2016-10-14---世界で今、もっとも危険な男が、ソフトバンクと共同ファンド設立。
2016-09-03---世界で今、もっとも危険な男!?が、迎賓館で、小池知事とアラビア語で会談!
2016-04-28---サウジアラビアは、女性ドライバーの用意ができていない。
2016-01-16---アップルとGoogleを合併した規模の10倍の巨大会社が上場。
2016-01-08---世界で今、もっとも危険な男!?
2015-12-15---イスラムの名を汚すISと戦うために形成している34カ国の連立。
2015-12-15---サウジアラビアはイスラム教の『反テロ』連立を形成。
2015-07-01---サウジアラビアのプリンス、US$320億を慈善活動に寄贈。
2011-12-19---サウジの王子がTwitterの株を買った。
2011-10-27---サウジアラビアは、ナヤフ王子を王座の相続人に指名。
2011-10-22---サウジ王座の相続人で、皇太子が死去した。
2009-10-24---サウジアラビアの女性ジャーナリスト、むち打ち60回の刑!
2006-03-07---イスラム教衛星チャンネル「Al-Resalah」の配信を開始した。


この記事をはてなブックマークに追加

Apple Pay Cashは、店での現金として不完全。

2017-11-14 15:09:38 | モバイル・マネー
ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで2017年11月10日に、Apple Pay Cashに、現金としての鎧に割れ目があると言うことを嫌っているが、現実にはまだあると報告した。

http://time-az.com/main/detail/62145

すべては、生活のすべての面において新しいテクノロジーを探究することである。

それが、iOS11.2ベータを正しく比較するために、私が、すぐにApple Pay Cashと現金を試すチャンスに飛びついた理由であったと伝えている。

それを使った数日の後に、私は、それが明確に潜在的になったと言うことができる。

しかし、それが店で、現金を支払う時は、Apple Pay Cashがよりよいかもしれないいくつかの方法がある。

このような考えでは、ワクワクした楽しいモバイル・マネーは残念ながら、育たない。
そのくせ、使うたびにアップルと、クレジットカード会社に手数料を払い続けることになる。

この考え方は、基本的にアメリカで発達したクレジットカードの延長線上で、結局後退した考え方に過ぎない。

私が、未来のモバイル・マネーは、ワクワクした楽しいものであって欲しい。

例えば、Bitcoinなら、値上がりすれば、人より安く購入できる。
値下がりすれば、現金で購入し、Bitcoinが値上がりするまで待つこともできる。

支払いシステムで、最も犯罪型はつしているクレジットカードから、手数料を要求される関係と手が切れるだけで、喜ぶべきである。

それに、世界中が関心を示しているように、振込手数料が激安である。

さらに重要なことは、Bitcoinを管理するのは、頭脳が要求される。
高齢者のボケ防止にもなる。

まだまだ未開発な部分も多いが、Apple PayやAndroid Pay、Samsung Payには、全く面白さが欠落して、手数料を要求している。

もう、働きもしないで、手数料を要求するビジネスは拒否したい。

世界中には銀行口座も持っている人より、携帯電話を持っている人の方が多くなった。
彼らに夢を与える支払いシステムは、ケニアのM-PesaとBitcoinしかないだろう。

M-Pesaは、砂漠のど真ん中、携帯電話の通じないところでもお金のやりとりができる。

イタリアのオークションでは、世界で初めて、Bitcoinでビットできるようになった。

インドのエコノミー・タイム(The Economic Times)は2017年10月03日に、インドでは、毎日2500人のBitcoin新規ユーザーが増えていると報告した。

これは多分加速度的に増えていることだろう。

もう、これまでに開発されてきた古臭いモバイル・マネーはいらない。

2017-10-18---世界で初めて、イタリアのオークションがBitcoinでビットできる。
2017-10-03---インドでも、Bitcoinユーザーが毎日約2,500人増え続けている。


この記事をはてなブックマークに追加

中国の臓器提供数、年間で世界2位。

2017-11-14 11:44:08 | 調査

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月08日に、中国新聞社からの情報として、中国人体器官寄付管理センターの曹懐杰常務副主任は2017年11月03日に、中国の臓器提供数が10月下旬までに1万4,000件余りに上ったことを明らかにしたと報告した。

年間の臓器提供数は世界2位という

提供された臓器の数は3万8,000個で、移植によって3万人余りの命が救われた。臓器提供者(ドナー)の登録者数は33万人超に達している。

http://time-az.com/main/detail/62144

ただし、中国では死刑になった人に臓器は摘出され、臓器提供されていたと聞いたことがあり、また宗教を否定した国家の考え方は、時々理解できなくなる。

国会議員は、国民のために働くので、全員が臓器移植提供者(ドナー)の登録者になるべきである。

中国で死刑になった日本人の臓器の行方は、どうなったのだろう。

中国で、臓器提供数だけを評価していいのだろうか?

2016-06-08---インド、臓器売買グループの中心人物とドナーを逮捕。
2013-08-16---中国は,死刑囚から、臓器を取り出すことを段階的に止める。
2013-06-03---医者は、グローバルな「死」の診断基準の一致を要求。
2012-05-01---臓器提供を支援するFacebook。
2012-03-22---中国の死刑囚の臓器移植利用!?
2011-07-31---イギリスの臓器提供率を上げる努力!
2009-06-18---衆議院の臓器移植法改正案の採決で、A案が可決した。
2009-04-20---臓器移植法の改正で与野党が合意!

この記事をはてなブックマークに追加

ロシアかカザフで、原子力アクシデントか?!

2017-11-14 11:12:07 | 調査
毎日新聞2017年11月11日に、ロイター通信からの情報誌してIRSN(Institut de radioprotection et de sûreté nucléaire/フランス放射線防護原子力安全研究所)は2017年11月09日に、過去数週間にヨーロッパの大気中で微量の放射性物質ルテニウム106が検出され、ロシアかカザフスタンの核関連施設で9月下旬に起きた何らかの事故が原因とする声明を発表したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/62143

2017年11月09日付の声明によると、ヨーロッパで検出されたルテニウム106(Ruthenium106)は人の健康や環境に影響を与えるものでなく、原因も原子炉事故のような深刻なものでない。

核燃料の取り扱いなどで生じた事故との見方を示していると伝えている。

放射能のようなものは、抽出が容易なはずである。

日本でも、独立機関としてIRSN(Institut de radioprotection et de sûreté nucléaire/フランス放射線防護原子力安全研究所)のようなものができないの不思議で、国民は政府に騙されっぱなしである。

ヨーロッパでは、長い歴史から、自分は政府に嘘に騙されないという口癖があり、こういう呪法には敏感である。


この記事をはてなブックマークに追加

フジテレビのチケットサイトに、不正ログイン攻撃発生!

2017-11-14 10:29:19 | 犯罪と裁判
毎日新聞は2017年11月10日に、フジテレビはは2017年11月10日、同社が運営するチケット販売サイト「フジテレビダイレクト」の会員181件に不正ログインがあったと発表した。

http://time-az.com/main/detail/62142

登録されているクレジットカード情報を基にチケットを不正購入される被害が12件、メールアドレスなど個人情報76件が改ざんされた形跡もあった。

フジによると、不正アクセスがあったのは2017年11月07日午後8時ごろから2017年11月09日午前8時半ごろ。システムを提供する「ぴあ」からフジに連絡があり発覚した。

不正アクセスを試みる者が、何らかの方法で入手したIDとパスワードでアクセスを試みる「リスト型」という手法を用いていた。

フジ主催のイベントのチケット12件がコンビニなどで引き換えられていたが、被害額は非公表という。

「ぴあ」も以前、不正アクセスがあった。

何らかの方法で入手したIDとパスワードでアクセスを試みる「リスト型」という手法は、管理の甘さが露見したのであって、当分は、このようサービスを中止し、漏洩原因を明らかにすべきである。

まず、担当者は引責辞任だろう。

私は個人的に、このような事故を起こしたサイトで、お金のやり取りはしない!

再発防止という意味が、曖昧、悲しい。

両者とも、最も事故が多いクレジットカードをまだ信用しているのが恐ろしい!

どれだけ、不正使用被害のお金を弁償しているか?
それでも、騙されたままにユーザーの方が多いのが現状で、それは減ることはなく、拡大している。

2017-04-25---「ぴあ」、個人情報15万件流出か?カード不正利用630万円!


この記事をはてなブックマークに追加

地球史に、千葉にある地磁気反転の痕跡が「チバニアン」濃厚。

2017-11-14 09:44:04 | 研究
地球史に、千葉にある地磁気反転の痕跡が「チバニアン」濃厚。

日本経済新聞 電子版は2017年11月13日に、地球の磁場(地磁気)が反転した痕跡を残す千葉県市原市の地層が、地球の歴史で約77万〜12万6千年前の年代を代表する基準地に認められる見通しとなったことが2017年11月13日に分かったと報告した。

http://time-az.com/main/detail/62141

茨城大学や国立極地研究所などの日本チームとイタリアチームの申請に対し、国際学会IUGS(International Union of Geological Sciences/国際地質科学連合)の専門部会で投票が行われ、日本の申請を妥当だと認めた。

ラテン語で「千葉時代」を意味する「チバニアン(Chibanian)(ラテン語で千葉時代)」の名称がつくことが濃厚になった。

2017年11月10日を期限に専門部会のメンバーによる1次審査の投票を実施した。
日本が60%以上の票を集め、競合するイタリアの2カ所を上回った。今後、3段階の審査を経て正式に決定すれば「千葉時代」の名前がつくことになる。


地球磁場逆転地層の緯度、経度
35°17'39.5"N 140°08'47.5"E

2017-06-07---地質時代に「千葉時代」を申請。
2017-04-06---人間が人間を喰う。古代人のカニバリズムと、その目的。
2017-03-02---ケナガマンモス、遺伝子の「破綻」で絶滅か?
2016-06-04---シベリアの『地下社会へのゲートウェイ』
2016-02-17---パキスタンで、「110万年前のステゴドンの牙」発見!
2016-02-17---ネアンデルタール人のDNAは、人類大移動の年表を書き換える。
2016-02-08---私は赤ちゃんを望んでいるけれども、私達のセックス1年あたり2回だけ
2016-01-13---インドネシアで、11万8000年以上前の石器発見!
2016-01-11---もし、あなたの先祖が、ネアンデルタールとセックスしていたら---
2015-12-17---原始人類は、最終氷期末まで存在か?
2015-10-26---地球の栄養循環にも影響する大型動物の「ふん」激減。
2015-10-26---世界独占記事!1万年前に絶滅した洞窟ライオンを永久凍土層で発見!
2015-10-06---ホモ・ナレディの手、足は、地上を歩き、木に登った。
2015-10-02---ミシガンの農夫は、大豆畑で、巨大なマンモスを発掘!
2015-09-10---南アフリカで、新種のヒト属の化石を15体発見!
2015-06-12---科学者はなぜマンモスを再生したいか?
2015-03-30---古代の治療法が、感染を破るキーであるかもしれない。
2015-03-25---遺伝学的に,アダムとイブは,ほとんど出会えなかった。
2015-03-22---科学者は羊毛マンモスのペーストDNAをゾウの遺伝情報に復活できた。
2015-03-22---ネアンデルタール人は最古の装身具の作り手。
2015-03-04---ヒト属最古の化石、エチオピアで発見!
2015-01-28---頭蓋骨発見で、初期人間とネアンデルタールの異種セックス交配を示唆。
2015-01-22---320万年前の猿人の手と、現在人の手を比較。道具使えた?
2014-10-20---「ホビット」は、人間の歴史を書き直した。
2014-10-19---地球上でのセックスの起源は、正常位(missionary position)ではなかった。
2014-08-20---ネアンデルタールの新しい日付は、歴史を書き直す。
2014-08-07---焼き鳥を最初に食べたのはネアンデルタール人。
2014-06-26---これまでに発見された最古の『人間糞』の分析。
2014-06-20---古代人の顔の特徴は、部族間闘争すれば、するほど速く進化。
2014-06-08---インドの聖地の糞便は、抗生物質耐性に手掛かりを提示した。
2014-04-30---研究者は、ネアンデルタールが私たちよりのろまではなかったと言った。
2014-04-22---牛糞から、80種の抗生物質耐性遺伝子を検出。
2014-02-07---アフリカ以外で、最古の人の足跡をノーフォークで発見。
2013-12-31---2013年は、どのように考古学は見たか?
2013-12-25---2013年の科学および環境ニュース・ハイライト。
2013-12-04---脚骨は、最も古い人間のDNAで、ギブアップした。
2013-11-28---巨大な有史以前の最古のトイレと、膨大な数の糞の化石発見。
2013-10-25---人的廃物をエネルギーに変えるトイレ・システム。
2013-09-19---ハツカネズミには「猫に対する固有の恐れを失う場合がある。」
2013-08-19---マンモスを再生することは、科学的にほとんど不可能!
2013-06-10---ホビットと小妖精は、ニュージーランドに観光客を引き寄せる。
2013-05-30---ロシアで、液体の血液を備えたマンモスの死骸を発見!
2013-05-17---氷河時代の北アメリカ、大秘密解明。
2013-04-17---島小人症理論「ホビット」を支持。
2013-03-21---トイレと携帯電話。
2013-02-21---マンモスの歯の化石が、ニューハンプシャー沖で見つけられた。
2013-02-04---ネアンデルタールが、これまでの研究以上に早く消えていた?
2012-11-17---トイレの便座が、家庭で本当にもっとも汚い場所か?
2012-11-07---パリジェンヌのマンモスの化石を発見か?!
2012-11-07---パリジェンヌのマンモスの化石を発見か?!
2012-08-29---TOTOが排せつ物で動く「トイレバイク ネオ」を披露!
2012-08-08---考古学者は、世界最古のマッチを発見したと主張!
2012-07-16---暑い夏!だからこそ米国で大ヒット?「氷河時代(Ice Age)」
2012-06-25---中国の鶏糞電力を供給する鶏経済学!
2012-06-01---私たちは本当に、マンモスのクローンを見ることができるか?
2012-02-21---ロシアの科学者が、3万1000年前に凍った穴から氷河時代から花を復活。
2011-12-02---ネパール、雌牛糞生物ガス専門知識を外国へ輸出!
2011-11-27---フィリピンの小さな人達は、偉大な野心を持っていた。
2011-06-21---アメリカ大陸で最古の氷河期のアート。
2011-02-11---320万年前の猿人の化石に土踏まずがあった!
2011-02-07---人類の脳が3万年で、1割縮小していた。
2011-01-18---近畿大のマンモス復活計画が始動。
2010-12-28---ネアンデルタール人は野菜も食べていた。
2010-12-27---イスラエルの洞穴で、40万歳を歯を発掘した。
2010-11-18---排便人形が今年も大盛況!
2010-09-02---鳥の「うんこ」を売って大金儲けをするペルー人!
2010-08-12---エチオピアで人類最古の石器使用跡を発掘された動物の骨で確認した。
2010-05-26---大規模動物絶滅が、気候変動や流星、彗星の衝撃ではなく、植物群落の転換?
2010-04-09---親子かもしれない190万年前の新種の猿人化石2体を発見。
2010-02-11---グリーンランドの古代人はアジア系だった!?
2009-09-30---観光客の排泄物で、希少なエビが絶滅か?!
2009-09-29---12万年前の地層から、前期旧石器時代の国内最古の旧石器を発掘。
2009-09-24---身長が130cm未満の「小人王国」
2009-08-05---永久凍土は、地球に仕掛けられた破壊の時限爆弾!
2009-06-25---ドイツでまた、約3万5000年前の「フルート」を発掘した。
2009-06-24---初期のヨーロッパ人は、人食い人種だった。
2009-02-12---ネアンデルタール人のゲノムの60%をカバーする30億のDNAを配列分析。
2009-02-12---Vindija洞窟のネアンデルタール、3,000,000,000のDNAを配列分析。
2008-06-19---1万1500年前の50年間で、突然気温が20°以上上昇し、氷河期が終わった。
2008-06-09---2つの遺伝学的に異なった巨大なグループの1つがBC4万3,000年頃に絶滅した。
2008-04-15---3万年前のネアンデルタール人の音声再現!
2008-04-03---「糞」の化石は、BC1万2,300年頃であった。
2008-04-01---国際マンモス保存デー(International Save the Woolly Mammoths Day)
2007-12-29---巨大なマンモスの遺体が、日本に到着!
2007-12-29---3万7000年前の凍った赤ん坊マンモスの遺体が、日本に到着した。
2007-06-14---北米で未知の理由により、次々とマンモスが絶えていった。
2007-02-23---古代インディオ、マンモス、ラクダ、バッファロー、馬を追いかけていた。
2006-12-11---エル・シドロン洞窟で発見されたネアンデルタールは人を喰う習慣があった。
2006-10-11---マンモスの象牙で作られた人間の彫像はBC2万4,000年頃。
2006-09-20---330万年前に生きていた少女。
2006-09-14---ゴーハムの洞窟でネアンデルタールが、難を避けるため住んでいた。
2006-08-29---ネアンデルタールの遺伝子を継承している人。
2006-03-24---エチオピアで、BC50万年〜20万年の頭蓋骨が発見された。
2005-12-14---BC70万年前の人工火打ち石を発見した。
2005-09-24---BC1万900年ころの磁気を持った金属球が大量に見つかった。
2005-09-23---彗星のように大量の鉄隕石が地球を襲った。
2005-09-01---人間とチンパンジーが同じ環境で共に生息していたことを特定した。
2005-06-19---チェコで、ネアンデルタールの特徴がある末期の骨を発掘した。
2005-03-23---火星で収集した石を調査で、時代予測が大きく間違っていることが判明。
2005-03-04---1万8,000年前の古代人は、より高い思考過程と一致した。
2005-02-17---1967年にエチオピアで発見されたヒト化石は19万5000年と推定。
2004-12-11---BC3万5,000年頃のマンモスの象牙から作られたフルートを発掘した。
2004-11-08---ネアンデルタールの由来討論。
2004-10-28---フロレス洞窟で高さ1m、25 kgの成人女性骸骨が発掘された。
2004-03-22---オレゴン州のPaisley近くにある洞窟で、「糞の化石」を発掘した。
2004-03-01---「北京原人」がBC60万年から30万年に、火を使っていた。
2004-01-13---Texas Gulf CoastでBC3万6,000年に死んだと考えられるマンモスを発見した。
2003-07-25---中央アラスカでBC1万2,000年頃まではマンモスが生息。
2003-06-12---エチオピアで発見された人間の骸骨の年代判明した。
2002-04-23---頭蓋骨骨折したネアンデルタールは生きていた。
2002-02-00---BC1万1,500年から1万200年頃の人間によるマンモスの屠殺場を発掘した。
2000-11-14---BC40万年にお互いのコミュニケーションを可能にしていた。
2000-09-00---アンダルシアでBC2万8,000年頃のネアンデルタールを発掘。
2000-03-28---ネアンデルタールと現代人は7%の違いがあった。
2000-01-10---人間の話し言葉がBC20万年頃から始まった。
1999-12-02---マンモス「Jarkov Mammoth」を氷と共に切り出し、掘り出した。
1999-09-30---フランスのMoula-Guercy洞窟で食人習慣があった。
1999-02-16---ネアンデルタールがBC40万年前に話せるようになった。
1999-01-08---北米でBC1万900年頃、マンモスが大量絶滅した。
1998-11-28---BC2万2500年頃のハイブリッドの骸骨を発見した。
1998-04-28---フランスで発掘された2体のネアンデルタールは話ができた。
1997-12-27---エチオピアのダカで、古代人の頭蓋骨を発見した。
1997-07-11---ネアンデルタールはBC60万年から50万年に、まだアフリカにいた。
1997-06-13---BC40万年に人間とオオカミの骨が同じ場所で見つかった。
1997-05-06---30万年から20万年と推定できる32人分の人骨化石を発見。
1996-12-29---エチオピアでBC13万年に、本当のホモ・サピエンスが登場した。
1996-12-29---BC60万年から25万年に、言語があった。
1996-10-01---ネアンデルタールとホモ・サピエンスが先祖と分かれた。
1996-09-00---BC78万年の人類の化石を発見。
1996-05-27---フランス中央部で発掘された石器は、それまでよりかなり洗練された。
1995-00-00---マンモスの象牙で作られたドットのサークル模様はBC1万3,000年頃で。
1994-00-00---ネアンデルタールの鼻が不必要なほどに大きいと主張した。
1994-00-00---イラクのザグロス山で、墓から8種類の花粉粒を採取した。
1988-10-00---ネアンデルタールChâtelperronian文化時代をNGが規定した。
1988-10-00---スラエルのカバラ洞窟のネアンデルタールが6万年前。
1985-11-00---脳のサイズは、BC12万5,000年と現代人がほぼ同じであった。
1985-11-00---フランスのセント・セゼールで後期ネアンデルタールの骸骨を発掘。
1985-11-00---ハッキリ聞き取れる言葉が話せるようになったのは、BC40万年から30万年。
1985-11-00---BC10万年頃から死者を埋葬し始めた。
1969-07-17---考古学者リーキー博士のチームが「第2オーモ」を発見した。
1961-06-21---アムッド洞で、ネアンデルタールの化石を日本チームが発見した。
1960-09-16---BC50万年〜25万年前の成人男子頭蓋骨「Petralona Man」を発見した。
1944-12-09---最古の骸骨を発見した考古学者リチャード・リーキー博士が生まれた。
1914-00-00---BC4万年前頃と言われるネアンデルタールの赤ちゃんの骨を発掘した。
1909-09-17---フランスのLa Ferrassie, Dordogneでホモ・サピエンスが発見された。
1907-10-02---マウエル村で、BC50万年の「ホモ・ハイデルベルゲンシス」が発見された。
1856-08-00---デュッセルドルフの近くで、最初のネアンデルタールが発見された。
-9500-00-00---BC9,500年の小人「ロミート2(Romito 2)」は、1.2m未満の背丈。
-4000-00-00---最後のマンモスが、北極圏のWrangel Islandで絶滅した。


この記事をはてなブックマークに追加