付け焼き刃の覚え書き

 本や映画についての感想とかゲームの覚え書きとかあれこれ。(無記名コメントはご遠慮ください)

「暗黒界の妖精」 C・L・ムーア

2017-09-16 | 宇宙・スペースオペラ
 報酬のブルーホワイトの真珠に釣られ、スミスは火星の酒場から16世紀フランスへと呼び寄せられてしまう。
 スミスを召喚した魔法使いフランガは、ジョイリィ国の女戦士ジレルから謎の宝石スターストーンを奪うよう依頼したのだが……。

 太陽系を舞台としたスペースオペラの古典、ノースウェスト・スミスを主人公とした短編集の3冊目にして最終刊。アウトローの主人公が怪しい美女と巡り会い、這々の体で命からがら逃げ延びるというのが基本パターンのシリーズです。「あ、またかい」と思わずに、異形の美女たちとの逢瀬を楽しむのが正しい読み方かもしれませんが、最終3冊目ともなると拾遺集。他の作家との合作やらなにやらの福袋状態です。
 松本零士がイラストを担当したハヤカワの文庫はすべて手元にあるつもりが、書庫整理をしたら1冊だけ見当たらなかったのでネットで注文したら翌日到着。昔は古本屋を何軒何十軒とはしごしても見つからなかったり、意味不明なプレミアがついてたりしたものですが、そういう意味では便利な時代になりました。
 処女戦士ジレルが登場する『スターストーンを求めて』でちらりとスミスが口ずさむのが「地球の緑の丘」という唄。この世界での流行歌という設定でちょくちょく登場していますが、このタイトルが気に入ったハインラインがインスパイアされて執筆したのが名作『地球の緑の丘』。この望郷の唄という設定が、真乃呼によるSFコミック『緑の世紀』にも登場していますし、日本のアニメなどにもちらほら現出。『宇宙戦艦ヤマト2199』にもBGMに「地球の緑の丘」というタイトルが使用されていますし、ジレルという民も登場していますね。
 今の読者が読んで面白いと思うかどうかは別として、発表当時の読者にはしっかり原体験に刻み込まれた作品の1つではないかしらと思います。

【暗黒界の妖精】【ノースウェスト・スミス】【C・L・ムーア】【ヘンリー・カットナー】【F・J・アッカーマン】【松本零士】【ハヤカワ文庫SF】【生命の樹】【スターストーンを求めて】【幻の狼女】【短調の歌】【地球の緑の丘】
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「くま クマ 熊 ベアー7... | トップ | 「ダンジョン暮らしの元勇者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宇宙・スペースオペラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。