世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

金正恩、核開発の最終目標は「米国との実質的な力の均衡」

2017-09-16 23:24:07 | 戦争と平和
AFPは2017年09月16日に、北朝鮮の金正恩(Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は、制裁を受けようとも北朝鮮の核戦力を完成させると誓い、北朝鮮の兵器開発の最終目標は「米国との実質的な力の均衡」だと述べた。

http://time-az.com/main/detail/61421

北朝鮮国営のKCNA(Korean Central News Agency/朝鮮中央通信)が2017年09月16日に、明らかにした。

KCNAによると金正恩は「われわれの最終目標は米国との実質的な力の均衡を確立し、米国の支配者らに、DPRK(Democratic People's Republic of Korea/朝鮮民主主義人民共和国/北朝鮮)に対する軍事的な選択肢について語らせないようにすることだ。」と語った。

また金正恩は2017年09月15日に日本上空を通過した中距離弾道ミサイル「火星12(Hwasong 12)」の発射は成功し、北朝鮮の核戦力は増強されたと述べ、「われわれは大国優越主義者らに、わが国が無限の制裁と封鎖にもかかわらず核戦力完成という目標をいかにして達成するかを明白に示さなければならない。」と語ったという。

すでに、CIAは金正恩の暗殺企んでいることだろう。
しかし、アジア人のCIAで、金正恩の暗殺はできるだろうか?
米軍の『作戦行動計画5015』は、作戦コードの『50』が、『朝鮮半島』を意味し、『15』は『核承認者の排除』を意味する。
すなわち、核爆弾のスイッチを押せる金正恩を抹殺する、という暗殺決行のサインだという。

2017-05-05---北朝鮮、金正恩の暗殺企んだとしてCIAを非難。
2016-12-04---CIAのカストロ暗殺計画は、すべて失敗した!
2016-11-25---カストロは90歳で死んだ!
2016-08-12---カストロ前議長の90歳に、職人が90mの葉巻でお祝い!
2015-09-11---早死の原因は、タバコやアルコールではなく、食い過ぎ!
2015-04-15---悩殺、キューバン・ガールはフォトショップ詐欺では無い!
2015-02-03---多くの憶測を否定して、フィデル・カストロの新しい写真をリリース。
2013-08-15---フィデル・カストロは、こんなに長生きできて「驚きました。」
2013-07-31---キューバの有毒ラム酒で、ハバナの人が7人死亡。
2013-07-07---頑固爺のカストロは、振る舞いの悪さを理由に島人を叱った。
2012-10-22---キューバのフィデル・カストロは、健康に関する「嘘」を攻撃。
2012-02-10---金持ちと有名人のFBIファイル。
2012-02-04---キューバの元大統領フィデル・カストロは回想録を発刊した。
2011-08-13---キューバのカストロは、85回目の誕生日を静かに過ごす。
2010-12-16---カストロに騙された、米国諜報員!
2010-11-09---キューバは、ことごとく失敗したカストロの殺人テレビゲームを非難!


この記事をはてなブックマークに追加

大地震で標高に変化あるのか?ネパール側から、エベレストの測量開始。

2017-09-16 22:45:18 | 調査
AFPは2017年09月16日に、ネパールが世界最高峰エベレスト(Mount Everest)の標高が2015年の大地震で変化していないかどうかを確かめる測量作業を開始したと、ネパール政府が2017年09月15日に発表したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61420

ネパールや中国などの国境にまたがるヒマラヤ山脈(Himalayas)にそびえるエベレストの標高は公式では8848m。

1954年にインドの調査隊が最初に記録したもので、以来、さまざまな団体が測量を行ってきたが、1954年に記録された数字が標高として広く受け入れられている。

ネパール測量局のガネーシャ・プラサド・バッタ(Ganesh Prasad Bhatta)局長はAFPに対し、「エベレスト山頂はネパール領土内にも位置しているにもかかわらず、わが国はエベレストを測量したことが一度もなかった。そのため、私たちにもエベレストの測量ができるということを国民に証明したい」と語った。

インド測量局の局長が24日2017年01月24日に、「大地震で低くなった? エベレストを再測量する。」と明らかにしたと報告した。

しかし,AFPのニュースでは、ネパールが挑戦するようである。

エベレストのGoogle Earthポインター情報
27°58'49.72"N,86°55'16.58"E
または、
27.980478, 86.921272

2017-05-08---許可なしで、エベレスト登頂目指した南ア男性に多額の罰金!
2017-01-24---大地震で低くなった? エベレストを再測量する。
2015-04-28---地震でカトマンズが3m移動。エベレスト高さは変わらず。
2015-04-27---中国、北陵からのエベレスト登山も中止!
2015-04-25---日本時間Sat 15:11に、強い地震がネパールを襲った。
2015-04-25---カトマンズを襲った大地震の続報。判っていなが100人は死んでいる?
2015-04-25---南アジア全体で感じた巨大な地震!
2015-04-25---日本の大震災で開発されたFacebook災害情報センターをネパールで始動!
2015-04-18---エベレストのなだれで、16人のシェルパが殺されて1年!
2014-10-16---ヒマラヤ暴風雪で、少なくとも70人が行方不明。少なくとも12人死亡。
2014-06-18---シェルパは、「エベレストへのチケット」でよろめいている。
2014-05-28---13歳のインドの少女は、エベレスト登頂で最も若い少女になった。
2014-05-08---無敵エベレストでなだれの後、シェルパの家族の悲しみ。
2014-04-25---エベレストの登山者は不確実性の中で、下山。
2014-04-22---エベレストの地元ガイド、今シーズンの登山中止を決定。
2014-04-20---エベレストのなだれで、3人の行方不明者捜査を中止!
2014-04-18---史上最悪のエベレストのなだれで、12人の死亡、多数行方不明。
2014-03-03---ネパールは、エベレスト登山者が「8kgのごみを捨てるに違いない」と言った。
2014-01-02---世界で最も高い山。
2013-08-02---エベレスト登頂を「締めさせる。」ために規則を厳しく管理。
2013-05-29---エベレスト初登頂60周年に、エベレストからベース・ジャンプまで飛び降りた!
2013-05-29---三浦雄一郎、エベレスト下山途中で死にかけた!
2013-05-29---エベレスト世界初登頂を報告するための激白したメディアの戦い。
2013-05-28---エベレストの頂上で、モバイル・バンキングがテストされた。
2013-05-28---世界で最も高いエベレストで、人々の交通渋滞。
2013-05-27---ネパールは、登山者によるエベレストからの生ビデオ通話に抗議!
2013-05-23---80歳の日本人三浦雄一郎、エベレスト登頂記録を達成!
2013-05-18---サウジ女性、史上初めてエベレストの頂上を制覇!
2013-04-29---ネパールで、外国の登山者とローカルのシェルパ・ガイドが喧嘩!
2013-03-20---エベレスト登山家ジョージ・ロウは89歳で死去した。
2013-03-04---ネパールの女性登山者は、7大陸の最高峰登頂に挑戦!
2013-02-25---同じ登山シーズンに2回エベレストに登ったネパール女性、新記録。
2012-12-11---NASAが公開したエベレストの写真は、違う山だった!
2011-10-17---イギリスのエベレスト遠征90周年!
2011-07-20---中国とネパールでは、世界最高峰エベレストの高さが違う!
2011-05-10---ネパールの元外務大臣、エベレストで死亡!
2011-05-06---エベレストの頂上から、世界で初めてTweets!
2010-10-28---世界の最高峰エベレストの頂上で、携帯電話のビデオ通話を実現。
2010-05-23---ルイス・ゴードン・ピューは、世界最高峰の水泳記録を達成!
2010-05-22---世界最年少の13歳でエベレストに登頂!
2010-05-17---イギリスの登山家は、エベレストの登頂記録を8回にした。
2009-04-24---NASA、エベレストの最新詳細衛星画像を公開!
2007-11-13---エベレストに設置した携帯電話基地局のテストを開始した。
2005-07-12---登山家エドモンド・ヒラリー卿が、世界遺産のエベレスト山が危機と訴えた。
1970-05-11---日本人が初めて、エベレストの登頂に成功した。
1970-05-06---三浦雄一郎がエベレストで、3kmをスキーで滑降した。
1963-05-01---登山者ジム・ウィッタカーが、アメリカ人で最初にエベレストに登頂。
1953-05-29---ヒラリーとテンジンがエベレストに世界で初めて登頂に成功した。


この記事をはてなブックマークに追加

アルザスの彫刻家で画家のジャン・アルプが生まれた。

2017-09-16 22:15:01 | 人物
ArtDailyは2017年09月16日に、ドイツ系フランス人または、アルザス人で、彫刻家、画家、詩人、および粘土や、貼り付けられた紙など、メディアの抽象的なアーティストであったジャン・アルプ/ドイツ語の名前ハンス・アルプ(Jean Arp / Hans Arp/1886 - 1966)は、1886年09月16日に、現フランス・アルザス地方の首府ストラスブール(Strasbourg/Schdroosburi/Straßburg/シュトーラスブルク)で生まれた。

DADAの作家の一人である。

http://time-az.com/main/detail/61419

今回公開された写真は、2003年04月01日火曜日に、フランスのパリにあるドルオーギャラリー(Drouot Gallery in Paris, France )で展示されたジャン・アルプのペイント「Femme(女性)」を見ている女性である。

この絵画は、フランス超現実主義者の作家アンドレ・ブルトン(Andre Breton)のアートコレクションからから数百の作品が競売された中にあった。

私は、アンドレ・ブルトンのアートコレクションからから数百点の作品が競売された時のオークション・カタログを持っている。



この記事をはてなブックマークに追加

中国、資本流出防止へ強硬策として、仮想通貨の3大取引所を閉鎖!

2017-09-16 20:35:37 | モバイル・マネー
朝日新聞デジタルは2017年09月16日に、中国の3大取引所「火币网」、「OKcoin」、「比特币中国」は2017年09月15日夜、中国の金融監督当局の求めに応じ、2017年10月末までに仮想通貨と人民元との取引をやめると発表した。

すでに別の大手も2017年09月14日に取引停止を発表しており、閉鎖は3大取引所を含む全取引所に及ぶと伝えている。

中国政府は外国への資本流出やバブルにつながる仮想通貨を警戒しており、10月の共産党大会を前にリスク排除に踏み切った。

http://time-az.com/main/detail/61418

ZAKER新闻によると、2017年09月08日17:30からすべての通貨種類の取引を一時停止すると伝えている。
それは中国の3大取引所「火币网」、「OKcoin」、「比特币中国」に影響すると報告していた。

2017年09月15日に、北京での金融関連のイベントで中国人民銀行の劉国強総裁補佐は、「金融のリスクを増やし、金融を虚業に向けるものは減った。」と語った。

経済メディア「中国経済網」が、当局は9月に入り、仮想通貨と人民元との取引を規制の対象にしたと伝えた。

低コストの支払いや送金手段としてBitcoinは欧米で広まり、最近は中国で人気が高まった。

人民元と外貨の交換が制限される中、人民元とBitcoinを交換し、Bitcoinを米ドルなどに換え、資金を外国へ移す手段として使われたとみられる。Bitcoin相場は上昇し、投機的な取引も活発だった。

今年初めには当局による規制強化の動きが伝えられており、今回、一気に取引所を閉鎖に追い込んだ。

しかし、このようなことをされて、中国の若者は黙っているのだろうか?

何100万人かの財産を無効にした!

だから、中国人の多くが、隠し財産を持ちたがり、海外に資産を移し、中国政府を信用していない。
こんなことで、中国の共産党は、存続できるのだろうか?

私個人として、中国のような国には、仮想通貨のような自由なシステムは向かないので、出て行って欲しいと何度も行ってきた。

自由を愛するアメリカや、ヨーロッパ、日本などでじっくり育てるべきである。

外国へ安価に送金できる点などBitcoinの利点が無くなるわけではないが投機目的の需要は減りそうだ。フィスコ仮想通貨取引所の田代昌之氏は「投機・投資の対象としての価値は大きく下落した。今後は決済としての利用が主になっていくのではないか」と話す。

ただし、私の考えでは、投機・投資的な要素を無くしたBitcoinでは、魅力が半減するので、投機・投資の対象としての価値は大きく下落しても、必ず復活してくることだろう。

つまり、モバイル・マネーとマネー・ゲームの要素があるから面白いのであって、Apple PayやAndroid Pay、Samsung Payが伸び悩んでいるのは、全く面白さがないからである。

Coincheckから、価格が15分以内に 1.5% 以上動いた際に送信されメールは、

2017年09月16日03時13分
BTC_JPY が +2.31% 高騰しました。
現在の価格は 395035.0 BTC_JPY です。

2017年09月16日05時22分
BTC_JPY が -3.57% 下落しました。
現在の価格は 412854.0 BTC_JPY です。

2017年09月16日09時27分
BTC_JPY が -1.79% 下落しました。
現在の価格は 417901.5 BTC_JPY です。

2017年09月16日11時56分
BTC_JPY が -1.85% 下落しました。
現在の価格は 415022.5 BTC_JPY です。

2017年09月16日15時40分
BTC_JPY が -1.68% 下落しました。
現在の価格は 420589.0 BTC_JPY です。

と、下落情報が多い割に、価格は上昇している。

bitFlyerのチャートを見ても、それは判る。

この新聞記者も、実際には翻訳した記事を読んでいるだけで、変化の時間軸についてきていない。

2017年09月16日20時11分のCoinCheckの仮想通貨は、全て上昇している。

Bitcoinの分裂騒動に巻き込まれたBitcoim Cashは、34.43%の上昇で、その他も20%以上の上昇が多い。

2017-09-15---わ〜、わ〜、どこまで落ちる。
2017-09-14---昨日予測したように、Bitcoinは一気に30万円台に突入!
2017-09-13---JPMorganのCEO、「Bitcoinは詐欺だ!」で、価格が落ちた!
2017-09-12---金融庁、仮想通貨に規制か放任かで悩んでいる。
2017-09-12---中国史上最大のねずみ講事件「e租宝」で、幹部2人に終身刑判決!
2017-09-12---Bitcoinの暴落原因が特定され、安定して上昇開始。
2017-09-11---中国は、一時的に全てのバーチャル通貨の商業用交換を閉じた。
2017-09-11---Bitcoin急落の原因は、また中国。
2017-09-10---再度。仮想通貨全面安!
2017-09-10---bitFlyerが、現在ビットコイン価格は 463,508 円。
2017-09-09---今朝、Bitcoinが少し揺れたが、再び戻り始めた。
2017-09-08---Bitcoinは、「11月に新たな分裂騒動か!?」
2017-09-07---Bitcoinは、US$1,000落ちても、誰も気にしない世界!
2017-09-07---仮想通貨不正アクセスで被害、今年1〜7月に33件、被害7,650万円。
2017-09-05---Bitcoinは急落後、回復し始めた。
2017-09-04---仮想通貨Bitcoin以外、全て10%以上の大暴落!
2017-09-04---中国のICO全面禁止、仮想通貨下落。
2017-09-03---今日もBitcoinは、忙しい!
2017-09-02---続伸の続いたBitcoin、急ブレーキ!
2017-09-01---日本人主導の「ICO」、手探りで始動。
2017-09-01---「Bitcoin」は、2017年12月31日までに100万円になるか?!
2017-08-30---Bitcoinがレートでも初めて500,000円を超えて、さらに上昇中!
2017-08-29---Bitcoin購入で、500,000円を突破!
2017-08-29---Bitcoinは08月28日に、ぐらっと来たが、戻って、さらに上昇中!
2017-08-28---25日から続いて来たBitcoinの異常なストレスは、13時に切れた!
2017-08-26---Bitcoin高値安定が、限界!?
2017-08-25---Nikkei Styleは、シリーズ「仮想通貨の実相」の連載を開始。
2017-08-25---全国的な通信障害の影響は、さらに広がっていた。
2017-08-25---日本各地で、ネット障害発生!
2017-08-24---マカオのATM規制で、香港でATM引き出し急増!?
2017-08-23---大阪/奈良大停電!
2017-08-21---韓国のウリ銀行は、年内にも仮想通貨発行。
2017-08-21---中国で、海外でのカード利用報告義務開始。
2017-08-20---BitcinCashが11万円台に乗せ、初めてのゲームは終わった。
2017-08-19---BitcoinCashの高騰が止まらない!
2017-08-18---BitcoinCash!前日比約65%上昇。
2017-08-18---Bitcoinの作意的購入から、Bitcoinの作意的売却での売り逃げ。
2017-08-17---Bitcoinの不思議な高騰。
2017-08-15---あと375円で、500,000円突破!
2017-08-14---さらにBitcoin、記録更新!
2017-08-13---日経新聞も、今回のBitcoin高騰を記事にした。
2017-08-13---今日のBitcoinは41万台から47万台にまで高騰した。
2017-08-13---訪日消費、主役は中国の爆買いから、ヨーロッパの体験ツアーへ!
2017-08-13---Bitcoinが40万台に突入し、さらに高騰。
2017-08-11---Bitcoin Cashが発売後11日目。まるで阿波踊りかサンバ!
2017-08-10---仮想通貨で、被害相談が急増!
2017-08-07---丸井グループでビットコイン決済サービス提供開始!
2017-08-01---BitCoin、2つに分裂。BitCoin Cashが誕生。
2017-08-02---bitFlyerは、BCCによるBitcoinのブロックチェーン分岐に対応完了を報告。
2017-08-02---【重要】Bitcoin Cash取扱い開始のお知らせ
2017-08-03---日本経済新聞は、Bitcoin分裂を「合議のツケ」と読んだ。
2017-08-05---Bitcoin Chashは落ち続け、Bitcoinは高騰!
2017-08-06---Bitcoinよ!どこまで上がる?
2017-08-06---BitcoinとBitcoin Cashは本当に反比例!
2017-08-05---Bitcoin Chashは落ち続け、Bitcoinは高騰!
2017-08-03---日本経済新聞は、Bitcoin分裂を「合議のツケ」と読んだ。
2017-08-02---【重要】Bitcoin Cash取扱い開始のお知らせ
2017-08-02---bitFlyerは、BCCによるBitcoinのブロックチェーン分岐に対応完了を報告。
2017-08-01---ブロックチェーン分岐が08月01日21時20分(日本時間)に予定されている。
2017-08-01---BitCoin、2つに分裂。BitCoin Cashが誕生。
2017-07-31---08月01日に起こる可能性のあるブロックチェーン分岐。
2017-07-29---アップルは、赤いリンゴになったのか!
2017-07-27---bitFlyerは2017年07月19日の情報を更新。
2017-07-26---Bitcoineの混乱時!ビックカメラはBitcoine決済サービス、全店舗に拡大!
2017-07-26---2017年07月25日から、動きが激しい。
2017-07-25---Bitcoineは310,000前後で推移していたが、午後3時過ぎに急落した。
2017-07-23---仮想通貨協会は、Bitcoin停止を前倒し!
2017-07-23---「Bitcoine」の国内主要取引所で、入出金一時停止!?
2017-07-23---Bitcoine取引停止、期間にはばらつき。混乱なし。 
2017-07-21---2017年07月23日に、Bitcoinの分岐が発生する可能性。
2017-07-20---今日のBitcoinは最後に1Bitcoinあたり、30,000ほど急上昇!
2017-07-19---bitFlyerも08月01日に起こる可能性のあるブロックチェーン分岐に向けた対応を公開。
2017-07-19---Coincheckが、ビットコインの分岐に関しての注意事項を公開。
2017-07-19---Bitcoin取引所がブロックチェーン分岐への対応を公開し、不安を煽った。
2017-07-18---Bitcoinが、復活して来た!
2017-07-17---分裂騒動を警戒し、Bitcoin急落で、日経新聞まで記事にした。
2017-07-16---今日もBitcoinは、大混乱!
2017-07-15---Bitcoin大暴落!
2017-07-15---Bitcoinは、一旦底を打ったか?
2017-07-12---MTGOX社長効果か?再度大暴落!
2017-07-11---Bitcoin取引所MTGOX社長が無罪主張。
2017-07-11---Bitcoinが大暴落!そして、大高騰!
2017-07-10---「安全資産」バブル崩壊。1900兆円が玉突き!
2017-07-04---Bitcoin取引で、消費税が排除された前後1週間の騒動。
2017-06-30---韓国が、仮想通貨取引で世界1位。
2017-06-29---ICOと呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、資金調達するハイテク新興企業が急増!
2017-06-27---仮想通貨の取引が、日本の消費税に影響する可能性。
2017-06-26---仮想通貨の取引が、どんどん落ちている。
2017-06-24---仮想通貨戦国時代に突入!
2017-06-20---Bitcoinはこの1カ月で、2回大暴落があった!
2017-06-13---ITバブルはじけるか!?楽観と悲観。
2017-06-12---Ethereumの「ブロックチェーンの膨張」は、2017年に1テラ・ビリオンに届く!?
2017-06-01---BitCoin取引で、パスワード等を盗取他場合の対策。
2017-05-27---Bitcoin乱高下。2日と1時間45分で、3分の1以上消えた。
2017-05-26---Bitcoin急落!
2017-05-03---「Bitcoin」が最高値を更新。US$1400台に!
2017-05-02---日本にも仮想通貨時代がやってきた!
2017-05-01---三菱UFJ、行員2.7万人参加し、仮想通貨実証実験。
2017-04-05---Bitcoinが急落し、投資対象から決済へ!?
2017-04-03---仮想通貨の国際規格巡り、「心臓部」の標準争いのゴングがなった!
2017-03-19---Bitcoins急激下落!
2017-03-16---ブロックチェーンで、銀行を連携。
2017-03-10---米国証券取引委員会、投資家保護が不十分としてBitcoin ETF拒否。
2017-03-08---Cryptocurrenciesを使ったグローバルな送金は2018年に、US$6500億以上。
2017-01-24---Bitcoine資金流出で中国当局規制強化、Bitcoine相場が急落!
2017-01-07---ビットコインvs銀行。さらに国境と国。
2017-01-06---金が動くところに金が集まる!孫正義のところに金が集まる!
2017-01-06---スウェーデンの中央銀行、デジタル通貨Bitcoinに危機感 !
2017-01-05---5日夜、Bitcoinが急落。
2016-12-19---孫正義に、金を持たせると、世界が変わる!
2016-11-24---三井住友海上が、仮想通貨の盗難保険を開始。
2016-11-03---Bitcoine詐欺事件で、Bitcoine価格4回連続下落!
2016-10-28---スイス国鉄、券売機でBitcoinで買えるサービスを試験導入!
2016-10-21---デビットカード普及で、銀行、ビザ提携。「現金よ、今までありがとう」
2016-10-12---Bitcoineの取得時に、消費税を課さない。
2016-10-03---Bitcoinで、端末なくても決済できるようになった!
2016-09-26---Bitcoinで、電気料金支払いのサービス開始を発表。
2016-09-08---世界でフィンテックへ投資急増。過去最高2.4兆円。
2016-09-02---大手銀行で、国際送金のフィンテック開発合戦が開戦!
2016-08-29---日本もモバイル・マネー時代の到来か?
2016-08-12---三菱東京UFJ銀行、マレーシアからイスラム金融で債権証券化認可を取得。
2016-07-08---三菱UFJと仮想通貨取引所Coinbaseと資本提携。
2016-06-10---三菱東京UFJ、独自の仮想通貨、一般向けに来秋発行!?
2016-06-10---三菱UFJ銀頭取、国債入札の特別資格返上の検討を表明した。
2016-05-02---BBC Newsは、BitCoinの発明者が名のり出たと報告。
2016-04-24---三菱地所は、タイの分譲マンションを日本向けにも販売。
2016-04-11---30のWebサイト蛇口(Website Faucets)のReally Payで無料のBitcoinsを得る。
2016-03-04---日本政府は、BitCoinを「貨幣」に認定。
2016-01-28---BitCoinなどで、企業狙う身代金ウイルス被害が拡大。
2016-01-20---日本もついに、海外送金の手数料10分の1時代に!
2015-11-11---Bitcoinの分派であるBitPesaは、ナイジェリア、ウガンダを追加した。
2015-09-29---フィリピンのGlobeチームは、ライバルと自由に戦うために、Shopifyと組んだ。
2015-09-01---TransferToは、モバイル・マネーの中間で働く!
2015-07-13---フィリピンのGlobeは、国際銀行になりたい。
2015-04-23---フィリピンのGlobeは、mPoSで王冠を要求。
2015-04-13---フィリピンのGlobeは、お金ベースで25%成長。
2015-04-08---Globeは、モバイル・マネー・サービス拡大で、銀行RCBCと組んだ!
2015-03-17---Bitcoinよ!どこへ行く?
2015-01-07---『Bitcoinイエス』は、アメリカの公民権を放棄し、米国に入国が拒否された。
2015-01-05---Bitstampは、攻撃でシャットダウンの後に、Bitcoinsが安全と主張。
2014-12-15---2014年の最悪の投資は「Bitcoin」だった!
2014-12-03---フィリピンのGlobeによるe-コマース・ユニットG-Xchangeの社長が突然辞任。
2014-11-24---フィリピンのGlobe Telecomは、アジアの拡張を捜している。
2014-10-30---フィリピンのGlobe Telecomは、モバイル・マネー・サービスの手数料を放棄。
2014-10-14---Bitcoin appsは、フィリピンのモバイル・マネー市場と連結。
2014-10-08---Bitcoin appは、投資者としてブランソン他と連携した。
2014-09-04---「Bitcoin」トレーダーに、無免許の振替を有罪と認めた。
2014-08-29---無料のBitcoins(Free Bitcoins)を手に入れることができる45のWebサイト
2014-08-14---eBayは、支払いとしてBitcoinを認める。
2014-07-28---Blockchain.infoはApp StoreへBitcoin Wallet Appを戻した。
2014-07-16---アリババ、金融商品「余額宝」で、銀行業界振動。
2014-07-02---カリフォルニアの投資者は、連邦政府のBitcoinsオークションを勝ち取った。
2014-07-01---Neweggは、Bitcoin、snapCardがLitecoin、Dogecoinを受け入れた。
2014-07-01---Bitcoinは、通貨でないが、小売り業者のためのPayPal競争者。
2014-06-18---Bitcoin Bowlが、カレッジフットボールにやって来た。
2014-06-17---Bitcoinは、強力な採鉱プールのデザインで再考が上昇。
2014-06-16---アップルはApp Storeへ最初のBitcoin財布を許可。
2014-06-10---NSFは、Bitcoinsを採掘するためにスーパー・コンピューターを誤用した研究者を保留。
2014-06-03---アップルのBitcoinsと他のCryptocurrenciesに対する新しいスタンスを示した。
2014-06-02---アップルがBitcoin Appsにドアをあけた。
2014-05-29---ディッシュ・ネットワークは、ペイTVサービスでBitcoinの支払いを受理。
2014-04-29---暗号化された通貨は、未来のお金か?
2014-04-29---MITの大学生は、「Bitcoin」の電子マネート試みで、US$100を得た。
2014-04-28---Googleは、Android App Storeから、Bitcoin Mining Appsを削除。
2014-04-24---自分の仮想マネーを鋳造する方法。
2014-03-31---Squareが、「Bitcoins」の受理を開始。
2014-03-25---米国歳入局は、Bitcoinsを通貨ではなく、財産であると言った。
2014-03-24---カタールのOoredooは、海外銀行アカウントへのモバイル振替を実現。
2014-03-20---MtGoxに、20万Bitcoinが残っていた。
2014-03-16---MtGoxの訴訟で、みずほ銀行提訴。
2014-03-12---Robocoin、Bitcoin自動両替機を日本に輸出。
2014-03-11---Bitcoin会社MtGoxは簡潔な米国破産保護を勝ち取った。
2014-03-09---MtGox交換のCEOと、ハッカー攻撃の証拠を公表。
2014-03-06---「Bitcoin」の考案者と報じられた男性が、関与を否定。
2014-03-06---Bitcoin交換所のCEOが、シンガポールで遺体で発見。
2014-03-05---日本政府、課税含む「Bitcoin」規制を検討。
2014-03-04---「Bitcoin」の原点は20年前。
2014-03-03---イギリスは、「Bitcoin」取引で20%のVAT(付加価値税)を廃棄。
2014-03-03---「Bitcoin」の取引所MtGox、電話相談窓口を開設。
2014-02-28---「Bitcoin」の交換所MtGoxは、破産を申請。
2014-02-27---Bitcoin財団は、Bitcoinが「活気のない」モバイル・ペイメントを保持できる。
2014-02-25---トップの「Bitcoin」交換所の一つ「MtGox」がオフライン。
2014-02-23---香港の送金業者は、フィリピンへの送金手続きで戦争になる。
2014-02-18---銀行手数料なし、国際送金サービス「TransferWise」
2014-02-18---米国で最初の「Bitcoin」ATMがシアトル、オースティンでオープン。
2014-02-12---米国の合法化で、モバイル・ギャンブルは2018年までに、US$600億になる?
2014-02-10---テクノロジー問題が継続した後、「Bitcoin」価値は急激に落ちた。
2014-02-06---ロシア政府当局は、「Bitcoin」を不法と言った。
2014-02-06---アップルは市場からトップのBitcoin appを落とした。
2014-02-05---シルクロード「立案者」ロス・ウィリアム・ウルブリヒトを起訴。
2014-02-04---安全なBitcoin財布として使えるウェアラブル「Bionym」
2014-02-02---Mintは、「Bitcoins」の支援を加えた。
2014-01-31---ZyngaはNaturalMotionをUS$5億2700万で買収を計画。
2014-01-27---米国はBitcoin交換のオペレータ、2人を逮捕した。
2014-01-21---「Bitcoin」のモバイル・マネー。
2014-01-17---実際に、タスクによって無料でBitcoinsを払ってくれるWebサイト。
2014-01-08---中国が規則を強化した後、「Bitcoin」はAlibabaのTaobaoによって禁止された。
2014-01-06---「Bitcoin」は、ゲーム事業者Zyngaの動きでUS$1.000を再度越えた。
2013-12-29---日本経済新聞が、「Bitcoin」の成立の背景を探った。
2013-12-17---中国は、「Bitcoin」の支払い会社を禁止。
2013-12-15---電子通貨「ビットコイン」 投機性に魅力とリスク 。
2013-12-13---Bitcoinの価格v誇大評価とメディア。
2013-12-10---PayPal社長、Bitcoinの味方で、NFCに懐疑的。
2013-12-07---モバイル・ギャンブルの利用者数、5年間で1億人増える。
2013-12-03---旅行先で余った外貨を「Bitcoin」に交換。
2013-11-29---「Bitcoin」、1か月で約5倍、初のUS$1000を突破。
2013-11-21---世界初、キプロスのニコシア大学、仮想通貨での学費支払いを承認。
2013-11-18---米国上院公聴会で、「ビットコイン」に、否定的な見方をするべきではないと訴えた。
2013-10-30---4年前に買ったBitcoinUS$24(約2400円)が、高騰し、家を購入。
2013-10-01---FBIは、Bitcoinを使った闇市場「シルクロード」を捕らえて、所有者を逮捕。
2013-08-15---Bitcoinのアンドロイド財布には脆弱であると後援者は言った。
2013-07-09---ケニアの会社Kipochiは、送金のBitcoinとM-Pesaをリンクさせる。
2013-04-30---ラスベガスがある米国のネバダ州は、合法的なオンライン・ポーカーに着手。
2009-05-13---オンライン・ギャンブルと道徳の戦場が激化。
2008-12-16---オンライン賭博、有罪で罰金US$3億。
2008-06-25---世界エンターテインメントとメディア産業におけるネット世代活動の成長。
2007-11-12---モバイル・カジノ市場は、2012年にUS$50億市場?
2007-11-08---EU貿易担当当局者が米国に対して、ギャンブル法で圧力を加えた。
2007-09-14---サイバー戦国時代のリーダーとして「中国」が現れたと報告した。
2007-01-15---モバイル・ギャンブル市場の2006年から2011年を予測。
2006-06-01---2011年に世界のモバイル・ギャンブル市場がUS$120億と予測した。
2006-05-30---米国にできた10億ドルのエンターテインメント複合体。
2006-01-13---もし、モーツアルトが現代にいたら、ポップ・スターだった!
2005-01-05---米国の2004年第4四半期株式公開 Top 10。


