中小企業のES=人間性尊重経営のパイオニア/有限会社人事・労務 矢萩 大輔 ES組織開発・人事制度改革ブログ

社員の幸せ、職場の幸せを基準に経営を、社風を変えたいと本気で思っている社長さん・人事担当者の方へのエールをあなたへ!

会社の生産性、創造性を発揮したければ、社員のESを高めよう!~リュボミアスキーからみる幸せが続く12の行動習慣とES施策~

2017-01-13 11:25:14 | 組織開発・社風改革

職場の幸福度は、会社の生産性に大きく寄与するという見解を、ギャラップ社は、独自の統計データーを発表している。
http://blog.goo.ne.jp/jinji-roumu/e/032627d6698ff60c72236c81cd45942c


では、チームの幸福度はどのような視点からあげればよいのだろうか?
リュボミアスキーという学者は、幸せがずっと続く12の行動習慣にそって以下の通り、行動を習慣化することをすすめている。
https://honto.jp/netstore/pd-book_03515213.html



幸せがずっと続く12の行動習慣
1.感謝の気持ちを表す
2.楽観的になる
3.考えすぎない、他人と比較しない
4.親切にする
5.人間関係を育てる
6.ストレスや悩みの対抗策を練る
7.人を許す
8.熱中できる行動を増やす
9.人生の喜びを深く表す
10.目標達成に全力を尽くす
11.内面的なものを大切にする
12.身体を大切にする

以上の12の行動原則を示している。
会社の行動指針であるクレドを作成したりありがとうカード配布して感謝の言葉を伝えあう習慣をつくったりすることは、とても大切な施策というわけだ。

ぜひ、皆さんの会社でも職場の幸福度を上げ、会社の生産性を高めるためのES施策を導入してみてはいかがだろうか?
http://www.jinji-roumu.com/es/index_new.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チームデザイン「努力と幸福... | トップ | 地域に愛される会社を目指す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL