ハピハピ英語日記

英語の勉強をしよう!ということで始めました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二重の危険

2008年03月03日 18時04分09秒 | 単語


double jeopardy
二重の危険


prohibition of double jeopardy
一事不再理の原則



ロス疑惑再燃でのキーワードとなる

ダブルジョパディー。

法律用語は難しい。



http://en.wikipedia.org/wiki/Double_jeopardy
wikipedia Double Jeopardy


http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20080226a2.html
Japan Times Saipan denies bail for Miura





コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Jay Leno

2006年03月29日 03時17分02秒 | Weblog

NBCでやっているThe Tonight Show with Jay Lenoという番組のご紹介です。


NBCというと10チャンネルです。


この番組は以前紹介したコナン・オブライアンの前の番組です。


形式はコナンの番組と同じです。


でも11時からの番組だけあって、ゲストは豪華。


ジェイレノってどんな人かというと


クリームシチューの有田哲平を白人男性にした感じです。


あごが似ています。


ミュージックディレクターもジャズギタリストで有名なPhiladelphia出身の


Kevin Eubanksです。


今までで一番お気に入りのゲストはDiana Krall。


ちゃんと演奏もしちゃいます。


サイトをチェックするとBilly Crystalが次のゲストのようです。


ね、豪華ゲストでしょ。



気になる方はトゥナイトショーのサイトをチェックしてください。


http://www.nbc.com/The_Tonight_Show_with_Jay_Leno/


コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Conan O’Brien

2006年03月18日 05時02分22秒 | Weblog
アメリカの夜11時以降のテレビはトークショーが面白い。


形式は笑っていいとものタモリのテレフォンショッキングのように


司会者とゲストが一人という形式です。


今回紹介するのはコナン・オブライアンです。


番組名はレート・ナイト・ウィズ・コナン・オブライアン。


NBCで夜11時半開始の番組だったと思います。


まずオープニングトークから始まり、


ゲストのコーナー、


いろいろなジョークを交えた面白いコーナーがあります。


そして合間に生バンドの演奏があったりします。


司会者が言うジョークの落ちのところではドラムがジャカドコとか音を入れたりします。


アンディー元気かな。


面白いのでチェックしてみてください。



http://www.nbc.com/Late_Night_with_Conan_O'Brien/index.shtml/
NBC Late Night with Conan O'Brein

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症

2006年03月15日 19時32分38秒 | ちょっと一言
現在花粉症真っ只中です。


一番いいのは外に出ない。


出た場合は、風呂で花粉をすべて洗い落とす。


これしかないです。



I have hay fever.
私は花粉症です。


風邪を引いているだとI have a cold.でaが入る。


花粉症にはaが付かない。冠詞は難しいですね。




I am allergic to pollen.
私は花粉アレルギーです。


allergy 「アレルギー」の形容詞allergicを使う言い方もある。


be allergic to ~ ~に対してアレルギーの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BSE

2006年03月13日 01時41分12秒 | ちょっと一言
あなたはアメリカ産の牛肉食べますか?


それとも食べませんか?


アメリカで3例目のBSEと疑われる牛が出たようですね。


アメリカ人ってBSEのこと知っているのでしょうか?


きっと何それという人もいるのではないかと思います。


きっと全頭検査したらBSEの牛が何頭か出てくるのではないでしょうか。


どうもアメリカの食肉業界が力を持っていて全頭検査しない方向に持っていっていようです。


アメリカではこのように力を握っている団体があるようです。全米ライフル協会がそうですね。アメリカでは90人以上の人が1日に殺されているのに、銃規制に反対しているわけです。


BSEが起こっているイギリスでは研究が進んでいて、20ヶ月以下の牛を輸入としましたが、イギリスの研究者の中には20ヶ月以下の牛が安全とは言い切れないと慎重な姿勢を取っている研究者がいます。


アメリカでは最近いつ生まれた牛かを調べるためのタグを牛に付け始めた業者があるようですが、すべての業者がやっているのでしょうか?


どの牛が20ヶ月以下か調べる手段がないと関係者が言っていました。


輸入が再開されてもアメリカ産牛肉は食べないことにします。



Bovine Spongiform Encephalopathy (BSE) 牛海綿状脳症
mad cow disease 狂牛病
コメント (1)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これはひどい

2006年01月26日 14時59分19秒 | ちょっと一言
どうしてこんなことするんだろう?


と思っていたのだがやっとわかりました。


センター入試で使う英語のリスニングの機器です。


今まできちんと確立された方法、があるはず。


つまりTOEFLやTOEICでのカセットまたはCDプレーヤーを使ったリスニングです。



一人ひとりのプレーヤーでは模擬監督がプレーヤーがきちんと作動しているか


確認できない。


特に精密機械は持つ角度を変えただけでも不良を起こすことがあるので


本当に微妙です。


虚偽の申告をすることもできる。


トラブルが起こることは予想できる。


そのトラブルが起きているかを1人用のプレーヤーでは模擬監督は確認できない。


こんな確実でない方法を使うとは杜撰もいいところ。


で、なぜひどいかというと、


そのプレーヤーを受験生に買い取らせていること。


受験という重要な機会に乗じて他には何の使い道もないものに


受験生にお金を出させる。


これはひどい。


初めはまた来年も使うのかと思ったら買い取り。


これはひどい。


センター入試を運営している人たちの配慮の無さに憤りを感じる。


これでは受験は金を使わせるチャンスと言っているのも同じだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたは否定する人ですか?肯定する人ですか?

2005年10月22日 05時47分58秒 | Weblog
多くの人と英語を話すため、


国際語として英語を勉強している人が多いいのではないでしょうか。


しかし、あの人は発音がへたくそだとか、


あの人の英語はなまっているので話したくない


とか思っている人がいるのではないでしょうか?


あなたは誰と英語を話したいですか?


かっこいい英語を話すアメリカ人ですか?


美しい発音のイギリス人ですか?


中国なまりの英語を話す中国人と話したいと思いますか?


日本では東北弁、栃木弁とか茨城弁を話す人を笑う傾向ってないですか?


それって一種の差別では。


せっかく多くの人とコニュニケーションをするために英語を勉強したのに、


言葉で誰と話したいか決めるなんて。



言葉を話す前に


自分は否定する人か、それとも肯定する人か考えてみませんか。


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

負け犬英語?

2005年09月05日 05時17分30秒 | リスニング
日本で勝ち組とか負け組みとか負け犬とかいう言葉が使われているが、
アメリカでは、loserという言葉が頻繁に使われる。
人々はこの言葉に非常に敏感。
テレビ番組でもこの言葉が連発される。loserとは人を馬鹿にする言葉ではあるが、放送できることばなのだろう。
Fワードは放送禁止のようでピーが入る。

アメリカに留学していたとき好きなテレビ番組といえばFriendsだった。
チャンドラーとレイチェルとの会話。チャンドラーがガールフレンドと上手くいってない。

チ:Am I gonna lose her?
レ:Honey, you're not a total loser.

とぼけたせりふである。
でも、翻訳している人ってこれどうやって訳すんだろう?

文字なので、意味がわからないかも知れないが、ここがポイント。
チャンドラーのせりふは、すばやく発音される。
よって、lose herだがherのhが取れてlose ‘erに聴こえる。
それで、レイチェルには「僕って負け犬?」と聴こえたらしく、「あなたは負け犬なんかじゃないは」とチャンドラーにとぼけたことを言っている。
チャンドラーに対する普段の態度もでちゃってますね。

代名詞では他にはhimが'imとか、themのthがとられて、’emと発音されることがある。

英語って面白いですね。

今日は10羽。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOEIC考

2005年08月25日 22時54分16秒 | TOEIC
TOEICに関してブログを書いてきました。気がついたことを書いてみたいと思います。

まず、

TOEICはリスニングとリーディング(文法、語彙)の力を計るテストである。

そこからスピーキング、ライティングの力を推測することも可能かもしれない。

ということです。

あくまでも、計っているのはリスニングとリーディングの能力です。スピーキングとライティングのテストはしてないわけですから、あくまでも推測であって、違っている場合もあるということです。


例えば、

「会社で課長に昇進するのにTOEICで700点取らなければいけない」とする

この場合は、

1.TOEICの練習問題を解く。

2.テストテイキングストラテジーを勉強する。

Test taking strategiesとはこのブログに書いてある時間配分のストラテジーとかのことです。Language Learning StrategiesとかLearning Strategiesの一種で、いかに効率的に勉強をするかという方法のことです。

上記の2つは得点力を上げるにはいいのです。英語の知識、勉強のコツなどは身に付きます。リスニングの練習をすれば、リスニング力がつきます。リーディングの練習をすればリーディング力が付きます。しかし、勉強のコツなどは、コミュニケーション能力を上げるのには直接役に立たない可能性があります。


例えば、

「海外出張があって、それまでに交渉能力をつけなければならない。そして英語の実力があることの証明としてTOEICで800点取らなければならない」

この場合は

TOEICの勉強、プラス、コミュニケーションを通して交渉能力をつける練習をしたほうがいいと思います。

例えば、

友達の外国人の方に、英会話の相手をしてもらうとか、

英会話学校に通って、ビジネス英会話のコースを取るなど


このブログに書いた、テストの形式を調べるとか、テストの受け方とかは、あくまでもTOEICの得点アップの手助けです。コミュニケーション能力を上げたいのなら、英語でコミュニケーションをしましょう。

偉そうなことを書きましたが、皆さんはどう思いますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOEIC Reading

2005年08月25日 19時59分06秒 | TOEIC

ということで、またTOEICのサイトに行ってみた。

http://www.toeic.or.jp/
TOEIC公式サイト

TOEICさん、いつもありがとう。


今度はリーディング。

セクション2 リーディング 100問 75分
パート5 文法・語彙問題 40問
適語補充。4つの選択肢から適当な語を1つ選ぶ。

パート6 誤文訂正問題 20問
1文の4つの語(句)に下線が引いてある。間違っている語(句)を探す問題。

パート7 読解問題 40問
お知らせ、手紙、申し込み用紙、新聞・雑誌の記事、広告などの文章を読んで、質問に答える。答えは4つの選択肢から選ぶ。

例題は手紙で語数は193語。例題はそんなに長くはない。何文文章があるのだろう?

少し調べてみたが1つの文につき、2~4の設問があるとあった。ということは10~20の文を読むことになる。受験したことがないとこんなこともわからないから困る。


ストラテジー
時間配分のストラテジー
文法・語彙問題と誤文訂正問題を1問30秒で解くとすると、文法・語彙問題が40問で20分、誤文訂正問題が20問で10分かかる。例題は2秒でわかったので、読解のためにどれだけ時間を節約できるかだ。残りの45分を読解に当てる。読解が15文あったら1文につき3分で終わらせることになる。

模擬テスト探さなくちゃ。

ということで今日もまた面白い話はなし。いつもじゃん。じゃん、じゃん。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加