知命日記

歯科医、現在 休養中、「木偶庵」庵主、メインサイト http://www.jiro-taniguchi-fan.com/

首相改憲発言について

2017-05-13 03:15:53 | ☆エッセイ・コラム
「集団的自衛権」「安保法」などわけのわからない言葉を使ってきた 首相

ついに 改憲すると 言い出した



憲法9条に 自衛隊のことを追加したいらしい

完全に矛盾した 憲法となる



そもそも 自衛隊自体が 違憲なのに・・・・



(そういえば 高校の 「政治経済」の授業で 先生が

自衛隊違憲論を のべていたのを思い出した)



憲法に自衛隊の文字をいれたら

すぐに 戦争に加担するとは思っていないが

時間がたつにつれ いずれ 法律が拡大解釈され

戦争に参加ということに

なると思う



前にの述べたが 「統帥権」という

訳の割らないことばが

拡大解釈され 第2次大戦に 導いたように・・・・



改憲は 絶対反対である




「統帥権」については この本・・・

この国のかたち〈4〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今度の韓国大統領選、文在寅... | トップ | 身代金要求 「ランサムウエ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL