知命日記

歯科医、現在 休養中、「木偶庵」庵主、メインサイト http://www.jiro-taniguchi-fan.com/

10年以内に立体臓器作製=iPS細胞研究の工程表更新

2012-11-03 04:03:07 | ☆時事問題
文部科学省の幹細胞・再生医学戦略作業部会は2日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を開発した山中伸弥京都大教授のノーベル医学・生理学賞受賞が決まったことを受け、2009年に策定したiPS細胞研究の工程表を更新した。2〜3年後に再生医療用iPS細胞をストックから供給し始め、10年以内に肺や腎臓、脳などの立体的な臓器を構築する技術の確立を目指す。



 部位別では、理化学研究所がiPS細胞を網膜の細胞に変え、視力が低下した加齢黄斑変性の患者に移植する臨床研究が来年度にも始まることを盛り込んだ。さらに、心筋梗塞患者などが対象の心筋臨床研究は3〜5年後、パーキンソン病患者などを対象とするドーパミンを生み出す脳神経細胞の臨床研究は5〜7年後に開始するとの目標を掲げた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121102-00000169-jij-soci

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201211020170.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 手塚治虫さん:未発表作を発見 | トップ | 今日は 文化の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。