人生≪拒止≫したくないのよね

初心者なので常歩(なみあし)で・・・
競馬中心になってしまう日常備忘的ブログ。
ブログ開始から4年目か・・・

2016年の言葉まとめ

2017年01月03日 | 日記
◆2016年の言葉・・・

・日本
 『金』(今年の漢字)
 『神ってる』(流行語大賞)
・イギリス
 "post-truth"(Word of the Year 2016 Oxford Dictionary)
・アメリカ
 "surreal"(Word of the Year 2016 Webster's Dictionary)

今年の漢字は12月17日に書いたので…
流行語大賞は意味不明だし(ブログ主の個人的感想)…

post-truthに対する日本語は…17日の宿題みたいになっていたのだが…
post-truth:Oxford Dictionary
"Relating to or denoting circumstances in which objective
facts are less influential in shaping public opinion than
appeals to emotion and personal belief"
世論の形成における影響力は、客観的事実よりも感情や個人的な信念に
訴えるほうが強い状況を示す←日本語訳できているか(合っているか)?だが…

ブログ主の「ぶっちゃけた解釈(多分、こんな意味か?)」は
一般大衆の支持を得たい時、真実(事実)に忠実な説明を行うより、一般大衆が
聞き心地が良い情報(不満を解消する情報)だけに焦点を合わす、相手の感情、
嗜好、信条に合わせた論法の方が賛同を得やすい・・・
→世論形成において客観的事実より感情などが重視されること

(EU離脱推進派からは事実を大いに脚色した情報、数値などがネットやメディ
 アから発信された:離脱が国民投票後、誤った?情報だったことが判明?
 米国大統領選挙のトランプ候補は言いたい放題の暴言・失言の連続で、事実か
 ら大きく乖離する誇張や虚飾がたくさんあった?
 上記のような解説文からの解釈なのだが・・・)

こんな意味を含んだ日本語ってブログ主は『知らない&分らん!!』

おそらくpopulismの新しい形態のことなのだろう
無理に日本語化すると『新大衆迎合主義』??

誰か、頭の良い人が「post-truth」を日本語化してくれないかなぁ~

もう一度post~を調べてみると
・~から脱却した
・~の重要性が低下した
・~にもはや束縛されない状態
という意味になる・・・

やはり『分からん!!』

一方のsurrealは
・超現実的な
・非現実的な
・非常に奇妙で理解しがたい
とすでに辞書に掲載されている
2016年3月にベルギーの首都・ブリュッセルのブリュッセル空港
及びマールベーク駅において発生した連続爆破テロ事件

2016年7月にフランスの南部・ニースの遊歩道プロムナード・デ
・ザングレにおいて、花火の見物をしていた人々の列にトラックが突
っ込んだ事件、トルコで同国軍の一部が画策し失敗に終わったクーデ
ター未遂事件

11月の大統領選でドナルド・トランプ氏が大統領に当選

時に検索増加が見られという事象から選ばれたと発表された
なんとなく日本語訳から「なるほど…」って感じ

世界が激変する可能性が高い2017年
post-truthがメディアを席捲するかもしれない・・・

【個人的通信:随行君はどのようにpost-truthを日本語化する??】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 東京大賞典 | トップ | 2016年の言葉まとめ:ド... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。