この記事をはてなブックマークに追加

訪日客に対する出国税!?

2017-09-16 19:18:42 | 観光
毎日新聞は2017年09月15日に、観光庁は2017年09月15日に、訪日外国人客誘致など観光振興に必要な財源確保策を検討する有識者会議の初会合を開いた。

今後、訪日客らから徴収する「出国税」など複数案を検討する見通しにしている。しかし、訪日客増加の流れに水を差す恐れもあり、調整は難航も予想されると報告した。

http://time-az.com/main/detail/61417

こういう時の有識者の基準は、どうなっているのだろう?

次世代の観光立国実現に向けた観光財源のあり方検討会
委員名簿
秋池 玲子---ボストンコンサルティンググループシニア・パートナー&マネージングディレクター
石井 至---有限会社石井兄弟社 取締役社長
大橋 弘---東京大学大学院経済学研究科 教授
デービッド・アトキンソン---株式会社小西美術工藝社 代表取締役社長
冨田 哲郎---一般社団法人日本経済団体連合会 観光委員長
中空 麻奈---BNP パリバ証券株式会社 投資調査本部長
山内 弘隆---一橋大学大学院商学研究科 教授
吉村 政穂---一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授

なぜ、この人たちが有識者なのだろう。
いい加減にしないと!
もっとリアリティのある人は、いなかったのだろうか?

特に、今回公開されたPDFを見ると、なんだも放り込んで、まったく整理されていない!

まるで、散らかしっぱなしで、説得能力がなく、官僚の自己満足に過ぎない。

もう少し、考えをデザインできないものか?

頭の悪さだけが表面化している。

こんなにデザインされていない資料で、何を話したのだろう。

この日の会合では、諸外国の事例などを整理し、費用の徴収対象として、
出入国者(出国税など)、
航空機利用者(航空旅客税など)、
宿泊施設の利用者(宿泊税など)の3案が示され、有識者は利点や課題について検討した。

政府は東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に訪日客を4000万人に増やす目標を掲げている。目標達成に向け、新たな財源を確保して海外での売り込みや出入国管理体制を強化する方針だという。

有識者会議では今後、必要な財源規模や徴収方法、使途などを検討して結論を出し、年末に取りまとめる18年度税制改正大綱に盛り込むことを目指すという。


この記事をはてなブックマークに追加

東京地裁、日本郵便の非正規格差で賠償命令!

2017-09-16 18:20:35 | 犯罪と裁判
毎日新聞は2017年9月14日に、東京都千代田区の日本郵便の非正規社員3人が、正社員との間で手当などに格差があるのは違法だとして計約1500万円の支払いなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁の春名茂裁判長は2017年9月14日に、「非正規社員に年末年始勤務手当や住居手当が全く支給されないのは違法」と認め、計約90万円の賠償を命じたと報告した。

日本郵便の奴隷制度!

W
A
L
K
F
R
E
E

http://time-az.com/main/detail/61416

そういえば、外資系銀行でも非正規格差があり、その格差は日本郵便どころではない。
人と奴隷ほどの差があると聞いた。

ところが、非正規社員は、自分を奴隷として認めていると話した。

また、外資系銀行の非正規社員は、外国語も話せなかった。
どんな仕事をしているのかは、分からない。

労働契約法20条は、正社員と非正規社員の労働条件の相違は「職務内容などを考慮して不合理であってはならない」と定めている。

判決は、3人の職務内容や同社の賃金規定などを検討し、年末年始勤務手当については「最繁忙期の勤務に対する対価で、非正規社員に支払われないのは不合理」、住居手当についても「転居を伴う異動のない正社員にも支給され、非正規社員に支給されていないのは合理的ではない」と判断した。前者は正社員の8割、後者は6割を支払うべきだとして原告1人につき4万〜50万円程度の賠償を認めた。

1500万円の支払いなどを求めたのに対し、90万円の賠償とは、非正規格差をほとんど認めたことになる。

この点や、賠償額が正社員の6〜8割となった点を不服として原告側は控訴する方針である。

当然である。

それでも、今回の判決は、政府が「同一労働同一賃金」の実現を掲げる中、その動きを後押しするものであったが、まだあ大きな問題は、裁判官の意識の低さである。

これでは、人と奴隷であり、現在では奴隷制度があった国では、このような問題が拡大している。

2017-09-13---ロヒンギャ問題?ミャンマーのスー・チーは、国連総会を欠席。
2017-09-11---国連、避難民は31万超のミャンマーは、「民族浄化の典型例」
2017-09-06---ロヒンギャ危機で、スー・チーは「大量Fake News」が実態を歪曲!?
2017-09-05---いよいよ国際e-Commerce時代が、本格化!
2017-09-05---ロヒンギャ、バングラへの避難者数が12万人超え。
2017-09-04---バングラデシュ当局、避難先の島からロヒンギャ2000人超を強制退去!
2017-08-31---ロヒンギャ2万人、無人島で孤立。
2017-07-24---元ISの性奴隷の女性戦闘員!「復讐のため」ラッカ奪還作戦に参戦!
2016-11-02---元セックス・スキャンダル党党首橋下徹に、小池塾で「ぜひ講師を」?
2016-06-13---悲痛な思いにさせるバングラデシュの売春宿。
2016-05-28---ISと戦う女子学生であったクルド闘士は、彼女が立ち会ったテロを説明。
2016-05-02---植民地の廃墟は、大英帝国の適合碑銘である。
2016-04-25---イギリスで、3,000人のシリア子供避難民受け入れに反対した議員地図。
2016-04-03---イギリスの苦しい弁解。その国がいくつの植民地を持っていたか?
2016-03-30---政治的なオーストラリアの先住民は、誰か?
2016-03-27---イギリスに一度も攻略されなかった国の世界地図!
2016-03-07---過去の植民地主義を討論するとき、ビクトリア女王の彫像は不快か?!
2016-01-29---オックスフォードのセシル・ローズ彫像は、お金のためにとどまる。
2016-01-20---イギリス人は植民地主義を誇っている。
2015-11-27---植民地主義による十分な援助と賠償金。
2015-07-12---イギリスの奴隷所有の歴史。名声が明かされる暗い過去。
2015-06-25---2分間で見る大西洋の奴隷売買。
2015-06-17---Ecobankは、マスターカードのmPoSをアフリカで初公開。
2015-06-01---南アフリカで、沈船から奴隷船と思われる人工物を発見。
2015-03-16---OrangeとAirtelは、西アフリカで振替パートナーで提携。
2015-02-18---オレンジ・マネー、1260万に拡大。
2015-02-05---オレンジはアフリカの銀行Ecobankの振替サービスを初公開。
2015-01-03---イギリスのアンドルー王子に、児童買春の容疑。仲介者は女王の客。
2014-11-22---リバプールは、盲目の詩人で、奴隷制度廃止論者に敬意を表わす。
2014-07-28---カタール・ワールドカップ:無給労働者に「狼狽した」審判。
2014-07-10---インドのレンガ窯にいた奴隷。
2014-07-04---ロルフ・ハリスの虐待は「破滅的な効果」があった、と犠牲が言った。
2014-06-21---戦時売春宿の調査は、日本の性的奴隷謝罪の基礎を確認。
2014-06-19---現代の奴隷制度ビジネスと格闘するテクノロジー。
2014-06-10---戦争中の性的暴行は「多くの先例」がある。
2014-06-10---中国は血塗られたダイヤモンドを弾圧。
2014-03-10---カリブ海諸国は、奴隷制度賠償を求める計画を採用。
2014-01-02---なぜインドのレンガ窯労働者は「奴隷のような生活か」
2013-12-12---児童買春政治家そのまんま東、セックススキャンダル党に離党届を提出。
2013-11-26---中国の強制労働収容所からの秘密日記。
2013-11-24---リンカーンのスピーチはどのようにして生き続けてきたか。
2013-11-23---インドの売春宿Kamathipuraの恐怖ドキュメント。
2013-11-21---30年間奴隷として保持された3人の女性を救出。
2013-11-18---ネパールにとって、ワールドカップへの道は、悲惨であった。
2013-10-17---新しいグローバル・インデックスは「現代の奴隷制度」を露出。
2013-10-15---リベリアの元大統領チャールズ・テーラーは、イギリスへ移された。
2013-10-02---Bharti、モバイル・マネーで、アフリカのエコバンクと提携。
2013-09-26---国際的戦犯裁判所は、リベリアのテーラーに懲役50年を支持!
2013-08-24---ベトナムの人身売買と、迷宮の奴隷労働の道に迷った子ども達。
2013-05-17---米国判断、橋下徹大阪市長の性的奴隷発言は「法外。」
2013-05-09---ファッション業界の暴走!ダッカのビル崩壊は死者数900人を越えた!
2013-04-02---ブラジル国内の奴隷制度、第2の廃止。
2012-11-16---ロシアの首都モスクワで、奴隷発見!
2012-08-15---デビアスは、ダイヤモンドをロンドンからハボロネへ移動。
2012-05-22---米国へ送り届けられるのは麻薬だけではない。性的奴隷の実態!
2011-10-04---ペルーの警察は、セックス奴隷の女性を300人を解放。
2011-09-23---「性的奴隷」として、2人を殺し、6人をレイプした元消防士を逮捕!
2011-05-24---完全に、あなたは毎朝、毎晩、スマートフォンに犯されている!
2010-08-18---赤いダイヤは、マンデラ・チャリティー受託者を辞任に追い込んだ!
2010-08-14---映画化され、小説にもなりそうな高級宝石店強奪事件が発生!
2010-08-09---ナオミ・キャンベルのハーグ証言は、厳しい審査に直面。
2010-07-10---チャールズ・テイラーの裁判で証言するナオミ・キャンベル。
2009-10-13---「sex slave(性的奴隷)」Webウェブサイトに関する事件を審理する最高裁判所。
2009-08-03---「東方神起」の契約は奴隷制度?
2007-10-25---Facebookのユーザー利用承諾条件に「奴隷契約」発見!?
2007-07-17---チョコレートで武器取引を開始した西アフリカ!
1952-06-02---エリザベス二世女王が戴冠した。
1948-12-10---国連総会で世界人権宣言採択。
1947-05-03---日本国憲法を施行。
1909-02-06---清朝政府は「奴婢」の所有・売買を禁止した。
1875-08-14---借金の抵当に「人身売買」を禁止。
1865-12-18---憲法で奴隷制度が最終的に廃止された。
1863-01-01---リンカーンが「奴隷解放宣言」をした。
1862-03-14---リンカーンの奴隷解放の手紙、完全生公開!
1856-10-08---「アロー号事件」で、清とイギリスの間に紛争が勃発した。
1852-03-21---中国人労働者の売買で、イギリス商船が福建省アモイ港を出港した。
1841-01-26---イギリス軍が香港占領、香港はイギリス統治下に置かれた。
1807-03-25---イギリス議会が奴隷の売買を撤廃した。
1801-04-02---戦艦HMS Elephant号のネルソン提督がデンマーク軍を破った。
1718-11-22---伝説の海賊「黒ひげ」が殺された。
1701-05-23---ウィリアム・キッドはロンドンで絞首刑にされた。
1701-05-08---ウィリアム・キッドが海賊として、有名になった。
1698-07-12---国営海賊船団5隻が、パナマに向けてリース港を出帆した。
1583-06-18---イギリスで最古の生命保険が誕生した。
1581-04-04---フランシス・ドレイクにエリザベス1世がナイトの称号を与えた。
1577-12-13---イギリス人のフランシス・ドレークが、プリマスから世界周航の旅に出向した。
1467-01-23---女奴隷の妊娠および出産保険か結ばれた。
1430-11-15---女奴隷の死亡危険が、ジェノヴァの市民と結ばれた。
1401-10-20---伝説の海賊シュテルテベーカーが斬首された。
1401-05-09---「女奴隷の貨物海上保険証券」が契約された。
1399-09-20---現存する世界最古の保険が契約された。


この記事をはてなブックマークに追加

海外からの対中投資、0.2%減。中国の対外投資、41.8%減。

2017-09-16 16:59:22 | 経済
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月15日に、中国商務省(中华人民共和国商务部)は2017年09月14日に、2017年01〜08月の中国へのFDI(外資による直接投資/Foreign Direct Investment)実行額が、前年同期比0.2%減の5,479億4,000万元(約9兆2,460億円)だったと発表した。

中国経済、只今減速中!

http://time-az.com/main/detail/61415

このうちサービス業への投資が3,815億9,000万元、製造業向け投資が1,582億9,000万元だった。製造業向けは前年同期比3.9%増加した。

主要投資元では香港、台湾、日本からの投資額がそれぞれ7.8%増、41.5%増、3.4%増となった。

同期に新設された外資企業数は10%増の2万389社だった。

中国の習近平(习近平/President Xi Jinping)政権が掲げる現代版シルクロード戦略「一帯一路」沿線国への投資は52カ国、計US$85億5,000万に上った。対外投資全体に占める割合は12.4%と、前年同期から4.3ポイント拡大している。

銀座から中国人が消えた!

2017-09-14---中国最大のBitcoin取引所は、 9月末で全取引業務の停止を発表!
2017-09-13---香港でも「一帯一路総商会」発足。
2017-09-12---中国史上最大のねずみ講事件「e租宝」で、幹部2人に終身刑判決!
2017-09-11---中国は、一時的に全てのバーチャル通貨の商業用交換を閉じた。
2017-09-11---Bitcoin急落の原因は、また中国。
2017-08-21---イギリスのケンブリッジ大学、天安門事件など論文300点を遮断した。
2017-08-21---中国で、海外でのカード利用報告義務開始。
2017-08-17---香港の「雨傘運動」学生指導者3人に禁錮刑、即日収監。
2017-08-16---蟻金融は、1000万人の日本ユーザー に提供する可能性がある。
2017-08-15---人民元、07月の新規貸出が3600億元に拡大。
2017-08-14---対中制裁へ、通商法301条調査を開始!
2017-08-13---訪日消費、主役は中国の爆買いから、ヨーロッパの体験ツアーへ!
2017-08-10---中国政府は、個人のモバイル現金転送を直接管理する。
2017-08-09---中国政府が、ゾンビ企業に「安楽死」の対応を強化。
2017-08-08---中国で、スマホ決済「2強」が激突!
2017-08-02---中国のIT大手の騰訊の人工知能、共産党を「堕落」「無能」と批判。
2017-07-30---中国の習近平国家主席は、支離滅裂?
2017-07-21---中国上半期の海外投資激減!


この記事をはてなブックマークに追加

探査機カッシーニ、土星から最後の画像!

2017-09-16 15:58:20 | 宇宙
毎日新聞は2017年09月15日に、NASAが2017年09月15日に日本時間同日夜に土星の大気層に突入し役目を終える無人探査機カッシーニ(Cassini)が最後に地球に送ってきた画像を公開したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61414

画像はカッシーニが土星突入軌道に入った2017年09月13日以降に撮影されたもので、間近で観測してきた美しい輪の姿や、カッシーニ自身の探査で生命が存在する可能性を突き止めたタイタン、エンセラダスの両衛星が写っている。

NASAの計画では、カッシーニは2017年09月15日午後7時半ごろ、土星の上空1915kmの大気層に時速11万3000kmのスピードで突っ込む。その際、通信用アンテナを地球方向に維持し、土星の大気成分を直接取り込んで得たデータを地球に届ける人類初のミッションに挑戦する。

約1分後に姿勢制御が不能となり、地上での電波受信は2017年09月15日午後8時55分ごろに途絶える予定されていた。

2017-09-15---無人探査機カッシーニ(Cassini)、15日に土星に突入!燃え尽きる。


この記事をはてなブックマークに追加

サムスン、次世代車技術の確保でファンドを立ち上げた。

2017-09-16 15:17:37 | 未来
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月15日に、サムスン電子(Samsung Electronics)がUGV(unmanned ground vehicle/autonomous car自動運転車)やつながる車コネクテッドカー(Connected Car)の技術力確保に乗り出すため、2017年09月14日に、US$3億(約331億円)規模のファンドを立ち上げ、創業間もないスタートアップや有望技術に初期投資すると発表した。

http://time-az.com/main/detail/61413

まずは、自動ブレーキなどのADAS(advanced driver assistance system/先進安全システム)を開発したTTTechにUS$7,500万を投資する。今後は、悪天候下での運転に対応できるアルゴリズムやAI(artificial intelligence/人工知能)と深層学習(deep learning/ディープラーニング)を基盤とする次世代センサーなどの部品開発も支援する。

サムスン電子はまた、傘下の米国の自動車部品メーカーのハーマン・インターナショナル(Harman International)との協力関係を強化するとした。ハーマンが年初に立ち上げた、自動運転システムの開発に取り組む専門部署と合同で、より安全でより賢いコネクテッドカー技術の開発に集中する。


この記事をはてなブックマークに追加

日本とインド、航空自由化で合意!

2017-09-16 14:44:11 | 観光
アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月15日に、日本の国土交通省は2017年09月14日に、インドと航空自由化(オープンスカイ/Open Sky)で合意したと発表した。

日本とインドの航空会社を対象に、両国のそれぞれ主要6空港への乗り入れ制限を撤廃した。

http://time-az.com/main/detail/61412

日本側は、成田、新千歳、関西、中部、広島、福岡の6空港をはじめ、羽田を除く全ての空港について事実上、乗り入れ制限を撤廃。

インド側は首都デリー(Delhi/ दिल्ली)、ムンバイ(Mumbai/मुंबई)、コルカタ(Kolkata/কলকাতা)、チェンナイ(Chennai/சென்னை)、ベンガルール(Bengaluru/ಬೆಂಗಳೂರು/バンガロール)、ハイデラバード(Hyderabad/హైదరాబాదు)の主要6空港の便数制限を撤廃。
その他の空港は、インドにおける国際便の受け入れ環境が進展した際に別途追加予定。

輸送実績
(日本企業、インド企業の旅客数)
2016年---33万3,000人(日: 25万2,000人、インド:8万1,000人)
2015年---29万6,000人(日: 22万3,000人、インド:7万3,000人)
2014年---28万7,000人(日: 22万4,000人、インド:6万3,000人)
2013年---25万7,000人(日: 20万8,000人、インド:4万9,000人)
2012年---17万5,000人(日: 11万4,000人、インド:6万1,000人)

南インドへの直行便も増えることだろう。

デリー(Delhi/ दिल्ली)の緯度、経度
28°36'36.0"N 77°13'48.0"E
または、
28.61, 77.23

ムンバイ(Mumbai/मुंबई)の緯度、経度
18°57'53.0"N 72°49'33.0"E
または、
18.964722, 72.825833

コルカタ(Kolkata/কলকাতা)の緯度、経度
22°34'11.0"N 88°22'11.0"E
または、
22.569722, 88.369722

チェンナイ(Chennai/சென்னை)の緯度、経度
13°05'24.0"N 80°16'12.0"E
または、
13.09, 80.27

ベンガルール(Bengaluru/ಬೆಂಗಳೂರು/バンガロール)の緯度、経度
12°58'12.0"N 77°33'36.0"E
または、
12.97, 77.56

ハイデラバード(Hyderabad/హైదరాబాదు)の緯度、経度
17°21'57.6"N 78°28'33.6"E
または、
17.366, 78.476


この記事をはてなブックマークに追加