Peanut scale.....fly above the rest!

伝説のピーナッツ・スケール
原始的?もしかしてハイテク?な、ゴム動力スケールモデル

真面目にLederlin 380L"Flying Flea" 再開編 No.14

2017-07-13 | PEANUT SCALE MODELS

怒涛の勢いは何処へ・・・

ハイ、2週間近く家を空けちゃったんです、「プチ家出」です、帰ってきましたが。





どう考えてもテールヘビー、この体型で前翼の中央付近に重心持ってくるなんて・・・
ペラを少しばかり前に出してもそれじゃ追いつかない。スピンナーの中も空洞にし、散弾流し込める手配をしてプロペラを取り付けます。





一体どの程度のスラストを付けるべきなのか?左か右か?わからない事ばかり。2枚の翼の角差と重心位置が良さげなところでつりあい、そこに適度なパワーをかけてやればだましだまし飛ぶはず・・・いやだましてはいけない!こんなに胴体が短かいと恐らく敏感なんでしょうね。





まあ、現場で自由にスラスト変え放題できるようには作りましたヨ。触らなくて飛んだら凄いことなんでしょうが、無理だね!


これで一応完成。もう残った仕事も無いから記念写真撮ってこのプーちゃんともお別れです。


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真面目にLederlin 380L"Flyin... | TOP |   
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。