北信濃寺社彫刻と宮彫師

―天賦の才でケヤキに命を吹き込んだ名人がいた―

■30E 水上布奈山神社(みなかみふなやま)本殿(千曲市)

2017年01月30日 | 30 大隅流

諏訪大隅流:柴宮長左衛門。 寛政元年。

以前、柴宮長左衛門の紹介の項で少しご紹介しました(カテゴリー「大隅流」参照)。

特に両脇障子の上部の龍が、他にはない形態で素晴らしいと思います。

 

右脇障子の上部の『上り龍』。また、波も非常に躍動的です。

 

右からの本殿。

 

右縁下前面の 『蘇鉄(そてつ)と兎』。

 

 

 

右から。

右海老虹梁。

 

右脇障子上部の 『上り龍』部分。

 

右脇障子 『上り龍』の下部分。

 

右脇障子 『竹林の七賢人』。

 

左から。

 

 

左木鼻『獅子と獏』と海老虹梁。

 

左脇障子 『竹林の七賢人』。

 

左脇障子の上部 『下り龍』。

 

本殿正面。

 

右扉脇羽目 『寒山』

 

左扉脇羽目 『拾得』。

 

身舎の扉の上部。

 

上部の支輪 『菊(蕾と開きかけと開いた花)』、下部の中備 『牡丹とリスと獅子』

 

正面向拝 唐破風尻 『鳳凰』、 その下の中備 『鶴二羽』、虹梁は立体的な若葉の彫物。

 

*普段は、前面からしか見学ができません。

手挟み『菊』。

妻飾り『獅子』、支輪は『菊花』(右)、『梅花』(左)。中備は『飛龍に波』(右)、『波に亀』(左)、後面の縁下木鼻は鳥鼻。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ▲読売(地図)を制作・販売し... | トップ | ■ 諸職画鑑(しょしょくえか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

30 大隅流」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL