京田辺市「個別指導塾 時習館」代表の日記

『やる気を育て、生徒全員の成績アップ!』
『南陽・城南菱創を目指す!』
京田辺市の個別指導型進学塾。

頑張っているのに本来の目的を忘れていないか

2016-10-18 23:50:12 | 勉強法
姉から勝尾寺の『勝ちだるま飴』をもらったので、受験生に配りました。
勝尾寺とは、勝ち運の寺として有名な大阪府箕面市にある由緒ある寺です。

さて、中学生は定期テストも終わり続々と結果が判明しているのですが、
素晴らしい成績だった生徒、思うように点を取れなかった生徒もいます。
そこで振り返ってもらいたいのは、勉強をしていたときの気持ちについて。
テスト勉強に限りませんが、いつ何をどれだけどのようにするかというのは
重要なことなのですが、一番大切なのは何のためにやっているかということ。
・一生懸命問題を解きながらも「これさえ終われば勉強から解放される」と
 いう想いでやっている。
・一生懸命問題を解きながらも、解き終わった達成感に浸り十分に見直しが
 できていない。
・ノートをまとめながら、時間を忘れて美しいノート作りに専念している。
など。
勉強はしているのに、肝心の「テストで目標点をとる」「成績を伸ばす」と
いうことからズレたところへ意識がいってしまうと、結果につながらない
可能性が高くなってきます。今やっていることは「点数を伸ばすため」だと
いうことを忘れないで勉強したいものですね。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第7回 京都山城進学個別相談会 | トップ | 田辺中 合唱コンクール 2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。