中小企業のES=人間性尊重経営のパイオニア/有限会社人事・労務 矢萩 大輔 ES組織開発・人事制度改革ブログ

社員の幸せ、職場の幸せを基準に経営を、社風を変えたいと本気で思っている社長さん・人事担当者の方へのエールをあなたへ!

はたらくデザインラボとしてグリーンフェスの参加させていただきました。感想を上げさせていただきます。

2016-11-21 20:00:15 | 地域貢献
第7回を迎えるグリーンフェス、今回は、「日本の未来の働くを考える」を会場の皆さんに
体感してもらうそんな企画はないかということで、
子供の「はたらく体験ラボ」をやろう!ときっとブース出展者の方々は
春日部、東京、横浜を代表する地域貢献企業だし、協力してくれるはずだということで
企画を進めてまいりました。



「地域の皆とありがとう!はたらくって楽しいかも!?」のコンセプトを掲げプログラム
作りに。



一般の企業と同じく、会社のあり方、今日一日を皆で楽しく仕事をするにはどういった心構えで
のぞむべきか、クレドの確認、そして、NGワード言わないことを取り決め最後には、お金の
代わりになるこの会場で使えるチケットを配りいざスタート。

総勢40名の方に参加いただき満席になりました。



こどもの笑顔を見ながら、、温かい空気が寒空を包んでいました。
皆さんありがとうございました。


以下感想と気付き:
・子供たちの方が本来の働く楽しさを知っている。今回のコンセプト、はたらくって楽しいかも?は、大人へのメッセージ。大声でチョコバナナいかがですか!甘酒いかがですか!と真剣にわき目もふらずに楽しんでやっている子供たちのほうが、働く=遊びの天才

・このイベントは、もはやJESのイベントではない。働く場体験ラボをとおして、地域参加型へと変容をした。子供たちがお店に参加し、出店者やお客さんがそこに意味を見出し、地域通貨が循環するしくみ。

・ジェイコムさんが、子供たちへのはたく体験の感想を取材してくれたのが嬉しかったなあ。



・子供が自然と職場にいるしくみをつくりたい。職場がきっと明るくなるはず。 など



今回の企画は、本当に皆さんの協力、特に高校生ボランティアの皆さんがいなければできなかったこと。



雨の中の開催でしたが、グリーンフェスにとっても、そして、弊社にとっても子供たちからたくさんのことを学ばさせていただきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第3回 クレドと目標管理を... | トップ | 第4回 【企業事例】ES目標面... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL