付け焼き刃の覚え書き

 本や映画についての感想とかゲームの覚え書きとかあれこれ。(無記名コメントはご遠慮ください)

「ログ・ホライズン2~キャメロットの騎士たち」 橙乃ままれ

2012-06-29 | 行きて帰りし物語
 あ、いましたね。ああいうキャラが。あまり前面にはそういう箇所を押し出していませんが、本当に大事なポイントは確実に押さえてきますね。

 アキバの街に屋台が出た。
 MMORPG「エルダーテイル」の世界では、食事には困らないがどんな食材をどんな風に調理しようとも同じ味、湿気った煎餅のような味しかしないはずなのに、この屋台のハンバーガーは本当にハンバーガーの味がするのだ!
 この外食ブームこそシロエの打った最初の一手、初心者プレイヤーを食い物にして恥じることもなくなった、せこくて格好悪くてみっともないアキバの街を掃除するための戦いの始まりだった。
 “腹ぐろ眼鏡”がいよいよ本領を発揮する……。

「腐らないものがあったら逆にそれは信用ならないにゃ。生病老死は三千世界の理なのにゃ。生まれ出でたものは、腐りもすれば、病に苦しみもする。老いて衰えることもある。いずれ死を迎える。確かにそれは苦しいことだけれど、それを否定するのは、誕生を否定するのと同じことなのにゃー」
 遠慮なんかしないで「一番すごいことをするといい」と、にゃん太班長の言葉。

 「食べる」って大事なことだよね!ということと「遠慮するなよ」が今回の2本柱。それから大地人、ゲームの中のNPCのこと。ネットゲーム、判定処理をコンピュータが自動的におこなうタイプのRPGではなく、人間のゲームマスターが一々判定するタイプのゲームにもこうした認識の相違がありました。
 ゲームに登場するNPCたちを単なるかきわりの群衆、情報提供やアイテム売買の端末、あるいはアイテムそのものとみなすのか、あるいはプレイヤーのキャラクターたちと同じように、そのゲーム世界で生きている血の通った存在なのか。そこまで考えられるかどうかが、そのゲームをより深く遊べるか遊べないかのボーダーラインになっていた気がします。
 そんなところまできっちり話を広げてしまうあたり、本当にあなどれないというか、好きです。

【ログ・ホライズン】【キャメロットの騎士たち】【橙乃ままれ】【ハラカズヒロ】【エンターブレイン】【MMORPG】【PK】【WEB小説】【初心者互助】【虎のような笑み】【料理人スキル】【パレート最適断頭台の刑】【ルール】【全力管制戦闘】【最善】【トラのバター】
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ソードアート・オンライン... | トップ | 「若き少尉の初陣」 グレア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。