付け焼き刃の覚え書き

 本や映画についての感想とかゲームの覚え書きとかあれこれ。(無記名コメントはご遠慮ください)

「ログ・ホライズン5~アキバの街の日曜日」 橙乃ままれ

2012-10-02 | 行きて帰りし物語
「するべきことが目の前にあって、自分がそれをできて、望まれているならば、それはよいことなんだと思う」
 胸を張っていいんだよと、“腹ぐろ眼鏡”シロエの言葉。
 シロエは人が思うほど自分が優秀な参謀役だと思ってはいない。ただの臆病者のひきこもりだ。
 臆病だからあらゆる最悪のケースを想定しては怯え、それに備えようと情報を集めているだけだし、人前に出ないのは参謀だからとか陰の黒幕を気取っているわけでもなく、単にひきこもりが性分なだけだ。

 アキバの街に東西から大地人の商人たちが集まってくる。冒険者たちの天秤祭がはじまるのだ。
 だが、その街にひそかに敵が侵入していた。
 今度の敵は人間! その目的は<円卓会議>というシステムそのものだった。祭で賑わうアキバがきしみ始める……。

 きゃっきゃうふふで三角関係が露顕して、ハーレム体質は超常レベルにまで突破して無作為と無意識が激突し、三食昼寝付きは夢幻と終わり、山となった書類と格闘しつつの防衛戦という5巻です。
 最後に敵と決めた相手こそ、前巻で言及されていた冒険者なんでしょうかね。
 続きは冬か……。

「人はパンのみにて生きるにあらずと申しますが、パンと妄想があれば大抵の苦難は乗り越えられますよね」
 <三日月同盟>のギルドマスターの片腕にして敏腕会計士、ヘンリエッタの言葉。

【ログ・ホライズン】【ゲームの終わり(下)】【橙乃ままれ】【ハラカズヒロ】【エンターブレイン】【MMORPG】【エンゲル係数】【管制戦闘】【グループデート】【ハーレム体質】【ケーキバイキング】【三角関係】【ミナミ】【わんこのおさんぽ】【グルメガイド】【とある一日】【もげろ】
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アウトブレイク・カンパニ... | トップ | 「僕と彼女のゲーム戦争4」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。