世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

ネアンデルタール人の成長過程は、現生人類と類似!?

2017-09-24 11:39:06 | 超過去
もっとも、ネアンデルタール人に紙おむつは無かっただろうが!

AFPは2017年09月22日に、スペインで発見された初期人類ネアンデルタール(Neanderthal)人の少年の頭蓋骨の分析で、その成長パターンが現生人類の少年と酷似していたことを示唆する結果が得られた。

その研究論文が2017年09月21日に、発表された。

http://time-az.com/main/detail/61518

絶滅したヒト属の一種ネアンデルタール人が現生人類と似た特徴を持っていたことを示す新たな証拠となる。

この希少なネアンデルタール人の子どもの部分骨格は、成人7人と若者5人の骨の化石とともにスペイン・エルシドロン(El Sidron)にある4万9000年前の考古学的遺跡で発見された。

米国の科学誌サイエンス(Science)に発表された研究論文によると、「El Sidron J1」として知られるこの7.7歳の少年に関する今回の研究は、この地域から発見された若年のネアンデルタール人に対する初の学術調査だという。

論文の共同執筆者で、スペイン国立自然科学博物館(National Museum of Natural Sciences)古人類学研究グループに所属するルイス・リオス(Luis Rios)は、記者会見で「このネアンデルタール人で確認されるのは、全体的な成長パターンが現生人類に非常によく似ていることだ」と語ったと伝えている。

このネアンデルタール人の少年がどのようにして死に至ったかは謎であった。

体重26kg、身長1.11mのこの少年は「頑健」で、病気の兆候はみられなかったと研究チームは説明している。

少年の骨には発見地の洞窟にあった他の骨と同じ「痕跡」が残されていた。これまでの別の研究では、ここで食人行為が広く行われていたことが示唆されていた。

しかし、論文の共同執筆者のアントニオ・ローザス(Antonio Rosas)は、AFPの取材に「少年の骨には痕跡がいくつかあるが、死因までは分からない」と話している。

そういえば、A.Word.A.Dayというサイトで、ネアンデルタール(Neanderthal)の由来を解説したことがあった。


この記事をはてなブックマークに追加

ルクソールで、古代エジプトの金細工職人の墓発見。

2017-09-10 22:37:58 | 超過去
AFPは2017年09月10日に、エジプト考古省は2017年09月09日に、古代の神殿や墓が集中する南部ルクソール(Luxor)で、アモン神(Amun)に仕えた金細工職人の墓を発見し、女性1人とその子ども2人のミイラも見つかったと発表した。

http://time-az.com/main/detail/61344

墓は約3,500年前、新王国(New Kingdom/紀元前16世紀〜11世紀)時代のもので、ルクソールのナイル(Nile)川西岸のドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地で発見された。

墓碑銘には「アモン神の金細工職人、アメンエムハト(Amenemhat)」と記され、墓内部には職人が妻と並んで座っている像があり、その間には2人の息子の肖像が描かれているという。

そう言えば、ルクソールの対岸、王家の墓から一山超えたところで、ビール職人の墓を見たが、質素だが職人の仕事が絵で解説されていた。

ドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地の緯度、経度
25°43'15.6"N 32°43'21.3"E


この記事をはてなブックマークに追加

コロラド州の工事現場で、トリケラトプスの化石を発見!

2017-09-03 11:45:59 | 超過去
AFPとArtDailyは2017年09月01日に、米国のコロラド(Colorado)州ソーントン(Thornton)のQuebec St & 132nd Aveにある工事現場で今週、約6600万年前のトリケラトプスの化石が見つかったと報告した。

コロラド州といえば、マリファナを解禁したはずである。

化石が見つかったのは、デンバー(Denver)北方に位置するソーントンの新しい消防および警察署の建物の建設予定地だった。

http://time-az.com/main/detail/61243

デンバー自然科学博物館(Denver Museum of Nature and Science)の学芸員は2017年08月30日、見つかった化石が小さな個体のものであると、Facebook Liveを通じて現場から語った。

