知命日記

歯科医、現在 休養中、「木偶庵」庵主、メインサイト http://www.jiro-taniguchi-fan.com/

フォーク歌手の加川良さん死去 69歳

2017-04-06 03:41:59 | ☆時事問題


 フォーク歌手の加川良さん(本名・小斎喜弘)が5日午前9時39分、都内の病院で亡くなった。69歳だった。息子でミュージシャンのgnkosai(本名・小斎元希)が自身のフェイスブックで報告した。

加川良さんのプロフィール

 元希は「ものすごく私事ではありますが、ごく一部、ここでの繋がりしかない方で心配していただいた方々もおられるのでご報告させてください」とし「家族、親族が見守る中、約4ヶ月の闘病生活を終え、静かに息をひきとりました」と加川さんが亡くなったことを報告。

 「個人的には山梨から東京の病院へ移ってからの数ヶ月、日々、変化の絶えない闘病生活でしたが、毎日の様に病院で父と過ごせた時間に、心から感謝しています」と記し「父ちゃん、おつかれ! いつまでも家族。あんたが一番格好良いぜ! ありがとうね。各地から届く想い、本当に支えになりました。父に代わり、家族を代表して感謝します。本当に本当にありがとうございました!」と伝えた。

 加川さんは滋賀県生まれ。学生時代、GS(グループサウンズ)のボーカリストとして、コピーバンドでセミプロ的な活動をする。1970年『第2回全日本フォークジャンボリー』にすすめられるまま飛び入りで参加し「教訓1」を歌いデビュー。その後、“プライベート加川良”としてバンド活動をはじめ、数多くのミュージシャンたちとライブ活動をしていた。

 加川さんは昨年12月14日に公式サイトを通じて「検査入院、少々つかれ気味でした。本日6日目、今しばらくの入院生活となりそうです」と直筆でメッセージしていた。
.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追悼 大岡信 「折々のうた」  | トップ | 映画「用心棒」を観た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

☆時事問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL