沖縄対策本部

当ブログは現在引っ越し作業中です。
最新記事は日本沖縄政策研究フォーラムを御覧ください。

JSN■【拡散依頼】10・24「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」提出:金城てる

2010年10月26日 01時57分19秒 | イベント報告

10・24日の「尖閣諸島・沖縄に自衛隊配備を求める日本国民大行進 」へは、

7時15分集合という前代未聞の早朝からのデモにもかかわらず、約250名の

皆様にご参加いただき、本当にありがとうございました。

今回のスケジュールは、せっかくの休日にもかかわらず、平日よりも早く起きな

ければならないので、きっと、ご参加いただいた方全員、自然に体が動くほど、

国家の危機を肌で感じとっていらっしゃる方だと思います。

そのような方がこれだけいらっしゃるとは、日本の未来はまだまだ明るいと本当に

思いました。


また、今回の準備・運営に関しては、本当に多くの方にお世話になりました。

バタバタして、お礼の言葉をかける事ができなかったり、ご挨拶をする事もできなかったり

した方もいると思います。

ここで、ご協力をいただいた全ての方にお礼を申し上げます。

「本当にありがとうございました。」


さて、JSNのブログで当日の報告をする前に、花うさぎさんが素晴らしいブログを

神業とも思える早いタイミングでアップしてくださいました。

ありがとうございます!

JSNでも動画をアップして行く予定ですが、まず最初に、デモ行進と平行して行った

自衛隊への要請書の提出の動画をアップいたします。


この動画は、今まで誰も見たことが無い驚くべき動画です。

何故なら、マスコミが流している反戦平和、反米・反基地、反自衛隊の沖縄県民とは全く異なり

沖縄県民が上京し、自衛隊へ直接、緊急配備を要請している動画だからです。

尖閣、沖縄、日本を守るためにも、是非拡散にご協力をいただきたいと思います

よろしくお願いいたします。

JSN■【拡散依頼】10・24「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」提出:金城てる




統合幕僚長 折木良一 殿

「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」


自衛官の皆様、日々の国防の任務、本当にありがとうございます。

皆様におかれましては、尖閣危機の今、新たな情勢に即した訓練に日々励まれている事と存じます。

一方、中国人民解放軍は東シナ海の覇権を目指して着々と動いており、尖閣諸島の実効支配も本気で狙っている事もご存知だと思います。

そして、もし尖閣諸島が人民解放軍に実効支配されたら、二度と取り返すことが困難であることもご存知だと思います。

国防のプロである自衛隊の皆様は、本来なら自衛隊を尖閣諸島近海や先島諸島近海に派遣するべきであることもご存知だとおもいます。

それにもかかわらず、現政権では国防に関する危機意識が不充分な国会議員が多いため、自衛隊も思うように動けず、臥薪嘗胆の思いでいるのではないかと推察いたします。

しかし、私達、日本の主権と自由を守るためには、日本の自衛隊が国家を守る意志を強くみせる事が必要不可欠だと確信しております。

このような中、尖閣危機の最前線の沖縄県民こそ、自衛隊配備要請の声を上げるべきだと考え、この度、上京し要請させていただきます。


「私達、沖縄県民は、日本国の主権と自由を守るために、尖閣諸島・沖縄へ自衛隊を緊急配備する事を強く
要請致します。」

「一日でも早く、配備するようご尽力を更に強くお願いいたします。」


私たち沖縄県民は、国民の立場から、自衛隊の配備が実現するまで、国会に対して請願活動を行い続ける覚悟です。

自衛官の皆様は、国防のプロの立場から、どうか国会議員を教育し説得をお願いいたします。


自衛隊の皆様が沖縄に増強配備、駐屯される時には、沖縄県民総出で日の丸を振って、大歓迎で迎え
させていただきます。

国を守る尊い任務に励む隊員の皆様と、ご家族のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

     平成二十二年十月二十四日     

     沖縄請願団 代表 沖縄県那覇市○○○丁目○○-○     金城てる

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【緊急拡散依頼】JSN■10・24... | トップ | JSN■靖国神社を穢した「高金... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (黒鯛)
2010-10-26 18:06:06
本当にマスコミは腐りきっていますね。
転載拡散いたしました。
はじめまして! (えいと@)
2010-11-04 02:00:52

こんにちは、アメリカ在住のえいと@と申します。

金城てる氏の活動に感動いたしました!
沖縄の声をもっともっと届けたいですね!

沖縄もですが、本土のマスコミも腐っています。
まともな報道をしていません。
日本国民みんなが情報難民です。
まだまだ、日本の現状に気がついてない国民は多くいると思います。
こういった大切な情報を、多くの方に知っていただきたいですね。

貴ブログの記事を一部引用、リンクをさせていただきました。
事後承諾で申し訳ありません。

http://eight-americann.seesaa.net/article/168140937.html

   えいと@
拡散ありがとうございました。 (JSN仲村)
2010-11-04 09:02:56
黒鯛様、@えいと様

拡散ありがとうございました。

今ほど、沖縄の本当の声を全国へ、特に国会へ届ける事が重要なときはないとおもっております。

拡散にご協力いただきありがとうございました。

31日の名護の集会運営のため、ブログの更新が滞っておりました。

名護の集会の様子もこれからアップしていきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。
実名公表でも構わない。 (吉田兼達(実名です))
2011-12-24 04:10:02
初めまして。沖縄県うるま市宇堅在住の沖縄県民です。  これを観て、まだまだ沖縄は救えるのではないかという思いを抱きました。  テレビや新聞は、「反戦平和」や「自衛隊不要論」やらを連呼する、このような団体の意見に対しての反論を封殺しようとする圧力を強めています。そうしたなかでの、アップリンクは素晴らしいものです。ただ、ネットの世界でしか、これが伝わらないのかと思うと、残念でならない。私は右翼ではありませんが、左翼主義に凝り固まっている連中には、分からせたい。「世界の現実を認識しているのか?」と・・。
「軍事力いらない」「愛で全てが救える」と、おっしゃっている愚かな沖縄県民の皆さんに、こう聞きたい。「中国が攻めて来たら、なにで戦うのだ?斧や鎌か?・・あるいは「友愛」で戦うか?」・・自分は、アメリカ人は嫌いだが、中国はもっと嫌いだ。県民は、こうした脅威に早く気付くべき。
Unknown (吉田兼達(実名です))
2011-12-24 04:41:43
追加・・あなたのプロフィールを観ました。内地の方のようなので正直戸惑いました。「この人 (沖縄対策本部長) の思想を、そのまま拡散させていいのだろうか」・・と。考えた末、「金城てる」さんの言葉そのものを拡散させようかと思っています。・・理由は単純です。内地の人の思想に賛同することは、左翼と同じことだと思っているからです。沖縄県民であるからには、同志沖縄県民の声を信じる。・・すいません、生意気だとは思いますが、これが、自分です。しういえば、拡散のやりかたがわかりません。ネット回線引いたのは最近のことなので、やり方を教えてもらえれば有難いです。
私は内地の人ではありません。 (仲村覚)
2011-12-24 12:00:27
吉田様
私は埼玉在住の沖縄県出身者です。本土では、沖繩県民全てが左翼に見えるので、そうでない事を実証するためには自分が声をあげる意外ないと思う3年ほど前に活動を始めた次第です。
去年の動画ですがよろしかったらご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=WaUWOmMI9aI
とにかく、沖繩の愛国者の声を全国に届けるしか日本を守る方法はありません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL

ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