三枝草日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

落語マンス

2017-05-20 15:37:17 | ブログ

 何時の間にか綺麗なつつじに彩られた季節も過ぎ、新緑が眩しい頃となった。初夏の陽気が続いているが湿度が比較的低いので過ごしやすい。先日は大阪森ノ宮ピロティホールで開催されたPRESENTS TSURUBE BANASHI 2017公演に行って来た。NHK「鶴瓶の家族に乾杯」のエピソードを織り交ぜた独演会であった。休憩なしで2時間ぶっ通しのトークで観客を引き付け、笑いを誘う話術は流石である。   今月は林家染太、桂文枝、笑福亭鶴瓶の落語やトークで、さながら落語マンスとなった。文枝、鶴瓶は上方落語協会の正副会長職にある上方落語界の重鎮であり、テレビ等でも大活躍中の人気者である。"笑い”が心や体に良いということは医学的に実証されつつあり、最近では病気の 予防や治療においても注目されている。落語や漫才による「笑い」ががん患者の免疫力や生活の質の向上につながるかを探る研究が大阪国際がんセンターでも始まったようだ。18日には病院内でがん患者や医療従事者が参加して桂文枝さんが落語を披露し、NHKニュース7でも放映された。当日は少し早めに大阪に行き、阪急メンズ館や百貨店でウィンドウショッピングを楽しんだ後ポンティベッキオルクアで夕食をし会場へ向かった。リーズナブルな値段で6品くらい出てきて腹いっぱいになった。本物へこだわり、「真っ赤なナポリ式薪窯」で焼くピッツァもパスタも他の料理も、一切妥協がないのは他のポンテベッキオと同じで、イタリアンの定番料理、旬の素材を使った料理の数々を、カジュアルに楽めて美味しい。ポンティベッキオ梅田には少し前に行ったので、今度は北浜の本店にも行ってみたいものだ。

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金婚式 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。