必読!人生を豊かに生きる!あんな人達のこんな日々

年齢の壁を乗り越え常識を打ち破る!新感覚の若さを手に入れた者達の日々を綴る。
そこに浮かび上がる自成道とは!

出来なくなるレベルへ進む

2017-06-18 20:30:18 | 前進あるのみ!JISEIのKEN
爆発的な打ち方で打突しようとすると、身体の内部から生まれる力を使うので、

動き出しでいきなり打突をすることが可能になり、打突対象との間に距離を必要としません。

これが出来ることの戦いでの優位性については既に述べましたが、

これができる為には身体の内部の力を高めることとそれを外へ発する感覚を掴むことが必要で、

それがないうちは例えばミット打ちのような稽古もあまり手応えを感じられず不完全燃焼に終わってしまうかもしれません。

それに対してオーソドックスな打ち方は、自由に伸び伸びと打てるのでミットの音も心地よく響き、

爽快で満足感を得られる稽古が出来ます。

だから、いくら頭では稽古すべき打ち方が分かっていたとしても、つい体の方がやり易い動きをしようとしてしまいます。

この爆発的な打ち方を体得するための正しいスタート地点に立つ、

つまり、分かっていないが故に出来てしまうレベルから、分かったことによって出来なくなるというレベルに進むには、

この「つい動いてしまう」自分と向き合いそれを抑制するということが厳密に出来なくてはなりません。

オーソドックスな打ち方と爆発的な打ち方の違いについては既に触れました。

一つの動作に対して二つの異なる身体使いがあり、そのうちの一つが出来ないということは、

その筋肉操作のパターンがまだ自分の身体の中に感覚として構築されていないということです。

馴染みのある筋肉操作のパターンを使い続けていたら、いつまで経っても新しいパターンが開発されません 。

これを封印するから「出来なくなる」わけです。

そしてそれは次の段階に進むことを意味します。

いずれにしてもある意味の忍耐を要することは間違いありません。

つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武道的稽古のもう一つの三段... | トップ | 打突の質 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

前進あるのみ!JISEIのKEN」カテゴリの最新記事