新聞記者OBが書くニュース物語 中村仁のブログ

全国紙の元記者・中村仁がジャーナリストの経験を生かしたブログ
政治、経済、社会問題、メディア論などのニュースをえぐる

トランプは日本語のトランプと違う

2017年02月10日 | 海外

 

切り札か、ババ抜きのババか

2016年2月8日

  「トランプ米大統領が誕生」と聞いて、「まあ珍しい。あのトランプのトランプさん?」と、思った日本人は少なくないでしょう。実は、日本語と英語とでは、トランプ(Trump)の意味が異なります。日本語のトランプは、ゲームで使う「トランプ」であるのに対し、英語のトランプの意味は「切り札」です。日本語の「トランプ」を英語でいう時は「card(
使う際はcards)」です。


 「トランプ大統領はへえー、切り札なんだ。それにしても、国内、海外からやること、なすこと、しゃべることに批判が高まり、集中砲火を浴びている」。「そうでもない。英語のトランプの意味はジョーカーに相当すると思えばいい」。友人との間でこんな会話があり、辞書や用語解説で「ジョーカー」の意味を確認してみました。

 

 「最高位の切り札。ババとも呼ばれる。有益なカードにもなり得るし、有害なカードにもなり得る」。「トランプに含まれる特別なカード。道化師などの絵がついた番外の札」。ざっとこんな具合です。米大統領は世界最強の政治家ですから、確かに最高位の切り札です。と同時に「有害なカードにもなり得る」とは、なんとも皮肉な話です。さらに「番外の札」とは。選挙選序盤では、泡沫候補扱いされ、確かに「番外」でした。


 ついでに、トランプ氏は、祖父母がドイツ出身でドイツ系です。ドイツ語でトランプは「trumpf」と書き、トランプ氏の「trump」と少し違います。意味は英語と同じく「切り札」です。それにしても面白い名前です。


奇想天外かつ大胆不敵


 大統領に就任して矢継ぎ早やに、イスラム圏7か国からの入国禁止令、メキシコ国境に巨大な壁の建設、日中独の為替安への批判、国際組織・機関に対する軽視発言と、恐れるものなし、という威勢のよさです。「七並べ」でジョーカーを使って完成したら上がりで勝ち。ババ抜きゲームのように、最後にババをつかんだら、負け。さてどうなるのでしょうか。


 個別のテーマごとの問題点、それに対する批判に関心が集中しています。そこで少し距離をおいて、トランプ現象を見つめると、違った視点が浮かび上がってこないでしょうか。かつて大手商社、今は国際的に活動するNGOの幹部を務めている友人が、「トランプ大統領が次々に打ち出す政策を社会的実験と考えてみたらどうだろう」というのです。「実験が成功するのかしないのか、興味津々だね」といいます。


 奇想天外な実験、誤解に満ちた実験、間違った実験など、政治、経済、社会、国際関係などにまたがり、これだけ多くの改革、政策項目を一挙に並べたててくれることは滅多にありません。化学や物理、生物では実験ができても、社会を相手にした実験はなかなかできません。実験台に乗せられた米国民、相手国、直接の利害関係者は怒るでしょう。そこは目をつむることにしましょう。


淀んできた世界秩序


 「トランプ氏の革命」という表現も聞かれます。「トランプ氏自身の素顔、米国の裸の姿を見せてくれている」との皮肉っぽい論評も聞かれます。とにかく政治、経済、社会学者は豊富な研究材料を簡単に手にすることができました。「トランプ氏のどこが間違いで、どこが正しかったか」、「識者やメディアの論評のどこが間違いで、どこが正しかったか」を検証する絶好の機会がやってきました。


 冷戦終了後の世界秩序が固定化する一方、ほころびが目立ち、中ロは野望を実現するチャンスがきたとみていいます。国連、WTO(世界貿易機関)などの国際組織は影響力が低下し、役割の見直しに迫られています。多国間交渉の軽視、二国間交渉の重視というトランプ氏の狙いはどうなるのでしょうか。一国の経常収支は貯蓄・投資(IS)バランス論から考察し、赤字国は貯蓄を増やさないと、貿易赤字は削減できないというかつての議論は見向きもされないのでしょうか。


試されるメディアの能力


 大統領は既成メディアを敵視し、ツイッターを駆使して情報発信しています。日本のメディアの多くは政権寄りになっているのに対し、米国ではメディア対政治権力という構図は健在です。敵視されることが多いトランプ革命に対し、国民の半数程度が支持しているそうです。ボーダレス経済、マネー市場の肥大化が格差を増幅しているのも事実です。メディアが米国の現状をどうみていくのか。


 米国は世界の縮図ともいえます。トランプ氏という異物のような人物の登場によって、行き詰まり、矛盾、難問、不満が一挙に政治的課題として水面上に浮上しています。大きな視点でトランプ革命を解剖し、論評していくべきでしょう。トランプ氏が割り込んできたという側面、米国社会がトランプ氏を送り込んだという側面、トランプ論のレベルを引き上げていくべきでしょう。




ジャンル:
海外
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国が誤解する「思いやり予... | トップ | 論客の池田信夫氏による論評... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しづか)
2017-02-09 18:32:07
中村さま

今回も大変、参考になりました。
いつも有難うございます。
トランプ物語り (中村仁)
2017-02-09 20:23:05
珍しい名前だと思い、調べてみました。縁起のいい名前なのでしょう。
Unknown (名前知らず)
2017-02-11 14:41:38
威勢が激しい  威勢が良い
興味深々    興味津々

日本語に問題あり
Unknown (名前知らず)
2017-02-11 14:42:22
威勢が激しい  威勢が良い
興味深々    興味津々

日本語に問題あり

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。