知命日記

歯科医、現在 休養中、「木偶庵」庵主、メインサイト http://www.jiro-taniguchi-fan.com/

新たな素粒子存在か 加速器使った実験で予想外データ

2017-05-12 03:42:17 | ☆時事問題
 生物や星を構成する物質の最小単位「素粒子」に、これまで想定されていなかった新たなものが存在する可能性を示すデータを欧州合同原子核研究所(CERN)の実験チームが得たことが11日、分かった。世界最大の加速器「LHC」を使った実験で測定した。東京大で同日開かれた研究会で報告された。

 存在を証明できれば、物理学の基本理論を書き換えることになり、2012年の万物に重さを与えるヒッグス粒子発見に続く、久々の明るい話題となる。ただ発見との結論を出すには、まだデータ量が足りないため、チームは引き続き実験を進める方針だ。

https://this.kiji.is/235347522396291073
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 谷口ジロー先生の絵のスマホ... | トップ | 映画「マラヴィータ 」を観た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

☆時事問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL