八十路の旅

平成20年8月3日、満八十才、傘寿になり、八十路の旅を、徒然なるままに記してみよう。

行く春

2017-04-23 11:21:26 | Weblog

<行く春>

  4月23日(日)、朝から快晴、すがすがしい朝です。野山も緑が色づき始め、ようやく春も過ぎ去っていくのを感じます。
  「行く春や鳥啼き魚の目は泪」は芭蕉の句です。
{・・春爛漫の桜の花も散ってしまい、ようやく春も過ぎ去ってしまうのだから、鳥までも寂しさで泣いているように聞こえる。魚も目に涙を光らせているように思える。・・}まあ、こんな風景、心を詠んだのでしょぅか・・。

  しかし、ひとたび、今日この頃の世界の情勢を、垣間見ると、まことに「不気味」さが、迫ってきます。もし、弾道ミサイルや核爆発があれば、どのように身を守ればいいのか、なんとなく不安で恐ろしくなってくるのは、私一人だけではないと思います。

  太平洋戦争勃発(昭和16年12月8日)の日本と、今の北朝鮮と重ね合わせたくはありません。ですが、70数年平和を保ってきたわが祖国が、平和の名のもとに戦争に巻き込まれるとすれば、この世相を、松尾芭蕉はどう詠むのでしょうか?
トルストイが「戦争と平和」を書いています。内容はすっかり忘れました。戦争と平和が人類の永遠の課題だとすれば、人類もたいしたものではないような気がします。

  4月23日の朝刊に、北朝鮮ミサイル備えが載っていました。{・・屋外にいる人は、頑丈な建物や地下街へ、適当な建物がない場合は物陰に身を隠す。・・屋内にいる人は、窓から離れるか窓のない部屋へ・・車内の人は、エンジンを止めて避難。高速道路では安全な場所に止めて車内で姿勢を低く・・}・・いや、まことに不気味な世の中になってきました。

  しかし、だれもみな、暮らしていかねばなりません。丹波篠山の山猿が出る田舎でも、何が起こるかわかりません。でも、私たちの田畑は、夏野菜を受け入れる準備を始めています。
  今回は、土づくり、畝づくりなどを中心に、毎日の暮らしを述べます。

<薹(とう)がたったキャベツ>

  4月21日、移し替えた二個のキャベツは、とうとう巻かないうちに、蔓がのびて黄色い花を咲かせました。薹がたったキャベツと言うようです。「このようになれば、もうキャベツではありません」・・花を切り取って、花瓶に生けました。

 

☆2号田の端に植え替えたキャベツは、越冬はしたものの、巻く時期を失して、黄色い花を咲かせました。卯の花というようです(?)。切り取って花瓶にさしたところを写真に収めました。花瓶は今田立杭で手づくりの自慢の焼き物です。21日、11:30写。

 

<お菓子が届きました>

 3月21日、午後12時半ごろ、小荷物が宅配されてきました。枚方の親戚の方からでした。・・私がかりんとうが好きなことを承知で、かりんとう他、沢山の御菓子類が入っていました。畑仕事の合間に、おいしくいただいております。

☆きなこかりんとう、ごまかりんとう他、高級な和菓子がたくさん入っていました。感謝!21日、12:30写。


<里芋とショウガの種を植える>

  4月21日、午後2時半ごろから、1号田の一畝を利用して、里芋とショウガの種植えをしました。例によって、マルチの穴あけは私、種植えは家内がやりました。里芋とショウガの種は農協から届いたものです。ともに10個を植えました。

 

☆写真は家内が植えているところと、右は植え終わったところです。午後2時半~3時半ごろまでに終了。


<2号田、カボチャ畑の畝づくり完了>

  前から2号田のカボチャ畑の畝づくりが気になっていました。4月21日の朝、「22日、午後1時から管理機を使用して、畝づくりをやります」と、倅の言葉。

  それ来たと言わんばかりに、4月21日の午後から22日の午前中にかけて、耕せる準備にとりかかりました。

 

☆(左) 4月21日、午後5時30分ごろのカボチャ畑の様子です。
  ともかく耕す準備がなかなか大変でした。何しろ、3年は耕していません。従って、黒マルチを2重3重に被せていたので、その整理に、意外と手間暇がかかったわけです。

☆(右)4月22日、午後2時ごろに、カボチャの畝づくり完了です。倅が午後1時から管理機を使用し、耕し、元肥を入れ、土を戻す一連の作業をやってくれました。(もちろん、吾輩の指示命令?のもとにですが・・でも、あまり命令を多くすると、そんなら勝手にどうぞ、となるので、そこはひかえめですぞ・・)
  マルチ張りの殆ども倅の仕事です。約1時間を要しましたが、4年ぶりにカボチャの畝が完成しました。(隣の畝のジャガイモも完全に全部きれいに芽を出しました)


<タカナ収穫・タカナ漬け>

  4月21日、午後5時ごろ、家内が3号田のタカナを収穫し終え、漬物用に整理ました。収穫は午後3時ごろにしたようです。なかなか面倒な仕事です。コツコツ一人でやりました。

 

☆家内がタカナを漬物用に整理しているところです。4月21日、午後5時撮りました。右はタカナ漬けをしているところです。4月22日、午前9時ごろ撮りました。


<キャベツ・レタス・ブロッコリー苗植え>

  4月22日、午後1時ごろ、注文していた苗屋さんから、キャベツ(7)、レタス(7)、ブロッコリー(5)の苗が届きました。カボチャの畝づくりを終わった後で、余力(?)をかって、午後5時30分ごろから家内と2人で、2号田の1畝(1mx8m)に定植(移植)しました。 

 

☆到着した苗を土間に並べています。キャベツ(7+1)、レタス(7+1)、ブロッコリー(5+1)です。それぞれ注文した苗におまけが1本はいっていました。

☆4月22日、午後5時ごろ、私がマルチの穴を19(7+7+5)開けました。 

 

☆4月22日、午後5時30分ごろ、家内と2人で、仲良く(?)19個の苗を植え、丸支柱を立てました。苗19個の内訳は(ブロッコリー3、レタス2、キャベツ3、レタス2、キャベツ4、レタス3、ブロッコリー2)です。ブロッコリーを両端に植え、キャベツとレタスをはさんで植えました。レタスは虫よけになる様子です。

☆4月22日、午後5時50分、寒冷紗を被せて、苗植えの完了です。めでたし、めでたし。


<わが家の花壇>

  「どういう風の吹き回しでしょう?」と、みなから言われました。
  昨年の秋ごろと、今年の4月初めごろ、スーパーの入口に並んでいた花を、私が買ってきました。今まであまり花を買った記憶はありません。いや、店先に並んでいた花があまりにもきれいだったから、思わず手が伸びました。
  買った花の種類をメモした紙を何処かに落としてきました。ネットで調べて、記入した記憶をたどり、何とか、ばくぜんと花の名前を書きました。よい加減。 

 

☆(左)マリーゴールド、ペチュニア・・。

☆(右)色々なスミレ、赤のチューリップは前からあったものです。買ってきた花は、家内が鉢植えをしました。


<布団干し・部屋に掃除機をかける>

  4月24日、朝から晴天。2日連続です。午前10時ごろ、急に万年床の布団干しを敢行。午前10時30分ごろ、わが部屋に掃除機をかけました。
  布団干しは、午後2時ごろにしまいました。ずっと天気です。気分はスッキリです。

 

☆布団干しは竹竿などの準備が大切です。ミツマタを組み合わせて、干す準備をします。写真は家内が庭先から撮りました。ちょうど手前にドウダンツツジが白い花をつけています。10:20写。

☆部屋に掃除機をかけているところです。10:30写。

 

<深呼吸、祈り・日向ぼっこ>

  4月24日、9時30分ごろ、庭先に出て、あまりのすがすがしさに、思わず東のお天道さまに、祈りをささげながら深呼吸をしました。鼻呼吸です。
  それから、いつも
腰かけている石の上で、沈思黙考、日向ぼっこをしました。
  「日向ぼっこ」をネットで調べると、2つ意味があるようです。(1)世間知らずで世間ずれのしていないかわいい女の子。(2)ホクホクと暖かい意味。日向ぼこり・・ひなた誇り・・など。 まあ、世間ずれのしていない90才になろうとしているお爺の姿とは言えませんね。
  ・・ここで、急に部屋の掃除を思いついたのです。

 

☆私の祈りと深呼吸のポーズ。  ☆久しぶりの日向ぼっこの姿。両杖を脇に抱え込んで至福の境地。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正直 | トップ | 山笑う »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-26 11:58:19
Jiroさんこんにちは!
祈りと深呼吸のポーズには受けました!(笑)
いいですね〜。
元気をもらいました。
門下生の発表会が近くて余裕のない日々を送っていましたが、今日は数日ぶりに畑に行ってきます!
名乗るのを忘れました。 (matsunao)
2017-04-26 12:00:39
前の投稿はmatsnaoです。
失礼いたしました。
了解 (jiro)
2017-04-26 21:58:54
matsunao様
了解。ブログも見ています。
発表会や野菜づくりなど、忙しそうですね。
こちらも、畑の準備は殆どでき、5月になれば夏野菜の定植をします。
こちらは、気候のせいで、夏野菜は5月にならないと、うまく育ちません。お元気をお祈りします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL