必読!人生を豊かに生きる!あんな人達のこんな日々

年齢の壁を乗り越え常識を打ち破る!新感覚の若さを手に入れた者達の日々を綴る。
そこに浮かび上がる自成道とは!

サップに挑戦(その2) (マダム J vol.27)

2016-10-17 08:34:42 | マダム J が語る「美容と武道」のいい関係
前回は、サップというマリン・スポーツに初挑戦したきっかけについて書きましたが、今回はそのレポートです。(わくわく)

インストラクターの方は背中に「ゴミは持ち帰りましょう!」というメッセージ入りTシャツを着た頼りがいのある男性でした。

まずはその方に道具の使い方や注意事項を聞き、さぁ、海へ(早い…)。

最初はボードの上に膝立ちになりパドルを使う練習をしばらくします。これは楽勝~

さぁ、いよいよ、ボードに立ちますよ!自慢の(?)体幹はうまく使えるのか…

う、なんだかフラフラするけど全神経を体幹に集中し、普段電車の中で鍛えている足指君の力(ブログvol.19参照)も総動員して…お、段々慣れてきたかも~

ということで、気がついたらかなりの距離をクルーズしていました。

そして、あら、周りはいい感じの夕焼け空。ボードの上に寝っころがってリラックス~zzz

道場で稽古している体使いがいろいろなスポーツでも応用して使えることを実感した瞬間でもありました。

たまには道場を離れて、いろいろなことに挑戦してみるのも楽しくて、よい勉強になりますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「わかる」から「できる」へ... | トップ | 老いてなお強しの意識 その2  »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひー)
2016-11-02 00:02:07
タイトル、やっぱりボブサップだと思いました。
写真、とてもキレイですね!パンフレットで使えそう。
Unknown (マダムJ)
2016-11-08 09:51:05
コメントありがとうございます〜
写真はインストラクターの彼(通称:サップのあんちゃん)の腕がよかったんですね。
サップは元々サーフィンの様子を撮影する方法として生まれたらしいですよ。
Unknown (カズ)
2016-11-11 00:23:13
奥の人、レレレのおじさんに見えますね。笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。