悪性脳腫瘍に対するレーザー治療

悪性脳腫瘍で苦しんでおられる患者様、および御家族に、私が開発したレーザー治療の有効性、安全性を紹介します。

日本脳神経外科コングレス

2017-05-17 00:56:52 | 日記
5月12日、パシフィコ横浜にて開催されている第37回日本脳神経外科コングレスにおいてPDTの講演をさせていただく機会を得ました。ランチョンセミナーにおける30分間の講演ですが、会場には座席が無くなるくらい、多くの先生方が臨席していただけました。PDT開発の経緯、3年の臨床経験から感じた課題とその対策、国内・海外でのPDTの趨勢そして、今後の展望などにつき、話させていただきました。いくつかの貴重な質問もいただき、今後の糧としていきたいと思います。前日に行われたPDTの講習会にも、46名もの脳外科医が参加してくれました。これで、国内では100施設、170名もの脳神経外科医師がPDTを施行し得る資格を持っていることとなりました。現在は国内15施設のみがPDTを行なっています。いつかこの100施設で行われる様になる日を夢見ています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発性悪性脳腫瘍に対するPDT... | トップ | IPA2017 in Coimbra »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。