Peanut scale.....fly above the rest!

伝説のピーナッツ・スケール
原始的?もしかしてハイテク?な、ゴム動力スケールモデル

OL' IRONSIDES no.21

2018-02-18 | PEANUT SCALE MODELS


プロペラはかなり頑丈に作ってもノーズヘビーにはならないけどそれじゃ重くなる・・・
出来ることなら「ゼロ」が理想ですが、それじゃテールヘビー・・・

そして「結界門は6.5グラムにしよう!」と勝手に決める。
0.5グラムの肥満を認めるわけであります。





そんなわけで2種類のバルサから切り出してブレードを作ります。フカフカのバルサとちょっと腰のあるバルサ、通常は後者ですが今回は壁に当たってたとえ壊れても軽い方を選ぶのであります、それが使えそうなら。でも毎回割れてちゃ話にならないからその時は取り替えましょう。





裏側だけ紙貼りの終わった状態でこんなもん、これにサインペンで薄く色づけして見栄え良ければこれで行きます。





2種類のペラが完成しました。重量差は僅かですがそれでも軽い方を選びます。そしてスピンナーを作ったらいよいよ完成ですね、長かったような、長かったような・・・ダラダラと長かったのは事実、それでも挫折しないで作りきることが出来て一安心です。ま、飛ばすのは不安ですけどね。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.20

2018-02-14 | PEANUT SCALE MODELS

誤算その2・・・ランディングギア

0.4mmのピアノ線だけで支えている機体はちょっと不安、6グラムの負荷を支えるにはそれなりの処置を施さないと傾きそう・・・


実機はグラスのモールドで作られ頑丈そう、どこかしら色もそんな感じの繊維が薄く見えています。黒に見えますが実際には透けて茶色のグラス繊維がほのかに見えています、さ~これをど~するか?





横目のバルサじゃ曲げやすいけど剛性はおろかショックにもポロッと行きそうですから、ここはハードな縦目で貧弱なピアノ線を助けることに。それならばプロペラ・ブレードに使ってる腰のあるブツを水で濡らし曲げながら乾燥させます。





見た目をそれなりに似せるのならばこんなデカールを貼ってから半透明の塗料でカバーするのもアリでしょうが、デカールじゃ衝撃でピシッと割れる恐れがあります。それにグラスの雰囲気とはちょっと違うケブラーだし・・・ 
結局使わないことにして他の手を。ならば黒と茶色を微妙に混ぜてそれらしく?
こんなところで凝っていると誤算が本当の誤算になりそうですが、「乗りかかった飛行機」。





乾燥したら思ったようなカーブがつきましたぜ、しかもかなり頑丈!押さえてもちゃんと元に戻るまるで板バネの様、重いけどコレで行きます。





雰囲気はこんな感じ、これにクリアー塗ったらまずは合格。
でもあまりテカテカにしたくないし・・・ってことで、タミヤの力を借りてファンデーション攻撃、行けるんじゃね?





光の当たり具合でそこそこ実機らしくなりましたね、良かった。

そして恐る恐る主翼を取り付け、支柱を取り付け、尾翼を取り付けたら、が~~~~ん・・・





まだペラ無いし! どーするよ?

ここでノーズの内側に接着しないまま残してあるストリンガー8本、製作中はかなり力を入れて持つので怖くて外せなかったんですが、取り除きます。

でもどーやって?ノーズ・ソケットからカッターナイフの刃を小さく折ったものを瞬間で竹串に挟みそれを手で掴んで中で回す、当然リスクあり。

ピンセットでむしり取ることも出来ないことは無いけどそれも恐ろしや、表面のプランクが紙と一緒に取れちゃったら立ち直れないし。


そして他に思いつかず強行しました。んが、結果オーライ・・・

もう一度ソケットの裏側も削れる所は削ってね。
しかしそれだけやっても5.8グラムってこの苦労は何?


そして最後のプロペラに! どう考えても0.2グラムじゃ無理でしょ!!!!!


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.19

2018-02-11 | PEANUT SCALE MODELS


誤算その1
「ダッシュ・ボードとインパネが、無いと胴体がらんどう!」よ。

それでは3作目のブツ・・・ ちなみに4作目が一番軽かったけど質感の問題、見栄えが良くないのでボツ。その重量誤差は頑張れば超えられる範囲と思う、飛ばすまでわからない、あとで後悔するかも?





もう出来てしまって塗装も終わっている胴体に押し込むので当然現物合わせ。コピー紙にサイズを書き込んで切り取り胴体幅に合わせてみます。外寸が決まればそれに合わせてバルサで本番、0.2mmのシートだけじゃとっても無理なのでアウトラインは0.8mの角材で自立するようにします。





シートはもうサンディング出来ない状態、だから角材を細くしますが無駄な努力かも、それでも気分だけは軽くなる、それが必要。





インパネはもうその辺のメーターをらしく貼りつけてそれらしく、中央を通るゴムが心配だけど取り付けてから考えよう。





外皮はブラシ塗装で作ってあるマットブラック専用紙、これ以外の紙はみんなボツ、これ見たらもう他はありえない。ここでサインペンの黒なんか塗って済ませたら後から後悔しきり発狂するかも・・・ちょっとオーバーですがこれが3作目に決めちゃった理由(わけ)。





これなら気分を害さないし、そんなに目立たず存在感もそこそこあり、あともう少し、この上にもう一つ子亀あります。





子亀を乗せたら見えなくなった部分は切り取ります。





子亀にもデカール貼って完成。





排気管も取り付けます、ストローです、横から見た時ちょっと目立ちます、ウエザリングはしませんから焼けてません。





窓ガラス取り付けます、極薄フィルムの必要あり、そうしないと面積広いのでかなり不利、限界まで薄くします。サイズが合ったらテープで動かないように仮止め、ピンセットでめくりポイント接着、側面で接着したのは6ケ所、周りは紙でマスキング。




ガラスが入ると何故か安心感、これで住める!

フロントガラスには燃料給油口を取り付けます。外側からだけじゃなく内側にもパイプが必要、これは紙粘土細工で。


誤算その2へ・・・・まだ続く苦難の重量増、あっ、あーーっ!




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.18

2018-02-07 | PEANUT SCALE MODELS

面倒なのは胴体だけ、これが済めばあとはスイスイ

翼はスイスイ! 捩り下げだけをチェックしながら狂わないように。
少し面倒といえば濃いブルーの翼端模様くらい、これはちょっと練習してから貼り付けないと思い通りに行きませぬ、想像と違う展開になりましたが目をつぶろう。





ブルーのトリムを貼り込んでからも念入りに調整しながら乾燥させます、これをしたからって一度湿気を吸ったら又狂うことはあるんでしょうが、雨の中で飛ばすわけじゃないし、その誤差は少なくなるはずです、あくまでも願望・・・





そしてこの紙貼り作業が終わったところで、大きな誤算。ダッシュ・パネル作ってねーし! 重くなるけど、要る? そりゃ要るだろっ!


そして計4つ作る羽目に、救いといえば少しずつ軽くなっていったことくらい、でもゼロじゃない! 計算に入ってなかったこの重さ。





この状況を見ながら放心状態・・・



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.17

2018-01-31 | PEANUT SCALE MODELS


紙を貼った後の方がなんだか軽く感じます、何故だろう? 錯覚なんでしょうね、きっと・・・





つつがなく紙貼りが終わったらブラシ始めます。この作業いつも準備が大変です、専用の塗装ブースがあれば宜しいのですが、特に寒いこの時期は家の中ですべてを賄う事になります。我が家は24時間換気システムが作動していますからいつも負圧、それに加えてあの賑やかな(喧しい?)クレオスの卓上塗装ブースを回すとどうしても窓を少しだけ開けないと・・・すると寒い!





換気には注意していますが、他人からみればこれはぷちシンナー遊びなんでしょうね。


ブラシの準備する、換気の準備する、塗料の調色、そこそこのマスキングなどなど、ダラダラと準備ができたら一気に始めます。途中で何かトラブル起きたら・・・なんて考えないで。薄いブルーはマスキングしたらダイレクトに、濃いブルーは別の紙に吹いておきます。
ここまで30分、後片付けに1時間!乾燥途中にも臭うので機体は箱に入れて部屋の外に放置(隣人が迷惑)





白はかなり薄く吹きました。塗料の濃度で調整するのは苦手です、どちらかといえば薄いのを数回吹く感じ、調子に乗って吹くと舞妓さんの肌みたいになりますから、濃くなり過ぎたら一度シンナーで拭き取り再度チャレンジ。





面倒なのは胴体だけ、これが済めばあとはスイスイ・・・かな?



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.16

2018-01-28 | PEANUT SCALE MODELS

いよいよ格闘!
紙を貼るにしても最近はプレシュリンクされ、薄いドープで表面のケバを取り、ヒノキのフレームで乾燥放置されたものを使っていますが、今回は嬉しいことに準備万端。予備を含めてA4サイズが4,5枚もあればたとえ失敗したとしても大丈夫、コレがプリンター出力となるとかなり歩留まりが悪くてインクがかすれたり紙が詰まったり、綺麗に印刷できたと思えばちょっと色が違う感じ・・・ まあ、そんな繰り返していつも8枚くらいは準備しないと心配なんですね。コピー紙にテスト印刷しても実際にドープを塗った上に印刷すると吸い込みが悪くて色目が薄くなったり色ムラが出来たりでかなり厄介です。
モニター上の色がそのまま印刷したら思い通りの色で出てくることは非常に稀であります。ま、それに比べれば準備の手間は増えるけどブラシで一発勝負の方が精神衛生上よろしいかも? この季節、非力なエアコンでせっかく温めたのに換気で窓開けると寒いから、この作業はシンナーで気分がちょっとハイになれます。





主翼からスプレーボンドで貼ります。紙の重ね貼りには最近使わなくなりましたが、その反対に骨組みなんかではアクアピットと併用で良く使うようになりました。必要箇所だけに吹きますからマスキングは面倒ですが、慣れてしまえばテイッシュ1枚で細工できます。





捩り下げは翼端部分に数ミリのバルサを敷いて乾燥させます。コレを何故一番最初にするのか? 理由は永いおつきあい・・・なんですね、この上に数日間もっと永い時には1週間近く載せています。そのまま放置じゃなく、部分的なシワを取ったり、乾燥後にも捩り下げが思ったように付いているか、ダラダラと数日間眺めております。時には紙を絞めすぎてどうしても思ったようにならなかったら即貼り直し!





胴体もスプレーボンドで貼りますが、こちらはマスキングにコピー紙とテッシュの併用です。ノーズ部分のプランクされた所は面相筆で部分的にアクアピット極薄を塗ります。これはカウルから後ろの側面に凹凸が出来ていますから乾燥して紙が浮き上がることを防ぐため。





紙を貼った後の方がなんだか軽く感じます、何故だろう・・・






Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.15

2018-01-23 | PEANUT SCALE MODELS


のんびり構えていると、時だけが無情に過ぎてゆく・・・ ワァーオッ!


12月、師走の騒然とした中で気分を落ち着けて紙なんか貼れやしない、しかも暴れ馬みたいに指先の感覚は「バルサ・センサーの方が敏感ですぜ旦那!今、紙貼ってる場合じゃねーだろ」なんて聞こえてくると、むうううっと無性にもう少し木地完の機体を増やしておいてもも良いかな?なんて後先考えず思ったりしてみる。
新作ができるタイミングなんて本当に僅かな気の迷いと悪魔の囁き?じゃないけど、最近は1機作るのにも敷居が高くなって色々な条件が上手く噛み合わないと完成まで行かない、昔と比べると。まあ、昔は難しく考えずイケイケドンドンで雑ですがサクサクとピーナッツは出来てました。ところが最近、そうは問屋がおろさない。
体内に残り少なくなったアドレナリンを過剰放出して一気呵成になんでも行動を起こさないと出来ないのは、加齢ですかい?

そんなわけで指先に研ぎ澄まされた?バルサへの感覚が残っているうちに、もう少し何か作っておこう&冬の間に次期戦闘機を少しでも蓄えておこう(冬眠?)。近くにある図面から数機に手をつけ、サンディングにも飽きてたある日・・・

イスラエルから上物のブツが届く、バッド・タイミング!





1週間に及ぶ日本温泉紀行のフィナーレはイスラエル・ハイファ製の角材とシートの吟味、ふつう温泉行く前にすることですけど。比重だけじゃない色や粘りや香り?も含めて合格点モノでございました。ちょっと使ってみての感想なんて一応1機作らないと解かりゃしないし、どーする?そりゃ今でしょ。もう仕事納めから新年には紙貼りモードで行きます宣言したその翌日に、準備した紙はもう一度お片付けして、エンリケさんのアメリカ旅行中に作っていた「ギャドフライ」の図面をもらったのでそれをスキャニングしてまたもや作り始めました。この機体はもう30年近く昔、トム・ハルマンさんが作っていたので資料は一杯あるしどうってこと無い機体ですが、う~んシルバーと赤か・・・まだ胴体も出来上がっていないうちから色の相談?

まあそんな事が重なり木地完の機体は増える一方、そうなれば当然一緒に紙貼れるところはみんなまとめて・・・なーんてなるのが模型社会の一般的常識、でもここは心を鬼にして2機だけ貼ってみよう、何故に2機なのかが微妙、3機ではダメなのか、一応ケジメということ云々。


でも一番最初にすることは何だ! そう、木地完のアイアンサイドをバラすこと。尾翼なんかボンドで止めてあるし、やわな骨組みだからめっちゃ気を使う。位置決めで空けた穴には荷札の針金を1センチ位の長さに切って差し込んでおきます。そうしないと色塗ってからアレ何処だっけ?と探す羽目になります、いつも数カ所に穴あけたことからの教訓。

紙貼りは何の問題もなく終了、良かったね潰れずに終わって。どれくらい重量が増えたかは見ないことします? どうせこれから直ぐにブラシ吹きますから、でも記録として紙だけのデータは極秘で残しておきます。デカイ胴体のおかげでLLサイズの服を着た状態なんですよねコレ。
アイアンサイドは結局ブラシ吹くことにして、薄いブルーは白に被せ、濃いブルーの方は貼り付けで賄うことにしました、スプレーボンドは重いし乾燥すると端が剥がれて浮き上がって来ますからここは水性ノリ極薄口を使います。ノーズあたりはかなり面倒な曲面ですが何んとかなるでしょう、いえしちゃいます。

ちょっと落ち着いた1月も後半、やっと正常な生活に戻りましたのでそろそろ復活します。写真は全部含めて数百枚撮ってありますが未整理。順次これから・・・

そんでもって最近の状態は?どこまで進んでるの?
今こんなことやってます!





日本の温泉、世界で一番! ま、それはわかるけどセニョール・・・





Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.14

2017-11-24 | PEANUT SCALE MODELS







写真撮ること考えますと時間はかかるもの、そして次に移るステップはなぜか遅れるもの、昔から決まってます。

記念に写す代償はいつもこんなもんです・・・

でも、これをやっておくと後から位置決めで悩むことはありません。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.13

2017-11-08 | PEANUT SCALE MODELS


残りのパーツを時間つぶしじゃなく誠心誠意?真面目に粛々と!





峠越えたら後は下るだけ! それは木地完までのお話でして、印刷するのか?ブラシ吹くのか?チョーク攻撃か?決まっていません。
印刷するならサッサとデータ作らなくちゃいけないしネ・・・ と、焦っているようで実はのんびり構えてます。





プロペラ・ブレードは在庫がないので最初から。引っ張ってくるデータは「ナットラン」に使ったものがよろしいかも? それは日をあらためて、今日はスピンナーまで。
回転物は室内作業でバルサ粉末いっぱい吸いました。ドリル回して掃除機で吸いながら、そして音楽聴きながら・・・
無心になるともう何も聞こえない! いや、そのやかましいこと。





スピンナーはもう少し鋭角でも良かったかな? 削り過ぎると取り返しつきませんからこれくらいにして。でも、ブレード付くと雰囲気変わりますからね。





そんなに頑張って肉抜きしてないんです。
ソフト過ぎて変形しそうでしたので、この時点でもう紙貼ってあります。





せっかくだから穴あけて差し込んでみます。塗装するためピアノ線を外すことができないのでタイヤはつける訳にはいきません。





せっかくだから尾翼もつけてみました!


しかしこれって、このままいくと主翼もつけてみたくなるのが人情・・・どーする?





Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.12

2017-10-28 | PEANUT SCALE MODELS





そろそろ胴体も完成です・・・

コックピット内は紙貼り後にサラッと取り付けることにします。
手の上に乗せると完成時の重心位置がふんわり生暖かく感じます。
もう少しゴムかけは後ろに移動しても良かったかも、テールに「おもり」積むくらいなら? 
もうひとつゴムかけを作っておくか悩みます、紙貼った後じゃ出来ないし・・・

そしてランディング・ギアのピアノ線を取り付けました、軽量化?の方向で2ピースです、どれだけ軽くなるのかはまったく不明です。





傾いているとおかしなことになりますからここは慎重に位置合わせします。
2本同じ長さのものを作るのは簡単ですからそんなに狂いはありません。
ただし取り付ける時には注意しないとネ。





ピアノ線は先端を90度に曲げてプスッと差し込んであるだけなので瞬間だけでは不安、マイクログラスを小さく切って補強、いつもの手口です。





主翼と胴体上面に段差はあるのか? どのあたりに主翼を取り付けるのか? ちょっとだけ写真で確認しておきます。





そして忘れるとこでした、天窓加工!
プランクして切り抜きしたほうが簡単ですがそこはアレです、見た目がいまいち。
面倒でもシートの切れ端と角材で処理します。





ここまでの体重測定・・・ うーーん軽いのか重いのか? ノーズ・ダイエットすればもう少し行けそうですが・・・

後はタイヤとスパッツ、そしてペラとスピンナーもあります。

最後まで道は険しいぞ!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.11

2017-10-21 | PEANUT SCALE MODELS


下りは得意なんですが、まだまだ続く登り坂・・・


主翼が終わったら胴体にノーズを接着します。中央に接着するのってかなり神経使います。焦って瞬間使わずボンドで仮付けしてからですね。

ここで現れる数ミリの段差を繋ぐ面倒な作業が残っています。シンプルにおまかせ工事で済ますこともできますが、ここは引かずに戦います。





最初にバルサの埋め込み作業をしたらサンディングしておきます。





段差の処理はどんな方法?で、かなり迷ったわけです。この面を1枚のバルサ・シートで上手くカバーする方法が思い浮かびません。
まあ、やってはみたんですがどこか不自然? 「型」を作ってプレスすれば出来そうですが面倒!
結局3ミリ厚のムクから削ることに・・・ それって重くない? まあ、それなりですネ。





排気管の飛び出す所は後処理、紙が貼り易くなるようちょっと加工が必要です。





段差解消ブロックを貼りつける部分は切り取ります、肥満の人にしかわからない小さなダイエットです。





フワフワしてた胴体もノーズが付いたおかげで頑丈になりました。それにしてもノーズ・ヘビーな予感・・・というか現実。





もしも出来る事なら「軽め穴」開けちゃう事だって可能ですけど、もう少し様子を見てみます。





で、整形した3ミリシート・バルサを貼りつけ段差をなくします。悩んでいたほど難しくもなくすんなり接着完了。

重くなった分は何処かで埋め合わせ。それができる内はまだ安泰ですが・・・

紙貼り作業の工程を頭にプレ・インストールしたら、シワが出そうな箇所には逃げ道を作っておきます。





ねじれず1本の胴体になりました!






でも体重計に乗るのが怖い・・・



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.10

2017-10-17 | PEANUT SCALE MODELS



「集中すると重くなる!集中しないと雑になる!」

雨続きで山へも行けず体脂肪率右肩上がりで絶好調!
ちょっと飽きてきたけどもう少し頑張るアルヨ・・・






簡単に諦めようとしていた事も色々あるけど、進むべき道はどっちだ?

まあ、その、アレです。ここからどんどん重くなって行きますから気分的にも重いんです。

翼端加工は経験済みなのでスイスイ、でもこれ意外に堪えます。

付け根にも1枚シートを張りつけて完成。







バランス調べますと恐ろしいほど翼端が重いじゃあーりませんか! 壊さない程度にリューターでエグリます。ソフト・バルサ使うとエッジの処理が美しくできない・・・ 

限界まで削ってフッと息を吐いた瞬間、プスッと穴が開くこと数回。バルサ・パテの登場で穴埋めしたらもう一度削るの繰り返し、効果絶大で軽くなっているのか何も変わっていないのか?、その辺が微妙。







まだまだ翼端側が重いけど白旗、これくらいにして次!
でも心配だから一応チェック・・・ 合格なのか、不合格なのか?






Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.9

2017-10-13 | PEANUT SCALE MODELS






直球で勝負!難解な翼型でもなければ小細工も一切必要なし、純粋無垢な矩形翼ならばここは一気に攻めるべし。







ありきたりの工作法、それでも前縁はかなり軟弱、スパーはOKかと聞かれればそれも胸を張るほどの強度なし、みんな弱いけれど出来上がった時恐ろしい強さを発揮・・・ しますか?







ここまでは本当に快適、しかし世間はそんなに甘くない。面倒でも押さえておく、これで後縁のねじれ解消・・・ しますか?








立派な成績、ここから苦難のダイエットが始まる・・・



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.8

2017-10-07 | PEANUT SCALE MODELS







何と申しましょうか・・・この機体、ノーズが無ければとってもすばらしいモデルになるのでは?

「それじゃあなたテールヘビーよ!」って言われれば、それもそうだし。

ほどほどにノーズが長ければ理想的なんですね、きっと。

これにあの完成しているブツの重さを足し算することになると、いささかブルー・・・

ノーズ・ヘビーは決定的なんでしょうな。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

OL' IRONSIDES no.7

2017-10-02 | PEANUT SCALE MODELS






君の瞳は6グラム?
ニッチな部分でも、有言不実行とならないように、粛々と・・・
選択肢は色々あった方が有利、でも一番得意な方法は一つしかない!






経験値で追加するところや省略するところは決まる、でも今迄どうりでも進化が無くて面白くない。

いやー、胴体ひとつ作るにも頭の中で色々「うんちく」たれながら進んで行きます。「あの時これで助かった」とか「これ入れておけば悪夢は防げたのに・・・」とかの経験値は重要なんですが、「そこから先」も同じくらい重要なんですね。

主翼後縁部分の下にガセット入れるのも、高さのある胴体には中間に補強入れるのも、無駄じゃなくて必要悪にもならない追加だと思ってます。機体を美しく保つことには貢献しますが、ただただ軽量化する時には何の助けにもならない無駄花です。
でもネ、これを取り除けばもっと軽くなるとは思わない個人的には「正義」の部分なんです。







まあそんな訳で?とりあえず1枚作ります。角材の間隔で紙にシワができるところやラインが乱れるところが読めるようになったらもう天才! それを極度に恐れて角材入れ過ぎるのは素人! 
私の場合、両方入り混じってます。







2枚目を作る時に考えることは、1枚目がいかに間違っていてもそれを模倣すること。その「間違い」が致命的なものなら1枚目からやり直す勇気。


最初に手のひらに乗せたときに感じる重さで完成重量をはじき出すことができればもうそれは超天才。
悲しいかな私にはそれに必要なファクターや係数の脳内データがまだ揃っていないので計算不可能。


しかし数値に表れない生地完の美しさや強度はわかる!





Comment
この記事をはてなブックマークに追加