招き猫の銀河鉄道

「新世界」創造を夢みて

負けた日

2017-07-02 22:08:54 | 日記
藤井四段が負けた。
勝った相手は、「目力王子」こと佐々木勇気五段。
何か残念だ。
勝負の世界だから仕方ない、か。

都議選では、自民党が負けた。
それも惨敗になりそう。
勝った相手は、
小池百合子率いる「都民ファーストの会」。

安倍首相は、
我が妻、稲田防衛大臣、豊田議員と、
相次ぐ「女難」。

「安倍一強」の時代は終わるのか?
安倍首相と小池都知事は、
どのような関係を構築するのか?

何か最近、
「時空の断層」を観じる今日この頃である。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現代の水戸黄門

2017-05-21 06:18:59 | 日記
昨日、「ブラタモリ」を見た。
「尾道」特集だった。

平安時代の荘園、大田荘が近くにあり、
その収穫物の荷出しの港として発展した町という。
だから尾道という町は、結構歴史があるんだね。
 
ブラタモリは、
こんな町の謂われを、
自然に納得できながら見れるのが、
楽しさの一つだ。

ブラタモリを見ると、
タモリのかなりの博学さ、地頭のよさに感心してしまう。
コメディアンは仮の姿で、
本当は、学者さんじゃないか?と思うぐらいだ。

このブラタモリ、
去年、熊本震災が起きる直前に、
熊本城の特集を偶然やってました。
その時、地元の自分だからこそ知らない、
様々な土地の謂われを知って、
非常に感動した記憶があります。

思うんだけど、
タモリの、自然体な言動が、なんかいいんだよね。
この人、デビューの時は、
ホント、エグいキャラ(笑)だったんだけど、
今となっては、
枯山水のように、
ほどよく枯れた大物芸能人になっちゃってます。

みんなに知られて、慕われて、
それなりの歳になって、
全国の名地を、
カメラマンなんか多くの人を従えて行脚している姿を見ると、
まるで、「現代の水戸黄門」に見えてしまいます。
実際、水戸黄門と同様に博学だしね。

でも、
実際の水戸黄門は、
実は全国行脚なんかしてなかったらしいです。
あれは、ドラマの強烈な創作なんだよね。


タモリは、長年の「笑っていいとも」も終わって、
半分隠居生活のようなものだけど、
趣味をそのまま仕事にしている「ブラタモリ」を見ると、
ホント自然体の好々爺で、
こちらも自然に好感を持ってしまいます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好きな言葉

2017-05-12 04:16:59 | 日記
   天衣無縫

       融通無碍

           自由自在
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の日記

2017-04-23 21:55:50 | 日記

朝、姉を見舞った。
11時、菊陽町の畑の脇に車を止めた。
360度、眺めがいい所だ。
11時20分ぐらいから、6機の戦闘機が見えだした。
ブルー・インパルスだ。
熊本震災復興1年としての記念イベントだった。

昼、加藤神社に参拝した。
壊れた熊本城の天守閣が痛々しかった。
白無垢の花嫁がいて、
海外の観光客が、城を背景にスマホで撮っていた。

その後、美術館で知人に会った。
観賞したのは、
「土佐の龍馬、肥後の小楠」という企画。
帰りに、近くの護国神社にも参拝した。

今年のGWは、仕事で全くない。
たぶんこんなことは、これからもないだろう。
久しぶり、少しだけくつろげた日曜日だった。
明日は、母の見舞いに行かなくてはならない。

今日は、透き通るほどの快晴だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

揺れる朝鮮半島

2017-04-01 07:48:45 | 日記
昨日、韓国の朴元大統領が逮捕された。
同じ日に、
あのセウォル号が、港に接岸された。
何か不思議なシンクロニシティを感じてしまう。

先月は、
北朝鮮の独裁者金正日の長男だった
金正男氏が、マレーシアの空港で暗殺された。
VXガスを使った犯行だった。
北朝鮮当局の犯行であることを疑わない人は、
誰もいないだろう。

VXガスといえば、
日本ではオウム真理教を思い出す。
北朝鮮は、
国家組織の「反社会団体」に見えなくもない。

韓国にしても、
北朝鮮にしても、
潜在意識、朝鮮民族の集合意識という深層部分で、
何か大きな変化が起きているのかもしれない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建国記念日の総理の訪米

2017-02-11 06:00:00 | 日記
スーパーボウルl2016 レディーガガ国歌独唱!



日本の建国記念日に、アメリカ国家独唱の映像を載せるのは、
ちょっと天の邪鬼だろうか。

この映像を見ると、
アメリカ人は、国旗に対して忠誠を誓うことが分かる。
国旗は、
アメリカの自由と民主という理念、
そしてアメリカ国民統合の象徴だ。

そう。移民で成りたったアメリカは、
いろんな人種、いろんな宗教を信じている人がいるから、
アメリカという国家そのものに、
幾ばくかの神聖さを持たせる必要があったのだろう。
そのような理念がないと、
簡単にバラバラになってしまう可能性があるからだ。

そして、
アメリカという国家の統合の象徴である
大統領は、
強きリーダーシップがあり、
かつ、それなりの威厳のある人物であらねばならない。
そのモデル(原型)となったのが、
初代大統領ジョージ・ワシントンである。

その「原型」に、
現大統領ドナルド・トランプは、当て嵌まっているのだろうか?
どうみても型破りである。
それが吉と出るか、凶と出るかは、
今のところわからない。


基本的に、
それぞれの国家は、それぞれに尊さがあっていいと思う。
しかしながら、
自国のみを肯定し、他国を返り見ない姿勢はいかがなものか?

個人ベースで考えても、
自己のアイデンティティを尊重することは大事なことであるが、
それは、他人を全否定する理由にはならないと思う。
自他共に肯定する。それが真っ当な思想である。

戦後50年の日本は、
自国を徒に卑下する、つまり自己否定の国家であった。
だから、
学校の卒業式で、国旗を揚げない教員がいた時期もあった。
これは極端な一例である。

自己だけを肯定し、他を否定する。これはバランスを欠いている。
自己を否定し、他を過大評価する。これもバランスを欠いている。
自己を否定し、他も否定する。それはニヒリズムである。
自己を肯定し、他をも肯定する。これが真っ当な思想である。

自己を尊び、他人も尊ぶ。
それと同様に、
自国を尊び、他国も尊ぶ。
そのような姿勢から、
大調和の世界が顕現する可能性も出てくるのではないかと観じる。


日本の建国記念日である2月11日(アメリカ現地時間)に、
安倍首相は、型破りのトランプ大統領とゴルフをする。
日本国の存亡にかけて(大袈裟かな?)、
トランプとの深い信頼関係を築いてもらいたいものである。

トランプ大統領の出現によって、
安倍首相は、
勝手なアメリカと、
それにギクシャクする世界との「橋渡し役」になれるかもしれない。


ところで、レディー・ガガという人は、
決める時には決める人なんだね。
この映像を視聴して、強くそう思った。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超自然性

2017-02-05 14:23:47 | 直観
不吉な年は「奇数の年」だと、今まで思い込んでいた。
1991年の「湾岸戦争」
1995年の「阪神大震災」
2001年の「9・11」
2003年の「イラク戦争」
2009年の「民主党政権交代」
2011年の「3・11」
  (ちなみに、湾岸戦争と阪神大震災は、同じ1月17日に起きている)

でも、
熊本地震が起きた2016年は、
「偶数の年」だった。

私にとって、昨年の2016年は、
一生忘れられない年になるだろう。
「カタストロフィ」という言葉が、
一番しっくりくる年だった。


2016年=2+0+1+6=9=「締めの年」
2017年=2+0+1+7=10=1=「始りの年」


今年から、「新世界」が顕在化してゆく。
そう実感する今日この頃です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「真田丸」評

2016-12-31 12:00:00 | 日記
何年ぶり、通しで大河ドラマを見ることになった。

前半の草刈昌幸、中盤の小日向秀吉が圧巻だった。
後半の、豊臣秀頼の若い役者は何か魅力があった。

昌幸、信幸、信繁三人で初めて成り立つドラマだ。
昌幸の父、幸隆から始めれば、
真田三代記として面白かったかもしれない。

やはり三谷幸喜の脚本はクセがある。
いろいろ評価はあろうと思うが、私には合格点だった。
残念なのは、最終回が有終の美にならなかったことだろうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョン・レノンと中曽根康弘

2016-12-12 22:30:06 | 日記
ジョンは、「Love & Piece」の人。
どちらかと言うと「左翼」的に見られる人かもしれない。
もしくは、反権力そのもの。
一方の中曽根元首相は、
現役時代、靖国神社公式参拝などもあり、
Super Right、つまり超右翼と揶揄されていた。
こちらは権力の中枢そのもの。

よって普通、全く繋がらない二人のはずである。
しかしながら、
私の意識の中においては、何故か繋がっているのだ。
私にとって、二人の共通点とは、
私が若い頃、非常に熱中した人、という処にある。


私は、中学の時、ビートルズの虜になっていた。
のめり込むうちに、いつの間にかジョンに傾倒していった。
今に思えば、ジョンの哲学的なところが好きだったのだと思う。

「Imagine」「Happy Xmas」でもわかるように、
ジョンは、本気で「世界平和」を望んでいた。
一見悪態をついた態度も見せていたジョンだが、
中身は、博愛の人だったと思う。
そして自分に正直に、赤裸々に生きた人だとも思う。
そういうジョンが、私は好きだった。

ジョンは、キリスト教的一神教を嫌った。
ジョンの肯定的宗教観は、どちらかというと神道に近かったのかもしれない。
そのことを、
オノ・ヨーコさんの従兄の加瀬英明さんが、
月刊「正論」に記されていた。
 ※参照サイト:「ジョン・レノンは靖国の英霊に祈った 外交評論家・加瀬英明」

  
ところで、
私の大学の4年間を通じて、政権は、中曽根政権であった。
衆参同日選挙で自民党が圧勝した時、
学生であった私は、非常に感動した記憶がある。
自分でも不思議なほど、中曽根政権に熱くなっていた。
その時、何故そうなっていたのか、頭ではわからなかった。
ハートから来るものだった。

様々な人により、様々な評価をされる中曽根元首相であるが、
私の評価は、
戦後最高の哲人政治家である、というものである。 
その認識力の深さ、高さ、広さに感動するものである。
それでいて政治的手腕に長けていて、いい意味で現実的である。
そして、この人が首相の時、
日本は最高に繁栄を謳歌した時代だったと認識している。

中曽根さんは、
「世界平和研究所」という公益財団法人を創っている。
老獪な政治家の思いつきと思われる人もいるかもしれないが、
私は、
中曽根さんは本気でそう思って設立されたものだと観じている。

  
そうだ。
二人は、「世界平和」において共通している。
左も究めれば右になるのか、
右も究めれば左になるのか、
左も右も、「世界平和」において統合されるのかもしれない。
私は、そのイメージを、
「地球連邦」という言葉に置き換えて表現しているのだけど。

  
12月8日は、ジョンの命日だった。
(日本時間では12月9日の昼頃)

1980年12月9日、私は、高校の修学旅行で、
瀬戸内海上のフェリーにいた。
その日の午後7時のNHKニュースで、
ジョンが射殺されたことを知った。
帰宅して、一人泣いたことを覚えている。

12月8日といえば、「真珠湾攻撃」の日でもある。
安倍首相が、今月末、真珠湾を慰霊訪問する予定になっている。
オバマ大統領が今年5月広島を訪問したから、
日米戦争を「恩讐の彼方に」することなので、
個人的にはいいことだと思っている。

その安倍政権は12月5日、在任期間において、
長かった中曽根政権のそれをを抜いてしまった。


日本国が中心軸となって、
世界平和に寄与する時代が、
そろそろ到来しているのかもしれない。
トランプ・ショックも、
その一つの顕れに過ぎないのかもしれない。


   参考サイト1:「『神武建国』に思う」
   参考サイト2:「『太陽の国』~日本精神ルネサンスの予兆~」
   参考サイト3:「『地球連邦』に向けての一考察」
   


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「新世界」

2016-12-03 22:17:12 | 直観
今日は、12月3日。
「1・2・3」
歯切れのよい日。

何かが始る日。
「最初のステップ」の日。

「最初の一歩」は肝心だ。
最初だから、慣れていない。
潜在意識に未だ入っていない状態。
だから、
顕在意識をフルに使わざるを得ない。
だから、
集中力が要る。

しかし、
「最初の一歩」だから、
その出合う対象は、至って新鮮だ。
新鮮な感覚は、純粋な悦びを伴う。
「純粋経験」というヤツだ。
その「悦び」が反転して、
「怖れ」として表現される時もあるけれど。

そして、
常に自分にとって「純粋な今」を意識すれば、
実は
根源的なエネルギーが湧き出してくる。

いつもの平凡な日常の動作でも、
「純粋な今」を体験できれば、
その時、そこは、
その人にとっての「新世界」となる。

そうだ。
今は、
それぞれの人にとっての「新世界」を、
紡ぎ出すべき時期なんだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日のこと

2016-11-30 21:24:35 | 日記
昨日の朝、カレンダーを見て、
今日は29日だと思い、
「福の日だな」と、幸せな気分になった。(笑)
  (単純な自分だ。)

昼、スーパーに行ったら、
「肉の日」ということで、肉が安く売ってあった。
「そうか、肉の日とも解釈できるよな」と、
妙に感心して、楽しい気分になった。(笑)
  (やはり単純な自分だ。)

夕方、地元のニュースを見ていると、
「今日は11月29日なので、『いいフグ』ということで、
  フグの養殖業者が、フグの試食キャンペーンを企画しました。」
と言っていた。
「そうなんだ。そうもとれるよな」と、
意表を突かれて、また感動してしまった。

そして、
「日本語は、本当に重層的にできていて、素晴らしい!!」と、
勝手に盛り上がっている自分が、そこにいた。


この日、隣の国では、
大統領が辞意を表明する会見を行っていた。

朴大統領の生い立ちを見ると、
母が流れ弾に当たって亡くなり、
大統領の父は、側近に暗殺され、
ホント「不遇な人生」を送っている印象を感じる。

そう思っていたら、
「不遇」も、数字に転換すると29とも言えるかな、
と思わず思っている自分がいた。


私にとって、
昨日は、
「29」尽くしの一日だった。



 ※追伸(12月12日)
   そういえば、来年は、「平成29年」だ。
   来年は、「福の年」なんだね。
   うん。「福の年」と思いこもう。(笑)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大地の鳴動

2016-11-23 16:45:08 | 日記
昨日11月22日の福島県沖M7.3の地震での、

津波の映像に、
原発の映像に、
そして長周期地震動という言葉に、

5年前の東日本大震災をフラッシュバックした人も多いはずだ。


今年は、
4月の熊本地震(最大震度7二回)に、
10月の鳥取地震(最大震度6弱)、
最近では4日前に、
和歌山を震源に震度4のわりと大きな地震も起きている。

なんか、日本どこでも、
結構大きくて広範囲の地震が頻発している。
ちょっと不気味だ。

昨日の地震は、東日本大震災の余震だと気象庁は言っている。
2011年の3・11から、
どうみても、
日本での地震活動が活発化し出したことは間違いない。


熊本地震を経験して解ったことは、
大きな地震は、
物理的な打撃だけでなく、
何か目に見えない、心の深層までにも突き刺さる、
不思議な力があるということだ。

周りのいろんな人を見て、聴いて、それを実感している。
大きな地震は、
人間を根源的な処まで追いつめる。
その結果は、
いい方にも、悪い方にも噴き出してくる。

大袈裟にいえば、
「惑星地球」の、
何かの「囁き」に感じるし、
何処かへの「招待状」にも感じるのだ。


これからの「地球の囁き」を傾聴していきたい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NOW IS THE TIME

2016-11-15 00:01:00 | 直観
今日は、Super Moon。

バシャールは、「今年の秋からすべてが変わる」と言っていた。
11月9日の「トランプ・ショック」は、その一つの象徴かもしれない。

2016年11月11日の「Gate Wayの日」も過ぎた。


自分の「内なる声」に耳を傾けよう。
「Universal Mind」と一つになろう。
その時、
それぞれの
「The Great Central Sun」が輝き出すことになる。






エレファントカシマシ「今宵の月のように」





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ・ショック

2016-11-13 16:04:14 | 日記
11月9日、ドナルド・トランプが、アメリカ大統領選に勝利した。

私はクリントンがぎりぎり勝つと思っていたが、
アメリカ国内、日本国内、世界全体にとっても、まさかの番狂わせが起こった。
得票率では若干ヒラリーが上回ってるのだけど、しょうがない。
今年はホント、いろいろある年だなぁ、と実感した。

トランプも、クリントンも、嫌われ者の、史上最低の大統領選と言われていた。
でも、結局クリントンの方が、より嫌われていたってことなんだろう。
トランプには熱烈な信者の如き支持者がいたけど、
ヒラリーには、いなかった。
後ね、「隠れトランプ支持者」も、結構いたってことだろう。選挙結果を見れば。

ヒラリーは、メール問題だけでなく、体調不良の心配もあった。
また夫の元大統領の時からすれば、20数年中央政界にいた人物だったから、
そこがまた既存の政治家として、飽き飽きされていたんだろうと思う。

でも、アメリカのマスコミもあてにならないね。
序盤は視聴率が獲れるから、トランプをたくさん取り上げてたのに、
後半トランプが泡沫候補から抜けきって、共和党の大統領候補に躍り出て、
ヒラリーと競り出したら、
急に慌ててヒラリーよりの戦陣を張り出した。
それがまた、一般国民の感情を逆なでしたんだろうな。

今回、嫌われ者同士の究極の選択的選挙だったのは間違いないけど、
これ、二大政党制の欠陥とも言えるよね。
多党制なら、他にマシな候補者を選ぶ機会もあったと思うんだよね。
2009年以前、日本のマスコミは、
事あるごとに、英国、米国の二大政党制に習えと言ってきて、
日本の政権交代の後押しをした事実があるんだけど、
この制度には、こんな欠陥もあったということだ。


アメリカ国民がトランプを選んだということは、
アメリカと言う国家が、
「世界の警察」という「超大国」をやめて、
「普通の大国」になろうとしていることなんだと思う。

日本は、本当の意味で、自立する絶好の機会ではあると思う。
今回のトランプの勝利で、
安倍首相の任期延長は確実になったな、と個人的には思っている。


今日の私を含めて、後付けでは何とでも分析できる。
ジャーナリストの木村太郎さんは、
今年の1月ぐらいから、トランプが絶対勝利すると断言していた。
アメリカ生まれでアメリカ通の賢者が、
なんでそんなこと言うのかなぁと不思議に思ってたけど、
今回さすがだなと唸ってしまった。


ところで大統領選勝利直後、トランプ、案外マトモなこと言ってた。
選挙戦中、あれだけ罵詈雑言して、
当選したら、そんなことなかったかのように、みんなの前で演説する。
普通の神経してないな、この人。(笑)

どこに落ち着くのか、今のところわからない。


トランプ勝利で、より「世界的戦国時代」になっていくことは確か。
どこの国のトップも、一癖も二癖もある人ばかり。
これから暫く、スリリングな世界情勢になっていくことでしょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清々しい秋風が吹く季節

2016-10-29 10:33:49 | 日記
最近のハロウィンの盛り上がりに、
ポカンとする自分。
年をとったことを実感します。
時代についていってないというか。


今日の日本シリーズ、広島に勝ってほしい。
これまでの5戦、地元で試合した方が勝ってるから、
期待してるんだけど。

でも、個人的には日ハムの大谷、好きです。(笑)
「天は二物も三物も与えるんだなぁ」
と、この人を見ると思っちゃいます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加