八十路の旅

平成20年8月3日、満八十才、傘寿になり、八十路の旅を、徒然なるままに記してみよう。

年の瀬

2016-12-27 13:28:55 | Weblog

<瀬をはやみ>

  12月27日(火)になりました。新しい年まで、今日を入れて五日です。まさに今年も終わりを迎えました。

  今日この頃を、年の暮れとか年の瀬というようですが、今回、私は「年の瀬」という言葉を投稿の題名にしました。なぜか、百人一首の{・・瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢わむとぞ思う・・}を思い出したのです。

  私は子供のころ、山すそを流れる小川でよく遊びました。渓谷で、川の瀬の流れも速く、岩にせき止められた急流が2つに分かれる。そしてまた1つの流れに合流する。そこにはアユが泳ぎ、岩間にはウナギがいました。

  崇徳院が詠んだのは恋歌です。{・・川の瀬が岩に当たり一つの流れになるように、切り離された愛しいあの人と、今は分かれているが、いつかきっと再会しようと思っている・・}

  年の瀬を迎え、「瀬」という言葉から、この百人一首を口ずさみました。


<年の瀬・大掃除>

   12月25日、わが家・前庭、裏庭などの大掃除をしました。とは言え、掃き掃除など、殆どは倅の嫁が中心で、孫の2人が手伝うといった形で実施。
  つい、2,3年前は、裏庭の溝掃除など、わが輩の担当でしたが、体力的に無理(不整脈発症など)により、私がしゃしゃり出る前に、皆でやってしまう相談ができていたようです。
  私は、目下集められた落ち葉などを燃やす役目に徹しました。
 
  それにしても、25日の大掃除は大正解でした。天気予報はズバリ正解。一日中良い天気に恵まれした。26日、27日と、一日中雨が降りました。「大掃除はよい間やったわ」・・みなの言葉でした。

 

☆(左)わが家の前庭です。写真は南側だけですが、西側も、それに3号田・ゆずの木周辺の落ち葉など、言葉では表せないぐらいのごみ処理でした。25日、15:09写。

☆(右)わが家の裏庭です。この溝の掃除は大変な作業なんです。これは、今まではほとんど私の責任区域だったんですが、皆で力を合わせてやってくれました。感謝、感激!25日、15:22写。

☆裏の5号田の焼却場で、集められた落ち葉などを一気に燃やしました。この仕事は初めから終わりまで、私の仕事でした。濡れた落ち葉や、葉っぱの残渣など、燃えにくいモノがあったんですが、燃やし専門のわが輩の手にかかれば、燃えないものはないのです。夕方には完全に灰になりました。写真は25日、15時18分に撮りました。

<サギ(鷺)飛来>

   12月27日、午前10時ごろ、わが家の前庭を灰色のサギがノコノコ歩いていました。
  早速、カメラのシャッター(30倍ズーム)を切りました。時々、田んぼや山裾で見かけることがあります。近づくとすぐ飛び立ちます。でも、今日は、軒下の陰で身を隠すことができ、ゆっくりシャッターを切れました。

 

☆家の前の道路をノコノコ。レイダンディの木の下に身を隠しました。近づくと、重そうに羽根を広げて、飛び立ち、今度は隣家の池に入り立ちました。

 

☆(左)池には、にしき鯉(赤と黒の模様)が泳いでいました。サギの前、1Mぐらいを泳いでいます。でも、やっぱり危険を感じたのか、深みへ身を隠しました。

☆(右)サギは、やっと諦めて、山裾に飛び移りました。10:30写。


<昼ご飯>

  12月27日、午前11時ごろ、しめ飾りの飾りつけの準備をしました。(午後、飾りつけに取りかかる予定)・・あっという間に正午です。

 「昼ごはんです。寝床に運びました」孫娘の声。女性軍でお好み焼き(山の芋入り)の手料理です。それと山の芋入りの味噌汁です。12時から1時間、寝床で、時代劇吉宗を観ながらの昼食です。勝手気ままな米寿の旅です。

☆27日、昼ごはんです。お好み焼きがメイン。左がとろろ入り(山の芋)の味噌汁です。このとろろ味噌汁が私の好物。さすがお好み焼きは、お年寄りにはおもい感じ。・・でも孫娘らは好きの様子。・・上の白いのがカブラ漬け。左が家内手づくりのタクワン漬けと梅干。完食。

 

<しめ飾りゴンボの飾りつけ完成しました>

  12月27日、午後2時~4時ごろまで、飾りつけに取りかかりました。
  ゴンボとメガネを終わり、シャモジ飾りを始めたが、ちょっと親指の付け根が痛くなり中止。明日に回すことにしました。いや、家の皆が、私に中止をさせたのです。でも、それは正解でした。

☆ゴンボの飾りつけを終わり、針金で吊るすようにして完成です。飾りつけの仕事場です。メガネを終わり、シャモジの飾りつけにとりかかり、体調不良。明日にまわす。手作りのしめ飾りゴンボを持っているところを、セルフタイマーで撮りました。27日、15:30写。


<飾りつけ完成です>

  12月28日、午前10時~11時30分、しめ飾りの飾りつけを完成しました。昨日、中止して今日に回したのは正解でしたね。やっぱり、無理はダメなんです。お年寄りなんです。自覚しましたか?いえ、半分自覚したところです。
「まだ、そんなこと言うとってや」・・皆から言われながらも、奮闘してます。

☆完成したしめ飾り飾りつけを並べました。正面がゴンボづくり、右のミカン(プラスチック製)のついているのが、メガネづくりとシャモジづくり(大)です。小型のシャモジづくりは13個作りました。
  30日まで、軒下に吊るして(山猿にやられないように隠しておく)保存。

  このブログに、毎年、しめ飾りについて掲載しています。とりあえず3年間を掲載します。参照してください。

{・・参照:2013,12,26「2013・年の瀬」<しめ飾りの飾り付けをする>・・2014,12,27「人生の坂道」<しめ飾り終了>・・2015,12,26「年の暮れ」<しめ飾り・しめ飾り・飾る付け終わりました>・・}


<落葉集め・焼却>

  12月29日、朝からまずまずの天気。家のみなで裏山の落ち葉を集めて燃やすとの話。
  私は朝から、燃やす準備と燃やし始めるだけの仕事。・・実は、年末に知り合いの人の訃報があり、29日の午後1時の葬式に列席。91歳とはいえ、寂しいこの世との別れとなりました。参列者は若い人ばかり、私の年代の人はあまり見かけませんでした。謹んで合掌。

 

☆(左)12月29日、午前10時ごろ、燃やす準備をして、やっと燃やし始めたところです。写真は、孫娘がシャッターを切ってくれました。午前11時、私の作業は葬式の準備のため中止。
  落ち葉は燃やしやすく、午後5時ごろには完全に焼却。

☆(右)裏山のクヌギ林付近の落ち葉を残すだけになりました。天候状況により来年になるかもしれません。
 この落ち葉集めの様子は、毎年ブログに記していますが、2014,12,27「人生の坂道」<落ち葉集めはビニールで運ぶのが最適>など、参照してください。 

 

 <晦日:しめ飾り付け・ごまめ炒り>

  そうこうするうちに、12月30日になりました。午前中にしめ飾りつけを完了。毎年30日にしています。31日は1夜飾りで、縁起が良くないとの話、もちろん迷信ですが・・。

 

☆玄関のゴンボしめ飾りと離れの屋敷玄関口(倅夫婦、子供たちの家)のメガネ飾りです。

 

☆通用門入口の大きいシャモジ飾りと、通用門隣の車庫の入り口につけたシャモジ飾りです。このシャモジ飾りは13個、神棚、入口、水まわり、台所、便所などなどに取り付けました。

{・・参照:2010,12,27「年末模様」・・2011、12,18「風邪を引く」・・2011,12,27「年の瀬」・・2011,12,31「大晦日」・・2012,12,18「光陰矢の如し」・・2012、12,25「老いの坂道」・・2013,12,26「年の瀬」<しめ飾りの飾りつけ終わる>・・2014、12,30「年末・終わりの頁」・・2015,12,26「年の暮れ」<しめ飾り・飾り付け終わりました>・・}

・・恒例のわが輩担当のごまめ炒り・・

☆12月30日、午前11時ごろから、ごまめ炒りをしました。納屋に備え付けている暖房機(灯油のストーブ)で、ごまめ炒りをしているところです。孫娘が撮ってくれました。この「ごまめ炒り」は、焦らず気長く炒る必要があります。炒りながら、一つ取り出し、冷めてポキッと折れたら頃合いなんです。
 恒例のわが輩担当ごまめ炒りでした。30日22、11:30写。

<大晦日>

  12月31日、好天気に恵まれました。予定の仕事{・・蜘蛛の巣とり、落ち葉燃やし、布団干し、部屋の掃除(掃除機をかけてもらう)、座敷の床の間に掛け軸など・・}を、午後4時までにすべて終了。

☆今年は二つの掛け軸(家宝)を並べました。白鷹と黄鶴楼です。

  白鷹の掛け軸については、次のブログを参照してください。{・・参照:2011,1,22「結婚記念日と朝日」・・2012,1,9「松の内の行事、お正月の掛け軸」2-13,1,28「今年は元気です」<結婚記念日の後、掛け軸を収納>・・2013,12,18「冬に降る雨」<お正月の生け花と掛け軸>・・2016,1,3「年始模様」<記念写真です>・・}

黄鶴楼については、{・・2013,10,1「神無月(かんなづき)」<黄鶴楼のこと>・・}を、参照してください。かなり詳細に記しています。バックン・ナンバーで開くと簡単です。

・・いよいよ、大晦日のイブを迎えるだけとなりました。・・ 少し、パソコンの整理とブログを記し、午後6時ごろ、一家すき焼きで一年の締めくくり。・・あとはテレビを観て(主に紅白)、年越しそばで、新しい年を迎えます。
皆さま、よいお年を!

 

 

  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老人と仕事3 | トップ | 寿新春 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しめ飾り (すけつね)
2016-12-31 16:57:54
すばらしいしめ飾りですね。作るのにずいぶん苦労された事でしょう。
私のは簡単です。100円ショップで丸いしめ飾りを買いました。
このままですと寂しいので、クリスマスリースから取りはずした松かさと、
庭のナンテンの枝葉を取り付けました。
(ナンテンの赤い実は野鳥に食べられ、葉っぱしか残っておりませんでした)
少々重荷 (jiro)
2017-01-02 10:39:30
すけつね様
30数年、しめ飾りを作ってきましたが
少々重荷の昨今です。でも、「生きる証」だと、頑張っています。
すけつね様のブログも楽しく観ています。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL