月想記

戯言日記

緊縛シャンソンショウ~縛シャン~

2015-10-25 | 音楽
10月24日(土)渋谷ディザイアの永遠×蜂鳥あみ太ツーマン「緊縛シャンソンショウ
~縛シャン~」へ。

あみ太さんの艶めく声とマヤさんの心地良いアコーディオンの調べをバックに繰り広げ
られる、永遠さんの相手を慈しむような縄さばきとこれに応えるいかさんの切ない表情
と喘ぎ声。
いつものライブとは一味も二味も違った異空間。すごく素敵だった。





当初あみ太さんの歌と緊縛ショーは別々にやると思っていた私は、ショーの部分は撮影権
付きの手ぬぐいを買わないと撮影出来なかったのだけれど、あみ太さんのステージだけ
撮れればいいか・・と購入していなかった。
そしたら歌をバックにしてのショーだったので、手ぬぐい買わなかった事を後悔した
けれど時既に遅し!w

撮影出来なかったものの、ショーは麗しいミストレスの永遠さんと可憐ないかさんの愛と
信頼関係が伺える素晴らしい空気感だった。
緊縛とシャンソンのコラボは初体験だったけれど、すごく見応えがあった。
こういう企画はまたぜひやって欲しいなぁ。


ラストの記念撮影は全員OK。


アップにしたらマヤさんが見切れてしまった~(汗)

今回事前にご本人からあみ太さんは縛られないと聞いていたのに、私と同じ質問をした人は
他にも多かったらしく、要望に応じてなんと裏メニューとしてあみ太さんの緊縛も!
おまけにBGMはAMI=あみ太だった!!wwもう眼福の極み。







ディザイアは通常はハプバー営業のところなので、ちょっとドキドキしつつ出かけてきたw
ショースペースの淫靡な感じはある意味あみ太さんにはピッタリ。
魅惑の一時でありました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音彩・濃密3

2015-10-20 | 音楽
音彩はライブだけじゃなくバーレスクのショーやDJタイムもある。
バーレスクは同性の目から見てもすごくSEXYでドキドキするので、男性はどんな
気持ちで見てるのかなぁ・・とも思ったり。
(私の場合全性愛者なので、ある意味男性と目線変わらなかったりもするがw)

無花果姉妹は二人組でクールな色っぽさ。m@ricaさんは猫耳にしっぽのついた
コスチュームで可愛すぎるHな子猫。
女性ならではの美しさと存在感がたまらないなぁ。女体は素晴らしい!
どちらも撮影OKかわからなかったので、残念ながら写真は撮れず。。。

MCでも活躍のNOROさんは、頭にハト乗せてて見た目はかなり派手ながら歌は
しっとり優しくて、出演者の中である意味一番普通だったかもw


今回蜂鳥の他に楽しみだったのが、月蝕でおなじみの三上ナミさんがやっている
三上ナミと謎の地方公務員。
舞台でお歌は聞いていたけれどライブは初めてで、ナミさんの伸びのある美しい
声と謎の地方公務員さんのピアノはすごく良かった。
バイオリン等も加わるナゾカンパニー版もぜひ観てみたい。
ドラマチックな構成やナミさんの衣装替えも見応えがあり、ナミナゾはすっかり
気に入ってしまいCDも購入。
終演後にナミさんとお話ししてサインも入れて貰ったよ~。






↑ステッカーをおまけにいただいた♪

そして、こちらもお初のヴァチスト太田さん。
ザ・エンターテイナー・・といった感じの圧巻のパフォーマンスでありました。
いやぁ笑ったわ。文字にしづらい恐るべしパワーw さすがワハハ本舗。
お姉さま、素敵です!ラブ下ネタ!!w




↑ハロウィンが近いという事で、ゾンビのお面を被ってるw

ラストの情念は、その余りのシュールさに呆気にとられて写真撮り忘れたw
言葉では言い表し難い、すごい破壊力。後からジワジワと効いてくる・・ww

17時半から始まって全部終わったのは22時半過ぎだったので、5時間の長丁場!w
何とも濃密で楽しい最高のライブでありました♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音彩・濃密2

2015-10-19 | 音楽
大好きなユニットのAMI=あみ太in音彩。
蜂鳥姉妹とAMI=あみ太が一度に観られた豪華な夜!
ディス イズ インダストリアル!w

いつだって全身で全力歌唱、抱腹絶倒のこのユニット。
新曲サントワマミーを入れてついに持ち歌が4曲に~。
新曲はリハ無しのぶっつけ本番との事で、あみ太さんが余りの面白すぎる内容に
歌ってる自分が途中で笑ってしまったという・・・ww



AMI=あみ太観るとお腹の底から笑えて元気が出る。もうほんと大好き。
ワンマン出来るぐらいまで成長して欲しい~。
(2人ともバンドの時の数倍疲れると言っていたので、ワンマンだと体力の方が
心配ではありますが・・w)

AMIさんカッコイイので、ダンボールバットもいつか観たいなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音彩・濃密1

2015-10-19 | 音楽
10月18日(日)六本木の音楽実験室新世界「音彩~otosai~テーマ*濃密」へ。

蜂鳥姉妹が来襲の為これがメインで観に行ったけれど、テーマ「濃密」にふさわしい
いつもにも増して濃い、余りにも濃すぎる演者の皆様!
(すごすぎたので蜂鳥と分けて感想アップしますw)
その中でもやはり蜂鳥姉妹がダントツの存在感。あぁ、最高だ。。。

以前に乙女地獄の時に帽子を忘れたスグルさんがパンプスを頭に乗せて出てきた事が
あって、ご本人はやった事もすっかり忘れていたそうだけどお客さんから「あの靴が
素敵だった。」と言われるので・・と今回久々の復活w
頭に靴乗せてこれ程似合う人は、世界中でスグルさんだけだと思うよww
見た目とのギャップが激しすぎるその歌声は、本当に本当に素晴らしくてうっとりと
聞き惚れてしまう。
新世界の赤いカーテンをバックに歌う姿は、映画ブルーベルベットのワンシーンのよう。





あみ太さんは今回AMI=あみ太でも活躍でこちらについては別途書くけれど、この夜も
止めどなく話が脱線して行くスグルさんを真也さんと2人で全力で引き戻しつつの
爆笑トークに、麗しい美声と美しい肉体の見事なパフォーマンス。







早くも来年のあみ太さんのバースデーライブもまたラストワルツで決まったとの事で、
ゲストにスグルさん、AMIさん、そして演奏はスパンデックスだそう!
これはもう今からめちゃめちゃ楽しみで仕方がない~。早速スケジュールに入力w

今回どの出演者もハズレがなく、始まりから終わりまで笑いっぱなし魅了されっぱなし
の楽しい一時だった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレエボーイズ

2015-10-15 | 映画
アップリンクにてバレエボーイズを観た。

バレエダンサーを目指す3人の少年の12歳~16歳の4年間を追ったドキュメンタリー。
それぞれのバレエにかける想いと葛藤、友情と家族愛、青春の煌めきと悩ましさ、
色々なものが溢れた良い作品。
仲良く3人で目指していたものが変化していくリアリティ。

ドキュメンタリーなので淡々と進行して行くけれど、舞台でのダンスシーンは幻想的で
美しく、インタビューで語られるそれぞれの気持ちにはドラマがある。
14、5歳で将来についての決断をするってすごい事。3人の表情や言葉もどんどん
大人びて行く。人生というのは選択の連続でその結果が今なのだ。





誰もが夢を実現して成功出来る程現実は甘くない。でもだからこそ夢を見て追いかける
事に意味がある。結果夢の通りにならなかったとしてもそこから得るものはかけがえが
無いはず。それぞれが自分の責任において己の好きなように生きればいい。
そんな気持ちになる作品だった。

映画は中学を卒業しルーカスが英国ロイヤルバレエ、シーヴェルトとトルゲールがオスロ
の芸術アカデミーへ入学したところで終わるので、この後3人はどうなるの!?と気になり
パンフを購入したところ後日談が載っていた。
ルーカスは現在研修生としてロイヤルバレエ団に入団。シーヴェルトはヒューストンの
ダンスカンパニーに所属。(2015ローザンヌバレエコンクールのファイナリストにも
選ばれている!)トルゲールはバレエを辞めてノルウェー軍へ入隊したとの事。
2人がプロのダンサーとして今も頑張っているのは嬉しかったし、バレエを辞める決断を
したトルゲールも彼の中で正しい決断だったのだろう。

この映画は3人の少年の青春と成長の記録であり、また観た者の胸の中にもその姿と共に
自身の過去を振り返り忘れていた抽斗を開けさせるようなそんな力を持つ。
いつかロイヤルバレエ団で踊るルーカスの姿をぜひ観たい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加