あまり今日性のある作家とは言えないですね

写真付きで日記や趣あまり今日性のある作家とは言えないですね味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

許多生命似乎還沉醉在夏季

2017-01-04 15:52:22 | 生活

 四季輪回,凋謝的秋季將至,昨天的繁花還未留下一絲醉人的暖,今天卻要面對凋零的殤。少年輕歎,歲月倥傯,年華易逝。
  
  白落梅說:人的一生會遭遇無數次相逢,有些人是你看過便忘了的風景,有些人,則在你心裡生根抽芽天空的寬廣與大海的遼遠就象人生。那怦然心動的感覺,是沒有理由的喜歡,這喜歡讓一直清高孤立的我也把頭低到塵埃裡,開出一朵花來。你可愛中帶點性感,性感中透露文藝,文藝中包涵知性,知性中帶點村姑味,不知為何,讓我格外珍惜這份緣,小心的呵護著,生怕有半點不盡人意的地方而委屈了那顆安暖的心。
  
  一剪清愁,一指月色,笛聲婉轉,相思難眠。剪一段舊時光,我在青苔斑駁的古亭前把你遙遙相望,是誰敲叩青蘚門扉上那層層的記憶?以一種緩慢的優雅交織著前世今生的期盼,我把思念想像成一朵花,看我安靜地對著它微笑。這素潔,細緻的時光,有你真好。
  
  窗前的那盆仙人掌,毫不張揚的開著,一如你我的情。
  
  世界很安靜,所有的光陰,都羞澀的躲在暗處,只有一些細碎的聲音,輕輕地敲打著心窗。
  
  回首向來的路,尋找曾經的安暖。輾轉顛簸之後的安靜,那些往事,經得住時光的推敲。當季節流走,我們以心暖的平仄留住那些曾經的斑斕。
  
  深深淺淺的足跡,拋在身後,我想我不用多想。
  
  穿過夜色,看著黑色的天空,就像一片深沉的海。夜,總會讓人微醉,將心放任,在這個薄涼的夜裡漂泊。
  
  陌上花開,會在一場風雨後,演變成明朗的模樣,我依然記得,有一縷風,悄然如你吹過我的眉彎。
  
  時光,如白駒過隙,一轉眼,就流走了一個八月。
  
  涼暖的秋風,清淺的劃開九月的門扉,把一縷秋思凋落何處。飄零的幾片葉,早已被風帶走了那麼遠。
  
  落在筆尖的那一汪想念,轉瞬,就把寂寂的秋刻滿了季節的牆。
  
  好多的,還來不及轉彎,便跌落在撲面而來的秋風裡,有點不舍。
  
  期待一個明媚的秋,斑駁的來去。然後,等一縷風,溫和的吹過,一如你我的時光,一如你我再次的相見。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 把所有最美好青春時光都給了你 | トップ | 嚮往革新洗面,又為舊日時光 »

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。