歯科医物語

まじめな歯科医の話
(今まで、他のブログに書いてきたことを、まとめました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「酵素~ビタミン~ホルモン」

2017-05-26 01:27:04 | 歯科医療知識
いずれも ある物質に作用 生理作用を 呈する

例えば 酵素胃の ペプシンは たんぱく質を 分解する

例えば ビタミンB群は 神経系に作用 それを賦活する

例えば ホルモンの インシュリンは 血糖を下げる

では この3つはどう違うであろうか



一般に 「酵素」は 生成された その場で 作用


「ビタミン」は 体内では 生成されない 食物などで

摂取すしかない (一部を除く)


「ホルモン」は ある場所で生成 血液 体液を介し 他の部位で 作用

例えば インシュリンは 膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞で

生成 血液を介し 他の臓器で 生理作用 血糖を 下げる



こんな違いがある 一般的に知れれていないので 一応記す
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「炭酸飲料虫歯」 | トップ | 「活性酸素」 »

コメントを投稿

歯科医療知識」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL