付け焼き刃の覚え書き

 本や映画についての感想とかゲームの覚え書きとかあれこれ。(無記名コメントはご遠慮ください)

「幼女戦記8」 カルロ・ゼン

2017-09-22 | 戦記・軍事・架空戦記
「勇者というやつは、必ず死ぬのだ」
 それが勇者の定めだとターニャ・デグレチャフ中佐。

 参謀本部は戦争を終結するつもりだったが、戦勝に浮かれる政府と国民は徹底的勝利を望み、常識も良識も押し切られた。ゼートゥーア中将は査察を名目に前線へと送られ、連邦資源地帯への大規模攻勢作戦『アンドロメダ』が発動する。
 しかし、連絡線は先細り、兵站網は破たん寸前。ここで無様に負けて国を滅ぼすわけにはいかないと、ゼートゥーア中将はターニャが指揮するレルゲン戦闘団へ退却の許されない篭城戦を命じた。
 人材、食糧、砲弾、すべてが不足したままであったが、囮となって敵を引きつけろというのだ……。

 自分のいない、知らないところでどんどん実績が積み上げられていくレルゲン大佐です。
 かなり端折って語られたウェブ版に対して、しっかり書き込まれる書籍版ですが、書けば書くほど敵は強大に味方は脆弱になり、読んでいて「辛いねえ」と親子の感想です。
 この大戦争における台風の目であり、要であり、敵対する勢力すべてにとって憎悪と恐怖の対象でありながら、ターニャ・デグレチャフという主人公はあくまでトリックスターに過ぎないのです。

【幼女戦記8】【In omnia paratus】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【エンターブレイン】【世界大戦】【督戦】【王党派】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★勘違い系

2017-08-22 | カテゴリー定義
 文化ギャップから言動が本人の意図以上に好意的に解釈され、その結果、主人公が過大評価されてしまう物語。マーク・トゥエインの『王子と乞食』なんかもそれっぽい。

『こんにゃく問答』 落語
 旅僧に禅問答をしかけられた住職が、出入りのこんにゃく屋の主人に代役を依頼。替え玉住職になったこんにゃく屋の主人が、口もきけず耳も聞こえないふりをしていると、旅僧は無言の行ととりちがえ、互いに身振り手振りだけで会話を交わすことになるが、旅僧はこんにゃく屋を賢人と考え違いをして平伏し、こんにゃく屋はこちらが替え玉であることに気がついたと感心する。

『オーバーロード』 丸山くがね
 気がついたらオンラインゲームで使っていた骸骨姿のネクロマンサーになっていたモモンガ。部下はすべて魔物や魔人。一般人のゲーマーの感覚でついぽろりと何か口走っても、周囲はさすがモモンガ様と感激し、その意をくんで世界征服へと邁進していく……。
 
『弓と剣』 淳A
 弓の腕だけが取り柄の青年貴族がひょんなことから成り上がり、その天然ボケもさすが若様と周囲が勝手に感激して評価が上がっていくけれど、本人はそんなたいしたことしてないよと逆に自己評価は低め。それがまた謙虚な御方だと評価が上がっていくヒロイック・コメディー。

『夜伽の国の月光姫』 青野海鳥
 お姫さまのの中身は現代日本から転生してきた、なまけもので引きこもりだったおっさんの魂。単なる怠け者の勘違い娘が、言葉も覚えられずたどたどしいことから本意が伝わらず、逆に考え深い高貴な姫と誤解されていく……勘違い系成り上がりファンタジー。

『幼女戦記』 カルロ・ゼン
 世界大戦間際の異世界に幼女として転生させられたエリートサラリーマン。自分が死なないよう、安楽な生活が出来るよう、現代サラリーマン的に組織の中で出世して、安全な立場につけるよう最大限効率的な仕事の仕方を模索するけれど、それが周囲に戦略的視野を持った優秀な士官として認識され、意図とは逆に常に最前線の激戦区に送り込まれ続ける。

『へっぽこ鬼日記』 田中莎月
 夜道の自販機でコーヒーを買おうとしていた学生が異世界に転移。気がついたら鬼の一族の末弟になっていて、見た目切れ者ながら中身へっぽこの剣士が陥る冒険と陰謀のコメディー。

『帰ってきたヒトラー』 ティムール・ヴェルメシュ
 大戦末期のベルリンから気がついたら21世紀のベルリンに転移していたアドルフ・ヒトラー。ヒトラー本人だと主張するが、周囲にはそっくりさん芸人だと誤解され、テレビの人気者となるうちに政界進出の話が舞い込む様になる。

『小さな国の救世主』 鷹見一幸
 反体制派に天才軍師と祭り上げられてしまった龍也だが、実は中央アジアの観光中にツアーからはぐれて戦渦に巻き込まれた日本の高校生に過ぎない。ただ、インターネットを通じて掲示板などからアイデアを借りられるだけなのだ……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「幼女戦記7」 カルロ・ゼン

2017-02-14 | 戦記・軍事・架空戦記
『悪い奴ほど友達がいっぱいなのだ』
 善良なターニャには理解できないが、敵はいつも団体様で押し寄せてくる。

 東部戦線の砲火は途絶えず、レルゲン戦闘団を詐称する第二〇三魔導大隊を中核とするサラマンダー戦闘団も戦場の狂騒に巻き込まれていた。
 そして共産主義者たちの一大反抗作戦の発動。連邦は機動力がなく命中精度は劣るものの、装甲が堅牢なT34型装備の航空魔導師を大量投入してきたのだ……。

 戦車や航空機も存在するけれど魔法もある世界での世界大戦。東部戦線でT34が登場するならどちらかなと思っていましたが、戦車ではなく演算宝珠でした。東部戦線はウェブ版よりかなりネチっこく手強くなっています。
 航空機より遅く、戦車よりも装甲が薄く、歩兵より数の少ない航空魔導師ですが、時代遅れになるかと思いきや、航空機より自由で、戦車と比較されるくらいには装甲があり、歩兵並みに万能な道具として大活躍。味方の惨状に激怒するかと思いきや、変態ロリヤ人民委員は大喜び。
 結論としては、帝国軍があたり前に戦っても負けるだけで未来はなく、無理して勝ってもそれが当たり前のようにマスコミが吹聴して大衆が戦争継続に旗を振って、参謀本部涙目の回。

【幼女戦記7】【Ut sementem feceris, ita metes】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【エンターブレイン】【世界大戦】【T3476型演算宝珠】【コーヒー】【戦時国際法】【観戦武官】【法務教育】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「幼女戦記6」 カルロ・ゼン

2016-09-16 | 戦記・軍事・架空戦記
 すべてが凍てつき、一挙手一投足に骨を折る季節となった。
 画一的な教育を受けて育ち、現場を知らない参謀本部には東部戦線の冬は分からない。想像できない。しかし、ターニャ・フォン・デグレチャフ中佐は現場の将校として前線を支え、生き抜かなければならない。少しは飲めるコーヒーが届いただけで御の字だ。どうやら自分たちは忘れられてはいないらしい。
 サラマンダー戦闘団は敵の兵器を鹵獲しながら戦闘を継続していくのだが……

 論理的には停戦すべきでも、敵も味方も既に論理を超えた部分で止まらなくなっているという「分かっちゃいるけどやめられない」状態で、それを前線の悲惨さも滞る兵站も知らない国内マスコミが煽り立てて、破滅に向かって一直線に加速し始める……というあたり。敵陣営のメアリ・スーの常識的な非常識っぷりが、ある意味、この象徴です。
 ただ、サラマンダー戦闘団の活躍は控えめ。あちらこちらの駆け引きやら工作に言及され、話が大きく動き出す前の溜といった雰囲気です。

【幼女戦記6】【Nil admirari】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【エンターブレイン】【世界大戦】【冬将軍】【コーヒー】【マカロニ野郎】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「幼女戦記5」 カルロ・ゼン

2016-03-24 | 戦記・軍事・架空戦記
「私は、必要とあらば悪魔とでも手を結ぼう。しかし、悪魔と悪魔が殴り合ってくれるほうが嬉しいと本音で語ることの何がいけないのかね?」
 連合王国チャーブル首相に衒いはなし。

