あまり今日性のある作家とは言えないですね

写真付きで日記や趣あまり今日性のある作家とは言えないですね味を書くならgooブログ

是否還能保存著依稀的溫度

2017-05-15 16:18:39 | 生活

 一水盈盈,半時秋雨,時間讓一切歸於平淡,昨日的繁華,宛如今日的落花,早已成為甜蜜的碎影。經歷了太多的風雨,見證了無數的滄桑,心累了,疲憊了,讓它靜靜入睡。不再翹首期盼,不再望眼欲穿,只想,將一記的暖痕永刻眉間。——聆聽心語時光的年輪,在季節更迭中交替、變遷。輕倚窗前,靜看窗外的月光,總是在每一個罅隙裏幽幽生香,林中的雨燕,輕靈的穿過柳簾,舒展著繽紛的羽衣,銜來了綿綿的思念,在風中輕輕的呼喚,淺語嫣然。或許,一份感情在櫛風沐雨後,愛的花溪才會流淌成河。在朦朧的煙雨中。
 
  秋深,收集一縷縷月光,將你的柔情深深的珍藏,每一枚花瓣,都有深情溫暖的記憶。每一片落葉,都是風情萬種的故事。每一朵落紅,都是為你傷心,為你流淚,為你憂愁,為你心醉。在最純美的夜幕裏,將思念輕輕的放飛,依著心的方向,追逐人間愛的煙火……花兒用一生來等待夏天,等待蟬的告白,等待蝶的舒展,等待一世花開驚豔,等待一縷香魂滿天。那些曾經的溫暖,始終沉靜在我的生命裏,在一瓣嫣紅裏凝香,在一簾煙雨裏纏綿,在一彎月色裏沉醉。一段情,一份愛,不知苦了多少人,暖了多少心,醉了多少夢。
 
  寧靜的夜晚,月光飄落窗前,望著夜空中流星劃過,任思緒隨風蔓延,靜美,淡然,無染。思念很美,一懷牽掛為誰留?一彎相思為誰念?其實,思念總在不經意的一瞬間,讓輕輕的思念穿過煙雨的水岸,在一樹花開的邊緣,思念不再孤單。
 
  尋一婉真情幽香,將舒展的心緒靜靜安放,裝訂在時光的香箋裏,永久住在我的心上。輕拈紫絮一瓣,將含露的花事韻染,賞花的浪漫,蝶的纏綿,回憶著舊年裏最幸福的眷戀。愛有多深,牽掛就有多長,這是生命的味道,是愛的情長。用深情感受那段時光裏最美的花香。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綠色先鋒:逾200校參與計劃知... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。