京田辺市「個別指導塾 時習館」代表の日記

『やる気を育て、生徒全員の成績アップ!』
『南陽・城南菱創を目指す!』
京田辺市の個別指導型進学塾。

『書き写し』その後

2015-08-01 19:24:24 | 塾について
小学生は5月から『書き写し』を始めてから、3ヶ月がたちました。
名文名作を書き写し、先生が読むのをよく聞いてから、自分で音読して、
文の意味を一緒に考えるというものです。国語が苦手という男子などは
どうなることかと思いましたが、いざやってみると『書き写し』には
集中して取り組むことができています。

本当は生徒たちに話したいことは山ほどありますが、なんの脈絡もなく
突然に重い話はしにくいものです。しかし、吉田松陰の文に触れながら
であれば「人のためになることとはどういうことだろう」と一緒に考える
ことができます。そんなことで、この『書き写し』を始めてから大切な
話をするきっかけとしても意味がありました。今後も生徒たちとどんどん
重い話をしていけたらと考えています。そして、重い話にも向き合える
生徒になってもらいたいと願います。

これまで扱った作品は、
『学而時習之』論語/孔子…時習館の由来、タイミングよく復習すること
『善の善たるは…』講孟余話/吉田松陰…書を読む心構えについて
『志とは』講孟余話/吉田松陰…志とは人のためになることである
『雨ニモマケズ』宮沢賢治…迫害を受けながらも人としての道を生きる
『蜘蛛の糸』芥川龍之介…独特の敬体、ございます体を味わう
『学問のすゝめ』福沢諭吉…世の中が平等ではない、ならばどうするか
『君死にたまふことなかれ』与謝野晶子…日露戦争に出兵した弟へ

今後は夏目漱石などの名作を予定していますが、他にも検討している
ところです。何ヶ月にも渡って書く長編もいいですし、歌にも範囲を
広げるのもいいなと考えています。ただ、ポップにも広げるとキリが
なくなるので、やるなら以下のような定番曲や民謡中心でしょうか。
『アンパンマンのマーチ』
『生きてる生きてく』福山雅治
『てぃんさぐぬ花』沖縄民謡

また、これまで取り組んだ作品は3-4年には少し難しいので、3-4年に
合ったメニューも別に考えておかなければなりませんね。
しかし、このハイテク(死語か?)の時代に、名文名作をノートに書いて
読んで意味を先生と話し合うということ、今の時代だからこそ一層価値
あることだと信じています。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暗記特訓の合間にお茶の話 | トップ | 舞鶴2015 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。