 TVアニメ化も決まってめでたい5冊目。
 なにがめでたいかというと、まがりなりにもウェブでは連載終了していて、アニメ化もされたなら、書籍化が途中ストップすることはないよね。

 帝国軍の戦況は芳しくない。戦力不足をなんとかしなくてはいけないけれど、なんとかするためには戦力がいるという袋小路に落ち込んでいる。
 あと2ヶ月で冬期になって積極的な作戦はできなくなるが、それまでに積極的な攻勢に出るか、越冬を見通した戦線再構築をするかで軍参謀本部は割れていた。
 そこで貧乏くじを引かされたのが、デグレチャフ魔導中佐のサラマンダー戦闘団だった……。

 みんなが忘れていることだけれど、デグレチャフ中佐は幼女なのだ。みんな忘れているみたいで、本人がしばしばツッコミいれるのだけれど、ただの善良な平和主義者の幼女なのだ。
 そしてメアリー・スーはその名を体現すべく、着々と成長していきます。とりあえず今のところは、毎回主人公に因縁つけて挑んではあっさり返り討ちにされる役回りですが。

【幼女戦記5】【Abyssus abyssum invocat】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【エンターブレイン】【世界大戦】【北方船団】【冬将軍】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「幼女戦記4」 カルロ・ゼン

2015-10-04 | 戦記・軍事・架空戦記
「私の、我々の戦場へようこそ。歓迎しよう、盛大に」
 殺人機械か戦闘妖精か、デグレチャフ中佐は戦闘団長として新たに加わった新兵たちを歓迎する。

 いきなりの連邦による帝国への宣戦布告と同時の攻撃であった。
 なぜ今なのか、共産主義者の考えることは分からないが、任務とあれば最小の損害で最大の戦果を上げていくのがターニャ・フォン・デグレチャフ魔導少佐と彼女の指揮する大隊である。粛清の嵐で上級指揮官や魔導士を失っている連邦軍など物の数ではないけれど、普通に警戒して警戒しすぎたのは愛嬌のうち。
 しかし数ばかりの連邦とはいえ国土は広大で兵士は畑からとれる国。一方、連合王国には合州国から義勇兵という名目の援軍やら貸与名目の補給物資ががんがん南方戦線に流れ込み始め、帝国は既に四面楚歌である。
 積極的に自らリスクをひっかぶる必要は無いと、なんとか広報デスクワークで終戦まで逃げ切ろうとするターニャだったが……。

 転生幼女はついに中佐昇進です。
 勘違い系の作品ではあるのですね。主人公はただ保身を謀り、リスク回避し、楽したいと思っているだけなのに周囲がウォーモンガーあるいは深謀遠慮な戦略眼を持ちながら、その戦略を戦術でひっくり返しかねない優秀な前線指揮官だか何かと勝手に誤解。ただ、転生による前世の軍事知識と人並み優れた魔力があるものだから実績が勝手に伴ってきて、彼女に付き従っているうちに部下たちもいつしかウォーモンガーばかりになる……という意味で。
 そして順調にたどる歴史は独ソ開戦から英国本土上空の戦いへ。前途多難は最初から約束されたようなものですが、帝国はいよいよ四面楚歌です。

【幼女戦記4】【Plus Ultra】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【エンターブレイン】【世界大戦】【レンドリース】【義勇兵】【サラマンダー戦闘団】【演習命令】【列車砲】【カンプグルッペ・ドクトリン】【首都教習】【バトル・オブ・ブリテン】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「幼女戦記3」 カルロ・ゼン

2015-01-24 | 戦記・軍事・架空戦記
「無論統計は、確かに嘘つきだ。だが、一番マシな嘘つきだ」
 ターニャ・フォン・デグレチャフ少尉は死んだ魚のように濁った目で夜明けを迎えていた。

 多数の負傷者を出しながらも何とか殿軍の役目を果たして帰還したターニャだったが、そこで与えられたのは敵司令部を直撃しろとの指令と、敵陣を一気に突破するための人間ロケット兵器V-1だった……。

 前巻では「第一次大戦期のドイツに似ている」とは前世の記憶に思いをはせた主人公ターニャ・デグレチャフ少佐ですが、いつしか第二次大戦の様相を呈してきています。大英帝国みたいな連合王国にいかにもなマールバラ海相、一方、フランスみたい共和国にはド・ルーゴ将軍の台頭。

 周囲からは狂気に満ちあふれた戦争の天才とみなされながら、主人公本人はあくまでホウレンソウを大事にして保身第一の安全主義な常識人のつもり。やらなきゃいけないなら、(自分が戦死も失脚もしないように)成功させないといけないので何とかしているだけなのだ……というギャップでくすりとさせながら、あくまで末期戦へと突き進む国家の崩壊を描いた物語。
 この巻は「幼女」要素は皆無。既に幼女である必然性は無くなっていて、ただ全体を見通す目を持ちながら、あくまで大隊レベルの指揮権しか持たない主人公が、帝国の栄光が頂点に過ぎないのではないかと怯える話になってます。主人公がいくら前線で頑張って戦場を支配し続けていても、それで戦争に勝てる保証はないのです。

 この話の肝は、誤解であれなんであれ、主人公がただやったら成功した……という話ではなく、自分がやることの意義を全体の中での位置づけを認識することによりモチベーションを向上させ成功に結びつけるという、経営学的に正しい話になっているところです。同じことはファインマンのマンハッタン計画の話でも指摘されていたよね。
 特典ショートストーリー「沙漠のパスタ作戦」、サウンドドラマのダウンロード付き。
 
【幼女戦記3】【Plus Ultra】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【エンターブレイン】【世界大戦】【死亡通知】【塹壕戦から機動戦への回帰】【HALO降下】【ダンケルク】【アフリカ戦線】【石蔓子】【釣り野伏せ】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「しにこん!/幼女戦記/勇者様のお師匠様 特典SS小冊子」 ぶんが秀徳 他

2014-09-25 | 行きて帰りし物語
 表題作品を特定の店舗で購入すると先着でもらえる、3作合同ショートストーリー小冊子です。
 おまけなんで本当に小篇ですが、それだけに各作品の個性が出てます。
 『しにこん!』は熟睡する勇者のすぐ隣で巫女が妄想に身を任せてごろごろする話だし、『勇者様のお師匠様』は魔王を倒して凱旋した勇者が一刻も帰りたくてうずうずわくわくしている話で、『幼女戦記』に至っては将官2人が不味い代用コーヒーに文句をつけながらの会話劇。
 それぞれの話がどんな雰囲気かよく伝わってくる、サンプルとしても格好の冊子です。

【しにこん!】【幕間 死と寝顔と休息】【ぶんが秀徳】【櫻木けい】【幼女戦記】【悪友】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【勇者様のお師匠様】【帰るべき場所】【三丘洋】【こずみっく】


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「幼女戦記2」 カルロ・ゼン

2014-06-25 | 戦記・軍事・架空戦記
 『幼女戦記』というふざけたタイトルでは成年向けマンガかほんわか4コマみたいな印象しか浮かばないけれど、どちらかというと「幼女」より「戦記」に重きが置かれた作品で、20世紀初頭の欧州に似た異世界での世界大戦ものです。それでもって 「見た目は子供、頭脳は大人」ね。
 これは長男からのオススメなんだけれど、気がついたら三男も同じ本を買っていて、我が家には同じ本が2冊あります。三男曰く「本は借りない・貸さない・盗まない」主義なんだそうだ。

「シャベル、それは、文明の利器だ。文明万歳」
 ターニャ・フォン・デグレチャフの言葉。塹壕にシャベルはつきものです。

 この帝国は第一次大戦期のドイツに似ていると、ターニャ・デグレチャフ少佐は前世の記憶に思いをはせる。まさに四方八方に戦線を抱えていての四面楚歌で、みんなそんなに戦争が好きなのかと呆れてしまう。願わくば、自分が退役して年金暮らしを堪能できるまで、国家が存続しますように。
 テクノロジーの近代化に置いてけぼりをくらった万の大軍を磨りつぶし、敵の首都までおでかけし、とりあえず敵の軍需工場は潰してしまいましょう。
「けいこくします。
 わたしたち、ていこくぐんは、これから、ぐんじしせつを、こうげきしますっ!」
 デグレチャフ魔導少佐は幼女である。幼女であることの何がメリットかというと弾が当たりにくいということで、デメリットは酒が呑めないということなのだ……。

 自分では単に他人にうまく仕事を押しつけて効率よく仕事をしているつもりでも、端から見れば戦略的視野と一流の作戦参謀としてこなせる頭脳を持った勇猛果敢で沈着冷静な前線指揮官。給料泥棒と言われない程度の仕事だけ効率よく処理しているつもりでも、周囲の評価は働きの完璧主義者で戦争狂。自分がワーカーホリックなことに気づいてないのは、いかにも前世が日本のエリートサラリーマンです。しかも、いつの間にか部下が血に飢えた、危険を笑い飛ばすような豪胆な人間ばかりになっていく理由がわからなくて悩んでます。
 それはあんたのせいや。

【幼女戦記2】【Plus Ultra】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【エンターブレイン】【世界大戦】【高空迎撃】【遠足のしおり】【塹壕戦】【対艦攻撃】【対潜攻撃】【臨検】【軍法会議】【亡命政府】【ジャガイモ】【西部戦線異状なし】【お誕生日プレゼント】【広報】【行きて帰りし物語】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「幼女戦記1」 カルロ・ゼン

2013-12-03 | 行きて帰りし物語
 産めよ、増やせよ、地に満ちよと言ったのはほかならぬ神なのに、70億を突破していっこうに解脱する様子もなく信仰心が厚くなるでもない人類に、とうとう神がキレてしまった。
 やつあたりをくらったのは、2013年にはエリートサラリーマンだった“彼”である。
 しかし、変化する環境に適応し、ルールの範囲で仕事を効率的におこなうことでエリート街道に乗ったサラリーマンである。自分がいずこともしれない世界に幼女として転生し、魔法使いとなり、戦場に立つことになろうと、なんら戸惑うものではなかった……。

 現代人のエリートサラリーマンとしての意識と知識を持ったまま転生した主人公が、幼女のまま作業の効率化と出世だけを原則に最前線で軍を指揮する話。主人公が異世界に転生して無双状態になるパターンの話だけれど、この話も主人公は利己的です。ただし、ダークヒーローとかピカレスクではなく、性根は単なるサラリーマン指向の日本人。
 逆に言えばそれが問題で、自分がいかに死なないように、楽をするかが第一で、そのためには他人は単なる人的資源にすぎません。もとがサラリーマンだけに組織の枠の中できっちりポジションを固めて出世していくために最大限効率的な仕事の仕方を模索し、無駄にならない範囲で他人を利用しまくるのです。

「勝手に他人が私のために死ぬのは、その方の完全な自由意思だ。だが、私が、他人のために死ぬのは、私の自由意志に完全に反する」
 ターニャ・デグレチャフ少尉は、完全なる自由主義者であり、個人主義が世界を救うと信じている。

 もう少し波瀾万丈でも良いかという気はしますが、1人で戦局を左右するほど強いけれど戦争に勝てるほどは強くないというバランス感覚と、きっちり前世でのキャリアを反映した行動が小気味よく、シニカルな語り口とユーモアがエッセンスにふりかかった戦場ストーリーでした。
 欲を言えば、もうちょい「幼女」であるメリット・デメリットに言及しても良かったと思います。主人公がサラリーマンであったことにストーリー上の必然はあったけれど、今が幼女であることにあまり必然性はないですよね? この先ではそのあたりにも触れられるらしいので、続きに期待です。

【幼女戦記1】【Deus lo vult】【カルロ・ゼン】【篠月しのぶ】【エンターブレイン】【世界大戦】【引き籠もり専用マジノ線】【愛国無罪】【シカゴ学派】【アスターテ会戦】【つじーん】【参謀旅行】【ブートキャンプ】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加