知命日記

歯科医、現在 休養中、「木偶庵」庵主、メインサイト http://www.jiro-taniguchi-fan.com/

映画「目撃」を観た

2017-03-07 15:58:48 | ☆映画 動画
目撃 [DVD]
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ


https://www.youtube.com/watch?v=Yue0iMjH0J4


やり手の泥棒であるルーサー・ホイットニーは、一家が休暇旅行中の隙を狙い大統領の後援者でもある政界の大物ウォルター・サリヴァンの邸宅に忍び込む。しかし、大統領アラン・リッチモンドとサリヴァン夫人の不倫現場に出くわした挙句、酔ったリッチモンドが夫人に暴力を振るい、それにナイフで反撃した夫人をシークレットサービスが射殺するという現場を目撃してしまう。かけつけた大統領補佐官のグロリアは事件のもみ消しを図るため、シークレットサービスの2人に証拠隠滅を命じ、一部始終を目撃していたルーサーは、彼らが現場に忘れたナイフを持ってその場を去る。

ルーサーに目撃されていたことを察知した大統領サイドは、殺人の罪をなすりつけた上で口封じしようと、持つ権力を総動員してルーサーを捜索する。一方、サリヴァン邸強盗殺人事件を担当するセス・フランク刑事は、その鮮やかな手口からルーサーの犯行だと認めるものの、殺人については懐疑的であった。

目撃したことを警察に言えば窃盗の罪に問われる上に、そもそも泥棒が大統領を殺人犯だと主張しても信じてはもらえない。そこで国外へ逃げることに決めるが、空港のテレビで大統領の白々しい演説を観て考えを一転し、大統領の犯行を暴露するために行動を開始する。そして暗殺者まで雇った大統領の魔の手が、ついには娘のケイトにまで及ぶ。

犯人が大統領ということに驚く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「セッション」を観た | トップ | 映画「プレミアム・ラッシュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL