沖縄対策本部

日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。沖縄左翼に対抗する情報を配信。

沖縄対策本部■【拡散依頼】史上初のイベント!都内で開催する「5・18沖縄県祖国復帰式典祝賀パレード」

2014年05月15日 09時11分48秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成26年5月15日現在:1983名◇

 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。

 http://www.okinawa-taisaku.org/

この情報を広げるために応援のクリックをお願いします。  


■【緊急拡散依頼】史上初のイベント!都内で開催する「5・18沖縄県祖国復帰式典祝賀パレード」

 5月18日開催の「沖縄県祖国復帰42周年記念『祖国防衛の砦、沖縄死守!国民大決起集会』が近づいてきました。

今年の沖縄は琉球独立を公約とする大城浩氏が立候補したり、東アジア共同体研究所を設立した鳩山由紀夫元総理が沖縄に事務所を設立したり、県民の意思とは関係なく更に「琉球独立」の方向へ扇動されています。

これから、辺野古移設の工事が始まるとマスコミを介して「反日」「反米」、そして「琉球独立」を主張する沖縄の声ばかりが報道されてくる事は間違いありません。

中国共産党の工作機関紙となった沖縄のマスコミは、沖縄のっとり工作のシナリオに沿った沖縄県民の主張を沖縄の世論のような報道をするからです。

そのような中で東京で開催される沖縄県祖国復帰の集会、及びパレードは重要な意味を持っています。

 沖縄では3年前から毎年、祖国復帰の祝賀式典とパレードを開催してきました。しかし、沖縄での開催は日本国民にも十分伝える事ができません。

しかし、東京で開催することにより、「沖縄県民は日本人であり、沖縄県祖国復帰を喜んでいる!」という声を世界に発信する事が可能になります。

 更に、共にパレードを行い、「沖縄県祖国復帰バンザーイ」とシュプレヒコールを叫びながら歩くことによりことにより心を一つにすることが出来ます。

パレードの開催情報を広く発信する事により、日本国民、そして世界に発信すれば世界中の人は、沖縄の独立工作にだまされる事がなくなります。

当日はニコ生放送、動画撮影、写真撮影は大歓迎です。

どんどん撮影して、どんどん拡散していただきたいと思っています。

ただし、主催者にご一報をお願い致します。(nakamura.satoru7@gmail.com)

開催の趣旨に沿ったプラカードの持ち込みは大歓迎です。

一人でも多くの皆様に、歴史的な集会、パレードにご参加いただいと心より願っております。

是非、お誘い合わせの上ご参加ください。

また、この情報の拡散のご協力をお願い致します。

以下、パレード開催についての詳細情報を掲載致します。

(仲村覚)

 ------------------------------------------------------

【沖縄県祖国復帰42周年祝賀パレード】


集会終了後

出発

◎出発時刻 17時
◎終了時刻 17時40分

<パレードコース>
 文京区民センター ⇒ 春日町交差点 ⇒ 壱岐坂下 ⇒ 水道橋 ⇒ 三崎町 ⇒ 神保町 ⇒ 駿河台下 ⇒ お茶の水小学校前  > 綿華公園 (約2.0Km) ※流れ解散

<コーラーによるアナウンス>
 今から、42年前の5月15日は、大東亜戦争の敗戦により米軍に占領されていた沖縄県が27年ぶりに祖国日本に復帰した日です。
「沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」の電文を送った大田実中将の言葉を受け継ぎ沖縄県の祖国復帰を実現した5月15日という日を全ての日本国民でお祝いする日にしましょう!

<シュプレヒコール>
◎ 沖縄県祖国復帰42周年、万歳!(万歳)
◎ 沖縄県祖国復帰42周年、おめでとうございます!(おめでとうございます。)
◎ 沖縄戦と沖縄県祖国復帰は誇りある日本の歴史です。日本国民を挙げて、沖縄県◎ 祖国復帰をお祝いしましょう!(お祝いしましょう!)
◎ 5月15日は、沖縄戦の英霊と祖国復帰に尽力された皆様に感謝を捧げよう!(捧げよう!)

【注意事項】
パレードは主催者及び警察の支持に従ってください。
シュプレヒコールは、主催者支持にしたがってコールをお願いします。
旗類の持込は「日の丸」のみ可とします。 
プラカード持参歓迎です。ただし開催の趣旨にあった内容のものをお願いします。 
当日は撮影・中継がありますので各自サングラス・マスクなどで対処をお願いします。
行進中は禁煙です。



     ~「中国朝鮮の間接戦争辺野古闘争」「琉球独立工作」から沖縄を守れ!~

◎日時:518 受付:13時30分 / 開演:14時
◎会場:文京区民センター(3A会議室)
◎会費:1,000円

5月15日は、敗戦により分断統治されていた日本民族が一つに戻った記念すべき日です。東京で沖縄県民とともに盛大なパレードで祖国復帰の日を祝うとともに、日本民族の誇りにかけて再び沖縄の分断を許さないことを誓い合いましょう!

       <プログラム>

◎開会の挨拶
  高橋義洋(実行委員長・東京都郷友会会長)

◎第1部:沖縄からの訴え
  仲村俊子(初代沖縄防衛協会婦人部長)
  又吉清義(沖縄県議会議員)
  兼次映利加(フリーライター)
  仲村覚(沖縄対策本部代表)

◎第2部:沖縄を守るためにやるべき事
  長尾たかし(前衆議院議員)
  河添恵子(ノンフィクション作家)
  坂東忠信(外国人犯罪対策講師)
  山村明義(作家・ジャーナリスト)
  村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会会長)

■「沖縄県祖国復帰42周年日の丸パレード」

  ※集会終了後、文京区民センターを出発。コースは調整中です。


後 援:東京都郷友会 / 沖縄対策本部 / その他調整中
事務局:仲村覚(TEL:080-5021-8105)

 

※下記のFBページもしくはメールにて参加のご表明をお願い致します。 

<FaceBookページ>
https://www.facebook.com/events/1473831546168052/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
 ※どこの団体にも所属しない個人メルマガです。
 バックナンバー● http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/arcv
-----------------------------------------------------------------------
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
 PC● http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄対策本部■琉球独立派の大城... | トップ | 沖縄対策本部■【動画17本】5・18... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL