じんじんの家づくり 「ダイワハウス XEVO E」で建てます

今年で30歳を迎えたじんじんが「ダイワハウス XEVO E」で家を建てていく過程を記したブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外壁・屋根・玄関

2008-05-19 13:01:29 | 設備・仕様

こんにちはー  土、日も消防団活動でぼろぼろなじんじんです。

 

今日は先日に引き続き我が家の仕様について書きたいと思います。

 

ダイワハウスのXEVOでよくある色として、ベースがホワイトでアクセントに濃いグレーを使っているのをよく見かけます。実際展示場なんかでも、この組み合わせが多いと思われます。

↑こんな感じの家(画像はイメージです)

 

我が家もそんなイメージでいましたが、インテリアコーディネーターとの打ち合わせで、その旨を伝えると、「外壁に新しいのが出ているのでこんなのはどうですか?」と言われたのが、濃い茶色の外壁。

これを見て、妻が一目惚れしたらしく、我が家のアクセントカラーは濃い茶色に決定しました。

 

そしてベースは白を希望していたんですが、あまりにも白すぎると汚れが目立つし、何より少し色目が付いていたほうが、高級そうに見えるということから、うちのベースはタイディグレーという色になりました。グレーといってもかなり白に近いです。

 

屋根もこれに併せて、茶色を選びました。

 

ちなみに我が家の屋根は瓦を選びました。

 

スレートの屋根にすれば安くすむということで、はじめは提案を受けましたが、今住んでいるところの近くの家で、スレート屋根で色がはげまくっている家がたくさんあるんですよね・・・。最近のはそんなことないと言われましたが。

やっぱり瓦のほうがカッコいいし、耐久性もよさそうなので高くつきましたが、我が家は瓦にしました。

耐震性を考えると瓦じゃないほうがいいみたいですけどね。大丈夫だと願っています。

 

あと玄関ドアですが、これは普通かな。色は茶色ですね。

こんな感じです。

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

 

コメント (12)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ノコリ~ユ・ECO

2008-05-16 13:01:52 | 設備・仕様

二日連続で更新できそうです。どうもじんじんです。

 

今日は洗濯についてです。

 

皆さんは洗濯するときにお風呂の残り湯を使っていますか?

 

我が家は必ず使うようにしています。ECOというか貧乏性というかですけどw

 

その際は洗濯機からお風呂の湯船に専用のホースというか吸管みたいなのをその都度入れているんですが、そのホースをいちいち出ししれするのがメンドクサイし、また湯船と洗濯機の間に少し距離があったりすると、そのホースが邪魔になったりと、いろいろ問題があります。

 

まぁ気にしない人はしないのかもしれませんが、自分は気になっていたんですよね。

 

今回家づくりをするにあたって、いろいろな家づくりのブログを見ていて発見したんですが、そんな悩みを解決する素敵なアイテムがありました。

 

それがTOTOの「ノコリ~ユ・ECO」という商品です。

 

商品の概要↓

http://www.com-et.com/online_cat/0265_pdf/0179.pdf

 

要は洗濯機と水道をつなぐ要領で風呂の残り湯を使えるというとてもナイスなアイテムなんです。

でもこのアイテムを使うためには、配管工事が必要となるほか、使える洗濯機も限られるし、エコキュートもフルオートにしなければいけないなど、いくつか制約はあるんですが。

たまたまその制約はうちには何の問題もないので採用しました。

 

まだ使ってないんですが便利に違いないと思います。

 

家づくりを考えている方は検討してみてはいかがですかね。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色決め終了!

2008-05-15 13:00:59 | 設備・仕様

どうも御無沙汰しております。じんじんです。

 

職場が変わり忙しくなったことと、今年から入ることになった地元の消防団(この辺が田舎だなぁ~)の活動が毎日忙しくて、体力的にぼろぼろで、とてもブログを更新する余裕がありませんでした。

 

4月の終わりのことになりますが、やっと家の色決めが終わりました。

 

たくさん載せることはありますが、今日はとりあえず、床の色と建具の色を紹介したいと思います。

 

まず我が家の床はXEVOの標準仕様であるライブナチュラルという床にしました。これは集積材になるんですが、表面に無垢材のような板がはってあって、一見豪華な床に見えるんですよね。ほんとは無垢材を使えればいいんですが高いし・・・。無垢材は反ったり、変形するらしいですしね。

 

ライブナチュラルの床材は確か7種類くらいから選ぶことができたんですが、その中で我が家が採用したのは「ブラックチェリー」というものです。

 

 

これは、積水ハウスの建売物件でもあったんですが、この質感とか木目の入り方、色合いなど、僕のハートをズバッと打ち抜きましたね。

 

なので、我が家のメインの床材はこれになりました。

 

だけど、2階の子供部屋と書斎については予算との兼ね合いでもう少し安いDフロアというものになりました。まぁ子供部屋だし、傷つきそうだし、いいかなって感じですけどね。

 

 

ドアですが、これもXEVOの中にあるインテリアドア(F1タイプ)というものを採用しました。

 

これも見た瞬間「かっこいい~」って思いました。

 

XEVOは標準仕様で、ドアが天井高になるんですが、このF1タイプのドアは木目が横で、すごく質感がいいんです。これをすべてのドアに採用しました。少し高くついちゃいましたけどね・・・。

 

とりあえず、第1段はこんな感じで。

昼休み終わっちゃったので、また次回をおたのしみに~!!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オール電化1 「エコキュート」

2008-03-31 13:27:13 | 設備・仕様

こんにちは

先週は送別会と花見でさんざん酒を飲みまくって、体調がぼろぼろなじんじんです。

 

今日はまた我が家の設備のお話です。

 

家を建てるときにまず悩むことの一つとして、オール電化にするか、電気・ガス併用にするかというものがあります。

その中で、我が家はオール電化にすることにしました。

理由はいくつかあるんですが、まずIHクッキングヒーターだと後片付け等が簡単で、きれいな状態を保ちやすいのではという点、また火を使わないので、火事になる危険が少なくなるということですかね。

 

またガスの配管工事をしないので、初期費用が安く済みます。

 

オール電化にすると、キッチンがIHになるのともう一つ、給湯器が電気温水器になりますよね。

うちは電気温水器としてエコキュートを導入することにしました。

 

エコキュートは皆さん知ってるとは思いますが、「ヒートポンプ給湯器」と呼ばれるもので、普通の電気温水器と違って、空気の熱を利用してお湯を沸かすというものです。その結果、電気の使用量が通常の1/3で済むので、非常に省エネな給湯器です

 

しかし、電気代が1/3で済む一方で、イニシャルコストが非常に高いというのがデメリットでしょうか

 

電気の使用量にも関わってくることですが、元を取れるかどうかは今のところ微妙なところだそうです。

 

また、新しい機械であるため、耐久性もどこまでもつか分からないということで、1説によると10年くらいで交換しなくてはいけないという話もあります。

 

それを踏まえた上で、我が家はエコキュートを入れることにしました。一番の理由は僕が新しいもの好きなミーハーなことなんだと思います

 

うちが入れる予定のエコキュートは、ナショナル製の460Lフルオートです。

 

ダイワや積水の営業さんからは370Lでも十分だという話を聞いたんですが、我が家は女性が多く(妻、娘、ばあちゃん)、もう一人娘ができると、なおのことお湯が必要になるんではないかと思いました。いつもお湯の残量を気にしながら使うのが嫌だったので、思い切って460Lにしました

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

契約しました

2008-03-27 13:03:58 | ハウスメーカー選び

こんにちはー!!

 

昨日、年度末の恒例となっている人事異動の内示がありました。

結果は・・・、とても残念な結果になりました

 

来年度は家づくりも本格化するし、いろいろ忙しくなる年なのに、残業がおそろしくあるとても忙しい部署になってしまいました。これからは妻に頑張ってもらわなければですね。

 

昨日、仕事が終わった後に、ダイワハウス営業のHさんが家に来てくれて、無事に契約をしました

 

今までも間取り図など家に持ってきてくれてたんですが、夜にきていたらしく、いつもいポストの中に入れてくれてたので、うちに上がってもらうのは初めてでした。

 

お祝いということで花を持ってきてくれてました。心づかいありがとうございます

 

それで契約前に、契約約款などを一つ一つ口頭で読み上げ、細かく説明していただきました。

 

今回の契約は、あくまでも請負契約というだけで、これから契約をやめたとしても、収入印紙代のみ返すだけということでした。

 

一番重いのは、これから細かい色決めなどを行い、すべて決まった段階で設計図に押す着工の印鑑ということでした。

 

でも、やはり自分としては、これから大事なマイホームづくりをお願いするということの一つの区切りということで、若干緊張しましたね。

 

諸経費と工事代金の一部(ほんの少しですが)を契約金?ということで支払い、契約が終わりました。

 

また、間取りで若干の変更してもらいたいところがあったので、相談しました。

変更ポイントは、玄関付近に窓がないため、玄関やホール付近が暗くなってしまう気がしたので、玄関脇に窓を作ってもらうことにしました。その関係で若干、玄関収納の位置をずらすことになり、建て坪が増えてしまうとのことでした。費用がアップしてしまうのは厳しいのですが、やはり明るい玄関であってほしいのでお願いすることにしました。

 

これから4月に色決めなどを終わらして、5月の終わりには地鎮祭まで行きたいななと思ってます

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

  

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アラウーノ

2008-03-26 13:02:58 | 設備・仕様

今日はトイレを紹介します

 

我が家がトイレに入れようと思ったものはナショナルの「アラウーノ」です

 

この名前は1度は聞いたことあると思います。テレビとかでもCMが流れてましたよね。

僕もCMで見て存在は知っていたんですが、具体的にどんな性能を持っているの

かは知りませんでした。

 

アラウーノについてちゃんとに知ったのは、ダイワハウスのリビングフェア

に行ったときに、各社のいろいろな設備が出品されていて、その中に

アラウーノがありました

 

ナショナルの担当の方に話を聞くと、まずアラウーノの特徴として、自分で

汚れを掃除するため、2~3ヶ月間はブラシ掃除が必要ない

ということでした

 

これはどういうことかというと、今までのトイレは陶器製でできているものが

多かったのですが、このアラウーノは、有機ガラス系の新素材

よって作られているので、水垢などが付きにくいというものだそうです

 

また、市販用の食器用洗剤を取り付け「激落ちバブル」という2種類の泡洗浄で1回1回使用するたびに、自動で泡洗浄するというものです

   

 

また水流もスパイラル水流という、渦巻き状で流れるため、今までよりも

パワフルに汚れを落とすそうです。

 

 

 

これ以外にも、1回あたりの水の使用量が少なかったり、普段は冷たくて

使用する際に便座を急速に暖めるなど、省エネにも考慮されています

 

また、人が近づくと自動で蓋が開いたり、使用後は立つと自動で洗浄したり

するなど、その辺のホテルにあるようなトイレだと思いました

 

これだけの機能が付いているトイレなので、高いんだろうなぁ・・・と思っていた

ところ、ダイワハウスの営業Hさんが、

 

「このアラウーノの白色だったら、うちは大量に仕入れることになるらしい

ので、安くできますよ。普通のタンクレスくらいにはなると思います。」

とのことでした。

 

それなら是非お願いしますということで、入れてもらうことにしました。

ダイワハウスを選んだ理由の一つかもしれないですね。

 

ついでに、トイレに手洗いも付けたんですが、そこの手洗いも、

「ほとんど差額なく自動手洗いにできますよ」

とのことだったので、お願いしちゃうことにしました。

なので、うちのトイレは分不相応に豪華になりそうです。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蓄熱暖房機

2008-03-25 13:12:30 | 設備・仕様

今回から我が家に入れようと思っている設備について、紹介したいと思います

 

まずは暖房についてです。

 

新築する時に考えることの一つとして、暖房器具についてどうしようか考えると思います

 

例えば、床暖房。これはほとんどの人が検討するのではないでしょうか。床暖房はその名の通り床が温まり、その輻射熱で部屋全体を温めるというものです。

 

我が家も床暖房について検討しましたが、うちはリビングを広く取りたかったので、それに対応した床暖房を入れるとなると、かなり高額な出費になるということがわかり、断念しました。

 

またエアコンでという方も多いと思います。

 

我が家はリビング階段にしようと思っていたため、暖かい風が2階に抜けてしまうこと、また自分がぜんそくなどのアレルギー持ちなもんで、床のほこりが舞い上がるエアコンはうちにとってあまり望ましい暖房器具ではありません。現に今はアパート暮らしですが、冬場にエアコンをつけたことはありません

 

ファンヒーターという案もありますが、気密性の高い家だと結露の原因になるらしいし、なにより燃焼系の暖房器具はあったまるのは早いが、空気が汚れるというデメリットもあります。

 

そこで我が家では「蓄熱式暖房機」を取り入れることにしました

 

これはダイワハウスの営業Hさんに教えてもらうまで、その存在はほとんど知りませんでした。

 

これはオール電化で、電気代の深夜割引をしている家にはお勧めの暖房器具だそうで、深夜の安い時間に、蓄熱暖房機の中にあるレンガを温めて、その輻射熱で家全体を温めるというものです

    

 

 

ファンヒーターは直接温風で温めるのに対し、

 

蓄熱暖房機は輻射熱で、壁や床などを家全体を暖めます

 

分譲住宅やモデルハウスなどで体験しましたが、ファンヒーターのような温かさではなく、家全体が「ほんわり」暖かいという感じなんです。この「ほんわり」というのがポイントなんですが、伝わりますかね・・・。

 

ただし、この蓄熱暖房もデメリットがあります。

 

うちではユニデールという機種の6kwタイプを入れることにしました。

 

で、そのサイズなんですが、横が120㎝、縦が70㎝、奥行が20㎝もあります。また重さも250キロもあり、一度動かしたらほぼ移動できなくなります。その点をクリアできればいい暖房なんだと思います。

 

我が家は早い段階で、蓄熱暖房にしようと思っていたため、間取り決めの段階で、そこを考慮しながら決めていたため、スムーズに決まりました

 

でも・・・、このまま家を建てても、家が建つのは夏なので、使うのはまだまだ先になりそうですけどねw

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

 

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ハウスメーカー決定

2008-03-24 12:59:27 | ハウスメーカー選び

どうも、土日は忙しくてなかなか更新できないじんじんです

 

前回、設備の比較をしましたが、その後、再度妻とも相談をして、依頼するハウスメーカーを決定いたしました。

 

我が家が頼むハウスメーカーは・・・

 

 

「ダイワハウス」

 

に決定いたしました!

 

 

決め手は、値段と設備のバランスでしょうか。

 

あれから実はダイワハウスに「1階の天井高を240センチから260センチへ変更」、「トイレの照明を自動センサーに」、「2階の階段の腰壁をガラス(アルミ手摺)に」、などそれぞれ変更しました。

 

特に天井高20センチUPがかなり割高になってしまい、値段は積水ハウスとあまり変わらなくなったんですが、同じ値段でもダイワハウスのほうがやはり設備的にかなりいいので、そちらを取ることにしました。

 

また営業のHさんの存在もかなり大きかったです。Hさんが自分に合うようにいろいろ提案してくれたこと、またわかりやすく説明してくれたこと、熱意をもっていろいろ対応してくれたことで、この人になら任せられると思ったのも大きな理由です!

 

前回心配していた、ダイワハウスの外壁等の問題については、ブログを直接見てもらいました。それについてはカスタマーサービスに連絡を取り、きちんと詳細について説明してくれるとのことでした。

 

またダイワハウスのXEVOの中のドアなどの建具が非常に気に入ったのも理由ですかね。これはそのうち画像をUPしますが、実物を見るととても高級感があって、すごくかっこいいんですよね。

 

決定したので、家の外観図と間取り図をUPしたいと思います。

画像は携帯の写メなので、汚いんですが・・・。

 

これが外観です。色はこれから考えていくので変わってくるとは思いますが。

 

 

 

間取り図は削除させていただきました。すいません

 

 

今のままだと、玄関が少し暗くなりそうなので、なんとか窓が作れるように、営業Hさんに相談してみたいと思います。

 

契約は明後日の26日(水)の夜にする予定になります。

 

これから色決めなど、具体的な話になtってくると思うので、これから細かく更新していきますねー!!

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ハウスメーカー選び8 (設備を含めた比較)

2008-03-21 13:15:22 | ハウスメーカー選び

こんにちはー

 

昨日は大雨でしたねー。

お彼岸なので墓参りに行こうかと思ったんですが、雨のため今週末に延期しました

 

久しぶりに、何もない休日だったので、用足しがてら土地の写真を撮ってきました。

 

どうですかねー。雨降ってるしわかりづらいですよね・・・。

見ての通り、まわりも何もない田舎です。ここに我が家が建つ予定です。

 

 

本題に入ります。

前回から何回か打ち合わせを重ね、先週の日曜日(3月16日)に2社(積水&ダイワ)とも最終の見積もりがでました。

間取りは前回に書いたのと変わっていません。

今日は設備的な比較をしたいと思います。

 

(両社の共通)

○オール電化 ○エコキュート ○浴室乾燥機 ○蓄熱暖房

○リビング内壁材 ○寝室の絨毯敷き 

○キッチンはクリナップのクリンレディで対面式。キッチン収納付きカウンター

○1階、2階とも全窓防犯ペアガラス(遮熱断熱ペア、一部断熱のみ)

○1階全て電動シャッター(2階はシャッター無し)

○エアコン3台隠蔽配管込+隠蔽配管のみ2台分

○室内ドアは天井高

○屋根は陶器瓦

です。

 

両社の違いは

 

(積水)BE ECORD

○エコキュート(460ℓセミオート)

○リビング内壁(エコカラット ロッシュ)

○トイレはINAXのタンク有り(1階、2階とも)

○風呂は積水化学の1618サイズ

○蓄熱暖房は7キロサイズ

 

(ダイワ)XEVO E

○エコキュート(460ℓフルオート)

○リビング内壁(INAX パストラル)

○トイレはアラウーノ(2階は標準のタンクあり)、手洗いは自動洗浄

○風呂はTOTOの1.25坪(1620)

○蓄熱暖房は6キロ

○階段腰壁がガラス張り

○XEVOオリジナルのテレビ台

○1階3枚サッシ×2

○お湯取りシステム(風呂の残り湯を自動で洗濯用に使うための設備、配管)

○外壁の断熱材のプラス(サービスで東北地方仕様らしい)

○カーテン、照明代含む

という感じですかねー。

 

ダイワは全体的に設備が高めにしてあるそうです。これは契約してから追加にならないように、高めに設定したらしいです。

それに対し、積水は標準でみているため、まだまだ高くなる要素がいっぱいあります(玄関ドアのランクアップなど)

 

以上の設備で、両社とも値引きを頑張ってくれました。

金額的には、逆転してダイワのほうがかなり安くなりました。

 

それと、ダイワの営業HさんがXEVOの建売物件に連れて行ってくれたんですが、そこにある建具(ドアやシューズボックスなど)がかなりかっこよかったんです。以前、積水の建売に一目ぼれしたと言いましたが、それに匹敵する、いやそれ以上の感動でした。

 

その設備をすべて入れてもらい、またトイレや風呂など、積水よりもダイワのほうがいいものが入っているにも関わらず、値段が安かったです。

なので、いま現在ではダイワ8対2で有利です

 

しかし、ダイワハウスにも気になることが・・・。

 

外壁のトラブルなどのアフターが悪いという記事が載っているブログが最近いくつかあるようです。それを見る限りではかなり不安になる内容でした

 

両社には日曜日までに、結果を伝えると話してあるので、あと2日できるだけじっくり考えたいと思います

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

 

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ハウスメーカー探し7(積水&ダイワ打ち合わせ)

2008-03-19 13:08:08 | ハウスメーカー選び

今回はちょっと前くらい(2月の終わりくらい)の話です

 

あれから積水ハウスと何回か打ち合わせをして、段々間取りも煮詰まってきました。

〇和室は8畳+広縁(ここがばあちゃんの部屋になる予定)

○22畳ほどのLDK

○トイレ、風呂、洗面所は隣に。

○ダイニングに子どもが勉強できるスペース

○リビング階段

○2階は主寝室9畳、ウォークインクローゼット3畳、子ども部屋6畳×2、納戸3畳、書斎3畳、子ども部屋は仕切らない

という感じで間取りができてきました。基本的にこちらの要望通りつくってもらったので、満足していました

 

後日、その間取りを職場の上司や先輩に見てもらうと、「1階、2階の廊下スペースがいらないと思うよ。もっと効率よくできるんじゃない?」という意見をもらいました。

なるほど~ と思いましたね。自分では満足してて気づかないことってたくさんありそうと思いましたもん。

でも自分ではどうしていいのかわからなかったんです。どう直せばいいのやら・・・

 

その後、遅れているダイワハウスとの打ち合わせがありました。建売物件を見させてもらったんですが、正直積水ハウスのほうがいいかな~って思いましたね。でもそこは検討しているXEVO Eの物件ではなく、前のシリーズのものらしくちょっと違うとは言ってましたが・・・。

 

その後、こちらの意見を踏まえた間取りの提案を出してもらいました。

 

上記の積水ハウスの提案内容はすべて含まれているほか、

○玄関(土間)収納 2畳

○和室は押入れではなく、ウォークインのような収納(2畳半くらい)

○リビング&ダイニングの間取りが積水の形よりいい。(LDKで24畳)

○2階は主寝室と子供部屋1つをを仕切らない部屋+子供部屋1部屋、書斎3畳、納戸3畳

○外観もダイワハウスのほうがかっこいいかな

 

という感じでした。こちらからは特に言ってないけど、廊下をできるだけ少なくしてあるため、全体的に部屋が効率よく配置されてる感じでした

 

積水はこちらの要望を100%受け止めてくれてるんですが、ダイワハウスはプラスアルファの提案をしてくれたように感じました

 

前回のローンのこと、間取りのこと、またその他設備的な説明も含め、正直、営業はダイワハウスのほうがいいと感じました。

もしかしたら、自分に合ってるだけかもしれませんけどね。

 

家の大きさは、積水46坪ダイワハウス47坪で、若干ダイワハウスのほうが大きいです

 

見積もりは、まだ細かい設備が決まってないこともありますが、金額は大きさに比例して、積水ハウスのほうが安かったです 

 

この時点での気持ちは7:3で積水ハウスでしたね。建売の家のイメージがやっぱりよかったことが理由でしょうかね

 

話は変わりますが、PCソフト「マイホームデザイナー」を買っちゃいました。自分で間取りを入力して立体的にみるソフトです。今作成してますので、出来次第ブログにのせたいと思います。そのころには契約もできていると思いますので、公開できそうです

 

つづく。(次回は具体的な設備を含めた比較です。)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

↑よかったら押してくださいな

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加