化石の大きさは、モンタナ(Montana)、ノースダコタ(North Dakota)、サウスダコタ(South Dakota)の各州から見つかったトリケラトプスの約半分だという。その理由は分かっていない。

発掘作業は、今後数週間にわたって行われる。
化石はデンバー自然科学博物館に展示される予定だという。

コロラド州は、スキーと、マリファナと古代化石の観光資源を手にいれた。

米国のコロラド(Colorado)州ソーントン(Thornton)のQuebec St & 132nd Aveにある工事現場の緯度、経度
39°56'8.95"N 104°54'10.86"W

デンバー自然科学博物館(Denver Museum of Nature and Science)の緯度、経度
39°44'51.0"N 104°56'33.0"W
または、
39.7475, -104.9425


この記事をはてなブックマークに追加

古代のヒゲクジラ類、肉食動物のような鋭利な歯があった。

2017-08-31 15:30:53 | 超過去
AFPは2017年08月30日に、ヒゲクジラ類は古代、肉食動物のライオンのように極めて鋭い歯を持っていたとする論文が2017年08月30日に、イギリス王立協会(Royal Society)の専門誌「バイオロジー・レターズ(Biology Letters)」に発表されたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61207

温和な大型哺乳類として知られる現代のヒゲクジラ類と同じく、かつて歯は餌をろ過して摂食するのに使われていたという定説を覆す発見だと、論文を発表したオーストラリアの研究チームは述べている。

オーストラリアのミュージアム・ビクトリア(Museums Victoria)とモナシュ大学(Monash University)の古生物学者チームは、化石となったヒゲクジラ類と、世界中で標本を収集された現生するヒゲクジラ類を基に、3Dスキャナーによって歯型をデジタルで再現した。すると、ミナミセミクジラやシロナガスクジラの祖先とされる古代のヒゲクジラ類は、現在のヒゲクジラ類と違い、非常に鋭い歯を持っていたことが分かったという。

ミュージアム・ビクトリア脊椎動物古生物学部門の上級学芸員、エリック・フィッツジェラルド(Erich Fitzgerald)は、「古代のヒゲクジラ類には、獲物の肉をかみ切るという機能を備えた極めて鋭い歯があったことを示す初めての研究結果」だと主張した。

「多くの人々が信じてきた定説とは異なり、ヒゲクジラ類の歯は『こし器』として使われていたわけではなく、おそらく歯が消失してしまった後で、ヒゲクジラ類特有のろ過技術が発達していった。」と説明している。


この記事をはてなブックマークに追加

チレサウルスは、恐竜進化の「ミッシングリンク(失われた環)」か?

2017-08-19 15:00:12 | 超過去
AFPは2017年08月18日に、チリ南部で13年前に、体の輪郭が肉食恐竜ベロキラプトルによく似た風変わりな草食恐竜「チレサウルス(Chilesaurus)」の化石が発掘された。
この風変わりな草食恐竜は、恐竜の進化の「ミッシングリンク(失われた環/missing-link)」だとする研究結果が2017年08月16日に、発表されたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61042

イギリス王立協会(Royal Society)の専門誌「バイオロジー・レターズ(Biology Letters)」に掲載された論文によると、カンガルーほどの大きさのこの恐竜「チレサウルス」の分類を再評価した今回の研究は、今年発表された新説を補強するものだという。

この新説は、長年支持されている恐竜の分類法を書き換える可能性があるとされる。

論文の共同執筆者で、イギリス古生物学会(Palaeontographical Society)の会長を務めるイギリス自然史博物館(Natural History Museum)の研究者ポール・バレット(Paul Barrett)は「チレサウルスが、恐竜の2つの大分類間にある進化の隙間を埋める助けになるのは間違いない.」と話している。

ポール・バレットとイギリスのケンブリッジ大学(University of Cambridge)のマシュー・バロン(Matthew Baron)は、チレサウルスが恐竜の系統樹のどこに位置づけられるかを確認するために、初期の恐竜の解剖学的特徴を450点以上分析した。そして分析結果は、直観を裏づけるものだった。

「チレサウルスは、草食性の奇妙な初期の獣脚竜ではなく、鳥盤類から分岐した奇妙な草食動物だったことが明確になった」とポール・バレットは述べた。

恐竜が最初に登場したのは約2億2800万年前。
その恐竜の時代の到来からそれほど経っていない約2億2500万年前には、鳥盤類と獣脚類が共通の祖先を持っていたとする説を、今回の最新研究結果は後押ししていると紹介した。

イギリスの2人の権威者が公開した論文は、たとえ間違っていても、正しいことになる。

昔から、こんなことに、何度遭遇したことか!

2015-04-28---草食性のT・レックス?


この記事をはてなブックマークに追加

藻の大発生が、多細胞動物の出現を後押し!?

2017-08-18 11:35:53 | 超過去
AFPは2017年08月17日に、地球上の生命の進化が30億年近くの間、単細胞の段階でほぼ足踏み状態を続けていた結果、海の中は細菌類で満ちあふれることとなった。

だがその後、赤道付近の海でも厚さ2kmに及ぶ氷が張っていた地球の全球凍結が約6億5000万年前に融解したことで、藻類が爆発的に増加し、すべての状況が一変したとする研究論文が2017年08月16日ni、発表されたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/61028

イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文の主執筆者で、ANU(Australian National University/オーストラリア国立大学)のヨッヘン・ブロックス(Jochen Brocks)教授によると、氷河が海に向けて滑り落ちる際に栄養物が山腹からはぎ取られ、それを摂取した「より大きな藻類が(それまでの)微小な細菌類に取って代わった」のだという。

フランスのパリ(Paris)で開催のIGC(International Geochemistry Conference/国際地球化学会議)への出席中にAFPの取材に応じたブロックス教授は、「これらの藻類は食物網の基盤を根本的に変えた。藻類がいなければ、人間は今日ここに存在していなかっただろう」と語った。

ブロックス教授は国際地球化学会議で今回の研究成果を発表した。

動物が地球上に初めて登場した時期とその要因は、科学における重大で最も手強い謎の一つとなっている。


この記事をはてなブックマークに追加

ジュラ紀に生息していたワニに、イギリスのバンドから「レミーのワニ」と命名。

2017-08-10 17:45:26 | 超過去
AFPは2017年08月09日に、音楽好きのイギリス科学者チームが2017年08月09日に、ジュラ紀の海に生息していたワニを、イギリスの伝説的ヘビーメタルバンド「モーターヘッド(Motorhead)」のリーダーで、2015年に死去した「レミー(Lemmy)」ことイアン・キルミスター(Ian Kilmister)にちなみ「Lemmysuchus(レミスクス)」と命名したことを明らかにしたと報告した。

なぜか、ドイツの一流雑誌や新聞が、この情報を取り上げている。

http://time-az.com/main/detail/60927

ラテン語で「レミーのワニ」と名付けられたこのワニは、体長約5.8mで頭蓋骨は1m以上に達したと考えられている。既に絶滅し、今日のイリエワニ(入江鰐/Crocodylus porosus)に似ているが、その関係は遠縁でしかない。

イギリスのロンドン(London)の自然史博物館(Natural History Museum)の研究者らは「当時、海辺にいた最大級の捕食動物だったと思われる」としている。

The Linnean Society of London, Zoological Journal of the Linnean Societyによれば、「レミスクス」の化石は20世紀初頭1909年にイングランド(England)のピーターバラ(Peterborough)で発掘されていたが、最近の再調査で、同じくこの地域から見つかった、やはり海に生息していた別のワニとひとくくりにされていたことが明らかになった。そして、「レミスクス」が固有のグループに属していることが分かり、新しい学名が必要になったのだという。


この記事をはてなブックマークに追加

考古学者はイスラエルのガラリア湖の近くで使徒ピエトロの生誕の地を特定。

2017-08-08 21:28:12 | 超過去
ArtDailyは2017年08月08日に、イスラエルの北部ガラリア湖(Sea of Galilee)の近くの考古学の発掘サイトで、聖ピエトロ(Saint Peter)の家があった聖書に登場する村の場所を2017年08月06日に特定したと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60905

ティベリアス湖(Lake Tiberias)の緯度、経度
32°49'27.96"N,35°35'16.79"E

2015-12-14---イエス・キリストは西洋人ではない。これが真実の顔?
2015-01-28---頭蓋骨発見で、初期人間とネアンデルタールの異種セックス交配を示唆。
2012-09-21---テーマパークで、ロバとWi-Fiルーターが適合!
2012-01-21---世界で最も高価なレモンを育てることの意味と真実!
2004-05-05---イスラエルのガリラヤ湖岸で、BC2万1,000年頃食料に大麦っを使用。


この記事をはてなブックマークに追加

エルサレムのバビロニアによる破壊の証拠を、ダビデの町で見つけた!

2017-07-27 18:11:15 | 超過去
ArtDailyは2017年7月26日に、エルサレム旧市街の近く、ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park near Jerusalem's Old City)のサイトで、発掘プロジェクトのディレクターであるIAA(the Israel Antiquities Authorityイスラエル古代遺跡権限)のジョー・ウジール(Joe Uziel)は、陶器でできた数個の頭を発掘し、最近バビロニア人によるエルサレムの破壊の証拠として、確実にしたと報告した。

http://time-az.com/main/detail/60756

2,600年より前まで遡る時代になっている構造は、炭化した木材、ブドウの種、陶器、魚の鱗、骨、穀物や液体を保管するのに役立った数十の保存用壷を含むユニークで、まれな人工物などの多くの発見を明らかにしている石の崩壊したレイヤーによりすっぽり覆われた後に発掘された。

このことは、聖書にも登場し、レバノンなどで多く語られて来たとことである。

歴史的に語られ、まだ発掘されていないものが、無数にある。
そのどれも、見つかれば大発見になる!

ここからレバノンのトリポリまでは、戦場であった。

ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park)の緯度、経度
31°46'25.0"N 35°14'08.0"E
または。
31.773611, 35.235556


この記事をはてなブックマークに追加

羽毛恐竜の抱卵温度は、ニワトリと同程度。

2017-06-30 10:36:57 | 超過去
AFPは2017年06月29日に、オウムに似たくちばしを持つ二足歩行の羽毛恐竜に、現生鳥類と共通の特徴がもう一つあったとする研究論文が2017年06月28日に発表され、この羽毛恐竜は卵を抱き、ニワトリと同じくらいの温度に温めていたという。

http://time-az.com/main/detail/60399

学術誌「古生物学(Palaeontology)」に掲載された論文によると、ダチョウほどの大きさのこの恐竜は、鳥類の祖先とされる獣脚類のオビラプトル(Oviraptorosaur)で、卵をふ化させるために35〜40度に温めていた。これは、現代のニワトリの37.5度と同程度だという。

中国とフランスの研究チームは、中国の江西州、白亜紀後期の南雄構成(the Upper Cretaceous Nanxiong Formation of Jiangxi Province, China)で発掘された約1億年〜6600万年前の白亜紀後期に生息していたオビラプトルの卵7個の殻と胚の骨の酸素原子を測定し、分析した。

卵を土に埋めて温めていた恐竜や、腐敗が進むと熱を発する植物でできた巣に卵を入れる恐竜がいたことは、これまで見つかった化石から証拠として示されている。

しかし、こんなに多くの卵の化石が見つかると、卵を温めていた親は、死を覚悟していたのかもしれない。

2017-05-09---巨大なオビラプトロサウルス類の新種、中国で発見!
2015-04-21---中国の都市建設作業員により発見された数十の恐竜の卵。


この記事をはてなブックマークに追加